事業再生・会社再建・M&A・事業譲渡・会社分割・経営改善・債務・連帯保証問題に立ち向かうセントラル総合研究所・八木宏之のブログ

◇一週間の経済時事ダイジェスト◇2015/7/20~2015/7/25

このエントリーをはてなブックマークに追加  
weekly.jpg
財務省が23日に発表した6月の貿易統計速報によると、輸出から輸入を差引いた貿易収支は690億円の赤字。赤字は3ケ月続いていますが5月の2,172億円の赤字からは縮小しています。

築地市場で水産品を扱う仲卸企業の組織,東京魚市場卸協同組合は23日,豊洲への移転に伴い少なくとも45社廃業するとの見通しを示しました。現在の財政難に加え、移転後の使用料など費用負担増が重くのしかかります。

安倍政権が地方創生の柱に据える「元気な高齢者の地方移住」の受入れを検討する自治体が全国で相次ぎ200自治体を超えます。高齢者の知識や経験を地元企業の活性化や賑わいづくりに生かす狙いです。

ゼネコン36社の労働組合が加盟する日本建設産業職員労働組合協議会によると、今年の春季労使交渉で妥協した31社のうち、8割強の26社が基本給を一律に引上げるベースアップを決めました。

今週の時事経済記事です。
weekly2.jpg
1~6月の倒産数が24年ぶりに5000件割れ。負債総額も3年連続で減少したが、景気浮上の恩恵はまだ全体には届いていない?
[2015.7.25]
東京商工リサーチが発表した今年上半期(1月~6月)の倒産件数は4568件と、1991年(4723件)以来、24年ぶりの5千件割れとなり、上半期としては6年連続で減少、前年同期と比べても1割減でした。景気の底上げは安定的ということができる・・続きはこちらから

「空家対策特別措置法」が全面施行。しかし一方で人手と予算の不足や権利関係の混乱も。空き家の有効活用にこそ活路があるのでは!
[2015.7.24]
全国どこを歩いても、放置された「空き家」を見かけます。この「空き家」を巡り、倒壊の危険性や、景観を著しく損ねる可能性があるなど問題物件の撤去や活用を進める「空家対策特別措置法」が5月、全面施行されました。自治体は、空き家や店舗・・続きはこちらから

ゲーム機を世界で1億台売った男、異能の経営者・任天堂の岩田聡社長が55歳で逝去。国内外から追悼のメッセージが寄せられる。
[2015.7.23]
任天堂社長の岩田聡(いわた・さとる)さんが、7月11日、胆管腫瘍のため逝去されました。55歳。ゲームを愛した、若き、異能の経営者でした。2000年に取締役として同社に入社。42歳で社長に就くと、「ゲーム人口の拡大」を掲げ、タッチペン操作・・続きはこちらから

近畿大学のクロマグロ養殖研究が絶好調! 日本の海水を使った水槽で初めて行われる「完全養殖」プロジェクトに国内外から注目が集まる。
[2015.7.22]
ウナギに続き、近畿大学が主導するクロマグロの「完全養殖」も、規模の大型化に勢いが出てきました。これまで近大は、太平洋側の和歌山県と、鹿児島・奄美大島の生け簀を使ってきましたが、今月、富山県の同大水産研究所にも広げると発表したので・・続きはこちらから

経産省が「電力先物市場」創設! 電気販売企業も発電事業参入企業も、電力価格の安定によって経営上のリスクを回避できる。
[2015.7.21]
経済産業省が、2016年秋にも「電力先物市場」を創設します。東京商品取引所がシステム開発を進めます。電力の小売り自由化が来年4月に迫る中、家庭に電気を販売する新規事業者が、安定した価格で電力を確保し、事業の見通しを立てやすいようにする・・続きはこちらから

屈指の人気商業地、大阪・ミナミの一等地をめぐる大トラブル。市民不在の顛末は、景気回復とはやはり無縁か。
[2015.7.20]
日本屈指の超一等地、大阪・ミナミ。その中心地、南海難波駅前にある「旧市立精華小学校跡地」(約4200平方メートル)について、大阪市が民間に土地を売却し、"鳴り物入り"で進めてきたはずだった「再開発計画」が頓挫しています。さらに、隣接地・・続きはこちらから

[2015.7.26]

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: ◇一週間の経済時事ダイジェスト◇2015/7/20~2015/7/25

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.h-yagi.jp/mt5/mt-tb.cgi/2209

コメントする

事業再生

セントラル総合研究所
セントラル総研オフィシャル
返済猶予・リスケジュール
www.re-schedule.jp
八木宏之プロフィール
セントラル総研・八木宏之
株式会社セントラル総合研究所 代表取締役社長。連帯保証人制度見直し協議会発起人。NPO法人自殺対策支援センターLIFE LINK賛同者。
昭和34年、東京都生まれ。大学卒業後、銀行系リース会社で全国屈指の債権回収担当者として活躍。平成8年、経営者への財務アドバイスなどの経験を活かし、事業再生専門コンサルティング会社、株式会社セントラル総合研究所を設立。以来14年間、中小企業の「事業再生と敗者復活」を掲げ、9000件近い相談に応えてきた。
事業再生に関わる著書も多く出版。平成22年5月新刊『たかが赤字でくよくよするな!』(大和書房)をはじめ、『7000社を救ったプロの事業再生術』(日本実業出版)、『債務者が主導権を握る事業再生 経営者なら諦めるな』(かんき出版)、平成14年、『借りたカネは返すな!』(アスコム)はシリーズ55万部を記録。その他実用書など数冊を出版している。
著書の紹介はこちらから。

2015年7月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31