事業再生・会社再建・M&A・事業譲渡・会社分割・経営改善・債務・連帯保証問題に立ち向かうセントラル総合研究所・八木宏之のブログ

ゲーム機を世界で1億台売った男、異能の経営者・任天堂の岩田聡社長が55歳で逝去。国内外から追悼のメッセージが寄せられる。

このエントリーをはてなブックマークに追加  

ゲームを愛し、愛された天才
150723_1.jpg
任天堂社長の岩田聡(いわた・さとる)さんが、7月11日、胆管腫瘍のため逝去されました。55歳。ゲームを愛した、若き、異能の経営者でした。
2000年に取締役として同社に入社。42歳で社長に就くと、「ゲーム人口の拡大」を掲げ、タッチペン操作の携帯型ゲーム機『ニンテンドーDS』(04年)、や体感型のコントローラーが特徴の据え置き型ゲーム機『Wii(ウィー)』(06年)などを、世界中で累計1億台以上売りました。各界の関係者、ファンからの惜しむ声が伝わっています。
 
万感の思いのこもった「ありがとう」
「Thank you for everything, Mr. Iwata.」。
長年ゲーム業界のトップを目指して任天堂とせめぎあってきたソニー・コンピュータエンタテインメントは、『プイステーション』のツイッター公式アカウントを通じて、短く、簡潔な、万感の思いを込めたメッセージを贈りました。
「ゲームを愛し、市場を牽引してこられたリーダーシップに敬意を表し、ご冥福を心よりお祈りする」(『プレイステーション』の生みの親で、ソニー・コンピュータエンタテインメントの久多良木健・元社長)
「開発者出身ながら、経営面でも能力を発揮され、異質の経営者だった」(ゲームソフト大手『カプコン』の辻本憲三会長)
「ほんとうは、まだ、なんにも信じてないんだけどね。ひょいっとメールがきて、食事の約束とかしそうな気がしている」(岩田社長と親交があったコピーライターの糸井重里さんが、ウェブサイトで)
 
新戦略推進中の途上で
 追悼の声は、国内外のツイッター利用者やフェイスブック利用者の間でも、文字通り溢れかえっています。「55歳は若過ぎる。素晴しいゲームを作ってくれたことに感謝の気持ちしかない」「岩田社長、私の子供も任天堂のゲームのファンでした」「私は今45歳だけど任天堂のゲームは90年代からずっとこよなく愛してきました」......。
近年は業績が伸び悩んでいました。14年1月、「人々のクオリティ・オブ・ライフ(生活の質)を楽しく向上させる」と宣言し、新戦略を推進中の、途上の死。心からお悔やみ申し上げます。

[2015.7.23]

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: ゲーム機を世界で1億台売った男、異能の経営者・任天堂の岩田聡社長が55歳で逝去。国内外から追悼のメッセージが寄せられる。

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.h-yagi.jp/mt5/mt-tb.cgi/2205

コメントする

事業再生

セントラル総合研究所
セントラル総研オフィシャル
返済猶予・リスケジュール
www.re-schedule.jp
八木宏之プロフィール
セントラル総研・八木宏之
株式会社セントラル総合研究所 代表取締役社長。連帯保証人制度見直し協議会発起人。NPO法人自殺対策支援センターLIFE LINK賛同者。
昭和34年、東京都生まれ。大学卒業後、銀行系リース会社で全国屈指の債権回収担当者として活躍。平成8年、経営者への財務アドバイスなどの経験を活かし、事業再生専門コンサルティング会社、株式会社セントラル総合研究所を設立。以来14年間、中小企業の「事業再生と敗者復活」を掲げ、9000件近い相談に応えてきた。
事業再生に関わる著書も多く出版。平成22年5月新刊『たかが赤字でくよくよするな!』(大和書房)をはじめ、『7000社を救ったプロの事業再生術』(日本実業出版)、『債務者が主導権を握る事業再生 経営者なら諦めるな』(かんき出版)、平成14年、『借りたカネは返すな!』(アスコム)はシリーズ55万部を記録。その他実用書など数冊を出版している。
著書の紹介はこちらから。

2017年5月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31