事業再生・会社再建・M&A・事業譲渡・会社分割・経営改善・債務・連帯保証問題に立ち向かうセントラル総合研究所・八木宏之のブログ

季節のお便り

120225_20.jpg

◆二十四節気◆平成29年3月20日「春分(しゅんぶん)」です。◆
3月20日19時29分「春分」です。旧暦2月、卯(う)の月の中気で、天文学的には太陽が黄経0度「春分点」を通過するときをいいます。

春分を境に昼がだんだん長くなり、気温も上昇していきます。この時期から「暑さ寒さも彼岸まで」といい春の訪れを感じられます。これは「冬の寒さは春分頃まで、夏の暑さは秋分頃までには和らぎ、凌ぎやすくなる」という意です。また、暦便覧「日天の中を行て昼夜等分の時なり」と記されているとおり、春分では太陽は真東から昇って真西に沈み、昼夜の長さがほぼ同じになります。

実際には、昼の方が夜よりも長いのです。春分の日の昼の長さは平均12時間7分夜の長さは平均11時間53分です。そして、実際に昼夜の長さの差が最も小さくなる日は春分の4日程度前になります。

130302_23.jpg

春分の日◇
この日、国民の祝日「春分の日」となっています。「自然をたたえ、生物を慈しむ」との趣旨です。春分の日は、春の彼岸の中日にあたり、大東亜戦争前は「春季皇霊祭:しゅんきこうれいさい」といっていました。

◇春季皇霊祭◇

「春季皇霊祭」とは、もと祝祭日の中の大祭日の一つで、毎年、春分の日に宮中の皇霊殿で行われる皇室の大祭で、天皇自ら歴代の天皇・皇后・皇族などの皇祖の神霊を祀る儀式です。春の春季皇霊祭、秋の秋季皇霊祭がそれぞれ春分の日、秋分の日です。

平安時代の中期以降は、京都御所の清涼殿・御黒戸の間において仏式で執り行われていました。しかし、明治の神仏分離令により、神式による祭儀に変更されました。「古事記」「日本書紀」などに、皇室による先祖を祀る祭儀が行われていたと記録されています。

■「七十二候」■
初候◆雀始巣(すずめ はじめて すくう)
   春の気ますます盛んとなり、雀が巣を作り構え始める時節。
次候◆桜始開(さくら はじめて ひらく)
   本格的な春となり、ようやく桜の花が咲き始める時節。
末候◆雷乃発声(らい すなわち こえを はっす)
   遠くで雷音が聞こえる時節。

◆◆◆◆春分点とは◆◆◆◆
111219_15.gif春分点は、天球上で黄道と赤道が交わる2つの交点のうち、太陽が赤道の南から北へ向かって横切る点のこと。この点が黄経0度で、赤経・黄経の原点となります。歳差により毎年わずかずつ移動し、20世紀末ごろに水瓶座に入ったといわれています。

黄道」とは、天球上における「太陽の道」のこと。黄道は、赤道に対して23.4度傾いています。地球の公転面の垂線に対する地軸の傾きによるものです。

黄道と赤道の交点を「分点」といい、黄道が南から北へ交わることを「春分点」といい、黄道が北から南へ交わることを「秋分点」といいます。秋分点での黄経は、180度です。

天の赤道」とは、地球上の赤道を天球に延長させた大円のことです。恒星や惑星の位置を決める基準となります。ちなみに「月の通り道」は「白道」といいます。

◆◆春分の頃の花◆◆
すいせん(水仙)、彼岸花科・すいせん属、
開花時期は12/15頃~翌4/20頃

120227_11.jpg

日本水仙、房咲き水仙など、早咲きものは正月前にはすでに咲き出して いる。3月中旬頃から咲き出すものは花がひとまわり大きいものが多い。ラッパ水仙や口紅水仙などの遅咲き系は、3月から4月頃に開花。地中海沿岸原産。平安末期に中国から渡来した。

漢名の「水仙」を音読みして「すいせん」になった。中国古典から「仙人は、天にあるを天仙、地にあるを地仙、水にあるを水仙」という。きれいな花の姿と芳香がまるで「仙人」のようなところから命名された。

日本水仙が最もポピュラー。別名「雪中花(せっちゅうか)」、雪の中でも春の訪れを告げる花から。

◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆
雪や寒気の報道が続いた中での春分です。桜の開花予想が報道されています。今年は桜が早く開花するそで、開花予想が報道されると寒い日でも春らしさを感じます。
同時に花粉の飛散時期でもあり、平成29年は桜の開花が早いとの報道です。今年も花粉の季節がやってきます。「今年は花粉が少なめ」との報道は、近年覚えがありません。早めの対策を怠らないようになさってください。今年もマスクが離せない年になりそうです。 

読者の皆様、お体ご自愛専一の程
筆者敬白

◆二十四節気◆平成29年3月5日「啓蟄(けいちつ )」です。◆ 
130218_21.jpg3月5日18時33分「啓蟄」です。旧暦2月、卯(う)の月の正節で、新暦では3月5日か6日頃。天文学的には、太陽が黄経345度の点を通過するときをいいます。

この頃になると、冬の間、土中で冬籠もりをしていた虫たちが穴を「啓いて:ひらいて」地上へ這い出してくることから「啓蟄:けいちつ」と呼ばれます。

暦便覧には「陽気地中にうごき、ちぢまる虫、穴をひらき出ればなり」と記されています。柳の若芽が芽吹き、ふきのとうの花が咲く頃です。

◇虫出しの雷◇
またこの頃の雷を春雷といいます。春雷がひときわ大きくなりやすい時期です。そこで人は「冬籠もりの虫が雷の音に驚いて這い出してくるのだろう」と考え、春雷を「虫出しの雷」と名付けたりもしました。 日足も目に見えるように長くなり、日の光の中に春を強く感じるようになります。

「蟄:ちつ」は「ちゅう」の慣用読みで、土の中に虫などがかくれているの意。中国では「驚蟄」と書き、日本でも使われることがあります。

◇雷は前進の意◇
130218_22.jpg「八卦:はっか」「震:しん」は、六十四卦「震為雷:しんいらい」「震下震上:しんかしんしょう」で構成され、一陽が生じて前進する様をあらわします。「始動の時」を卦象とし、象意は雷・龍・足・長男・若い男性などをあらわします。

◇雷の発生とは◇
地表で大気が暖められて発生した上昇気流は、湿度が多いと水蒸気が発生して雲になります。この水蒸気は、高い空に達すると氷結して摩擦が起こり、静電気が生じます。

この時、雲の上層には「正(+)の電荷」、下層には「負(-)の電荷」が蓄積され、上層と下層の電位差が大きくなり、ある一定を超えた時、空気の絶縁を越えて両者間で放電が起こります。

◇稲 妻◇
下層の「負の電荷」が増大すると、地上では「正の電荷」が誘起され、この場合も電位差がある一定を超えると放電が起こります。 これが「稲妻」ですが、稲の頃に起こるので稲妻という名付けられました。電子は上から下に流れ、電流は下から上に流れます。

◇雷と神◇
古来より、雷は神と結びつけて考えられていました。ギリシャ神話のゼウス、ローマ神話のユピテル、バラモン教のインドラなどは、天空の雷神です。日本神話では、雷を「神鳴り」といい神々の為せる業と見なしていました。 「雷電神社」「いかづち神社」などがあり、「火雷大神:ほのいかづちのおおかみ」「大雷大神:おおいかづちのおおかみ」を祀っています。

◇くわばらくわばら◇
方言では「かんだち」とも言い、「神立ち」即ち神が示し現れるの意。ちなみに雷除けに人々が唱える「くわばらくわばら」とは、菅原道真の屋敷(京都の桑原)が、落雷の被害を一度も受けなかったことに由来するといわれています。桑の木には神聖な力を持つという言伝えもあります。

雷神を表現した美術絵の代表に、京都建仁寺の障壁画、彫刻では京都三十三間堂や日光東照宮などが有名です。

130218_23.jpg◆◆「七十二侯」◆◆
初候「蟄虫啓戸」(ちっちゅう こをひらく・すごもりむし とをひらく):冬籠もりの虫が出て来る。
土の中に穴を掘って隠れていた虫たちが、土の扉を開け広げて出てくる時節。
次候「桃始笑」(もも はじめて わらう・もも はじめて さく):桃の花が咲き始める。
ようやく春らしくなって桃の花が咲き始める時節。
末候「菜虫化蝶」(なむし ちょうと けす・なむし ちょうとなる):青虫が羽化して紋白蝶になる。
成長した菜虫(青虫)が羽化して紋白蝶になる時節。菜虫=大根・かぶらなどのアブラナ科の野菜類を食べる昆虫の総称。特に紋白蝶の幼虫をいいます。
 
◆◆「3月の花」◆◆
「沈丁花:じんちょうげ」(Winter daphne) 学名:ダネフ ジンチョウゲ属 沈丁花科
 
110301_19.jpgギリシャ神話の女神の名で、「月桂樹:げっけいじゅ」のギリシャ名でもあります。葉の形が似ていることからジンチョウゲ属の属名にも使われています。

開花時期は3/1~3/末頃で、3月の開花ラッシュの始まりを告げる花として知られます。花びらに見える部分はガクで、外側はピンク色、内側は白色です。両側とも白色の種もあります。原産は中国。日本には室町時代に渡来しました。漢名は「瑞香:ずいこう」。

常緑低木で剪定はあまり必要ありません。移植を嫌うので、挿し木で増やしたり移動させたりすることがあります。日陰気味の場所を好みます。

香りは「沈香:じんこう」という香りに似ていて、葉の形が「丁子:ちょうじ」という植物に似ていることから「沈丁花」と呼ばれます。その香りは、夏の梔子(くちなし)、秋の金木犀(きんもくせい)に並び、遠くまでいい香りを届けます。

花の煎じ汁は、歯痛・口内炎などの民間薬として使われ、枝の繊維は紙の原料にもなります。
花言葉は「栄光」「不死」「不滅」「優しさ」など。

◇◇◇◇編集後記◇◇◇◇
啓蟄の頃には突然雷が鳴ることがあります。この頃、大気が不安定にながら「春の訪れ」を告げるような気候になります。
川べりの土手にタンポポの蕾が大きくなってきます。近々黄色い花を咲かせるでしょう。

社会では受験、就職、入学、進学の報道が目立ってきます。年度始まりの4月が近づき何かと準備や、整理、処理で気忙しい日が続きます。

今年は花粉ほ飛散が早く多いそうですから、早めに対策をしましょう。
飲み薬も開発され、効果的だそうです。花粉対策を怠ると、くしゃみとかゆみで集中力を欠き、勉強も仕事もはかどりませんよ。
ともあれ、皆様、時節柄お体ご自愛専一の程
筆者敬白

◆二十四節気◆平成29年2月18日「雨水:うすい」です。◆
平成29年2月18日20時31分「雨水」です。旧暦正月、寅(とら)の月の中気で、新暦2月18日か19日頃。立春後15日目にあたります。天文学的には、太陽が黄経330度の点を通過するときをいいます。

140214_20.jpg天からの雪が雨に変わり、積った雪が溶け始めるころ。「雪散じて水と為る也」暦林問答集にあるように、今まで降った雪や氷が解けて水となり、雪が雨に変わって降るの意が「雨水」です。
また、暦便覧には「陽気地上に発し、雪氷とけて雨水となればなり」と説かれています。

この頃から寒さも峠を越え、春の息吹が感じられます。昔から「雨水」の日を目安にして農耕など畑仕事の準備を始めます。

暖かい日和が続き春一番が吹き、鶯(うぐいす)の声が聞かれるようになります。

※春一番=気象庁では立春から春分までで、日本海で低気圧が発達し、南寄りの風(東南東から西南西で風速8メートル以上)が吹いて、暖かい風の影響で気温があがる現象のことと定義されています。
※鶯(うぐいす)=スズメ目ウグイス科ウグイス属の野鳥。日本三鳴鳥のひとつ。「ホーホケキョ」とさえずります。

鶯は早春、梅の咲く頃にさえずり始めることから「春告鳥(はるつげどり)」とも呼ばれます。日本全国に分布し、冬季は暖かい土地へ移動して冬を越します。

野辺見れば 若葉つみけりむべしこそ 垣根の草も春めきにけれ(紀貫之:拾遺集)
次の二十四節気は3月5日「啓蟄(けいちつ)」で、3月20日「春分」前の二十四節気です。

130204_21.jpg

■七十二候■
◆初候「土脉潤起」(どみゃくうるおいおこる・つちのしょううるおいおこる)
雨が降って土中に湿り気を含み出す時節。脉(みゃく)=脈の俗字。潤い=降雨があること。

◆次候「霞始靆」(かすみはじめてたなびく)
霞がたなびき始める時節。来る春への期待がふくらむ頃。
靆(雲へんに逮)・たい=たなびく。古訓で、霞や雲が薄く層をなして横に長く引く意。
◆末候「草木萠動」(そうもくきざしうごく・そうもくめばえいずる)
草木が芽吹き始める。

◆◆「2月雨水の花」◆◆ 
「桃:もも」(桃、学名 Amygdalus persica)はバラ科 モモ属
の落葉小高木
または、その果実のことを指します。

120214_30.jpg

春には五弁または多重弁の花を咲かせ、夏には水分が多く甘い球形の果実を実らせます。原産地は中国。食用・観賞用として世界各地で栽培されている。

花は淡い紅色であるものが多いく、白色から濃紅色まで様々な色のものがあります。五弁または多重弁で、多くの雄しべを持ています。花の柄は非常に短く、枝に直接着生しているように見えます。

観賞用の品種(花桃)は源平桃(げんぺいもも)枝垂れ桃(しだれもも)などがあり、庭木や華道での切り花としてこの季節に用いられています。

◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆
今年の2月14日には春一番が吹きました。春の嵐で航空機をはじめ鉄道網も混乱するほどでした。
春はすぐそこまで来ています。
立春から暦の上では春ですが、今年は寒い日が続いていて、いまだ寒気が日本列島に居座る中、雨水の頃になると水戸偕楽園をはじめ、各地の梅の名所で「梅祭り」が開催されます。
近年梅の開花時期が早まってしまいましたが、今年は梅祭りの時期には、紅梅・白梅が開花することでしょう。
読者の皆様、季節の変わり目です。体調を崩さないようお体ご自愛専一の程
筆者敬白

◆二十四節気◆平成29年2月4日「立春(りっしゅん)」です。◆

140203_30.jpg

平成29年2月4日0時34分「立春」です。旧暦正月、寅(とら)の月の正節で、新暦2月4日頃にあたります。天文学的には、太陽が黄経315度の点を通過するときをいいます。

旧暦では、立春の日が「一年の始め」とされ、この日の前夜を年越しとする
風習があります。このため正月節、歳首節ともいいます。前日の「節分」までは前の年で「立春」から新年ということになります。

日ごとに日足が伸び、木々が芽吹き出し、春の気配を感じるようになります。暖かい地方では、梅の花が咲き始めます。立春以降に、初めて吹く南寄りの暖かい突風が
「春一番」です。

禅寺など寺院の入り口には、早朝に「立春大吉」と書いた紙札を貼る習慣があります。これは「厄除け」とされていますが、立春大吉の文字を縦に書くと、左右対称になります。文字が対称であるところから、話を分け隔てなく聞き公平に接することで、大きな災難に巻き込まれないという謂れです。

四季では、立春から立夏までが「春」です。また立春は、暦の上での雑節の基準になる日です。この日から数えて「八十八夜」「土用」「二百十日」などを算出します。

◆◆「七十二侯」◆◆
◆初候「東風解凍」(とうふうこおりをとく=はるかぜこおりをとく)
東風が厚い氷を解かし始める時節。
◆次候「黄鶯睍睆」(こうおうけんかんす=うぐいすなく)
うぐいすが山里で鳴き始める時節。黄鶯(こうおう)=こうらいうぐいす。黄鶯子、黄鶯児とも。睍睆(けんかん)=鳴き声のよいさま。
◆末候「魚上氷」(うおこおりにのぼる=うおこおりをのぼる)
割れた氷の間から魚が飛び出る時節。

130114_30.jpg◆◆「2月の花」◆◆ 
「福寿草:ふくじゅそう」金鳳花(きんぽうげ)科
学名:Adonis amurensis Adonis(アドニス)は、ギリシャ神話に登場する「イノシシの牙に突かれて死んだ青年」の名前に由来。傷から出た血のように赤い花の例え。(欧州産の花は赤です)

開花時期:2/1~3/15頃 正月に販売されているものはハウス栽培されたもの。花芽は晩秋にできるので、その後約1ヶ月寒さにあわせて室内に保存しておき、正月頃に咲かせます。花は黄金色。光や温度に非常に敏感で、昼間でも日が遮られると1~2分で花がしぼみ、再び日があたると花開します。

130114_31.jpg

福寿草の花と南天の実をセットにして「難を転じて福となす」という縁起物の飾り付けがされたりします。根と茎は有毒。花が終わる頃、人参の葉のような細い葉が出て一面に広がります。

別名「元日草:がんじつそう」、「朔日草:ついたちそう」など。
花言葉は、「幸福」「幸せを招く」「永久の幸福」「回想」「思い出」「悲しき思い出」など。
 
「朝日さす 老師が家や 福寿草」/与謝蕪村
「水入りの 水をやりけり 福寿草」/正岡子規

◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆
あけましておめでとうございます。二十四節気『立春』です。めでたく「立春大吉」を迎えました。

2017年は既に年明けをしていますが、暦における一年は「立春」に始まり翌年の「節分」で終わります。旧暦では立春からが新年、元旦ということになります。
日本では明治に入りグレゴリオ暦が採用されてから、立春を「立春正月」といい新暦・旧暦の正月と区別するようになりました。

節分(年に4回)など季節の切り替わりには、自身を取り巻く自然の流れや周囲の環境が大きく変化して、それまでの運勢の流れが入れ替わることを意味しています。また節分で土用が明けます。停滞していた問題や解決していない事柄を解決するタイミングです。

新年に入りインフルエンザが大流行していています。うがい・手洗いを励行し、室内では加湿器を使用して、インフルエンザ菌が飛散しないように心がけましょう。
それでは皆様、本当の意味で良い年を!
筆者敬白

◆二十四節気◆平成29年1月20日「大寒(だいかん)」です。◆
120112_20.jpg1月20日06時24分「大寒」です。
旧暦12月、丑(うし)の月の中気で、天文学的には太陽が黄経300度の点を通過するときをいいます。
冬、最後の二十四節気です。

一年で最も寒い季節で「極寒の絶頂期」になります。
大寒を暦便覧では「冷ゆることの至りて甚だしきときなれば也」と説いています。

各地で一年の最低気温が記録される頃。
大寒の水は腐らないとされていて、昔は保存用として汲み置かれました。
武道では、寒稽古が行われます。この頃から酒や味噌などの仕込みの時期です。

沢は凍り付いていますが、路地では蕗の花が咲き始め、ひばりの初鳴きも聞かれる頃。
鶏が卵を孵し始めます。
寒の内も後半、すぐそこに春が感じられます。

◆「寒の入り」「寒の内」◆
大寒は小寒から数えて15日目に当ります。小寒から大寒の期間を「寒の入り」と言います。
それに、大寒から立春までの15日間を合わせた30日間を「寒の内」と言います。
昔から酒や味噌などの仕込みの時期とされています。

「蕗・ふき」 「蕗の薹:ふきのとう」キク科フキ属の多年草
冬に黄色い花をつけることから「冬黄(ふゆき)」の略。語源はギリシャ語の「つば広の帽子」。
原産は日本で、水が豊富で風の強くない土地に繁殖します。
開花時期は2月10日頃~3月末。

春の山菜の代表で、冬眠から目覚めた熊が最初に食べるのが「蕗の薹」です。
蕗の薹は、花が咲く前の柔らかいうちに食します。
旬の蕗の薹はどのように調理しても美味しいです。

花が咲いたあと、地下茎を通じている葉の部分が延びてきます。
この葉の茎の部分が「フキ」として食用になります。

「寒稽古・かんげいこ」
寒の時期、武道や芸事の修練を行うことをいいます。寒さに耐えながら稽古をすることによって、技術を磨き、精神を鍛えるのが目的です。

神道、修験道、仏教などで寒行と称して、海や川などの水に入る、滝に打たれるなどの行を指します。 

120112_21.jpg◆◆「七十二候」◆◆
◆初候「款冬華」(かんとう はなさく)
寒さ厳しい中に、蕗の薹(ふきのとう)がそっと蕾(つぼみ)を出す時候。款冬の花茎を蕗の薹といいます。厳冬に氷を破るように生える様から、大寒の頃に咲く花ですが、春の使者として俳句では春の季語に入れます。
◆次候「水沢腹堅」(すいたく ふくけん)
沢に氷が厚く張りつめる時候。
◆末候「鶏始乳」(にわとり はじめて にゅうす)
鶏が春の気を感じて卵を産み始める時候。鳥が卵を産むこと。
 
◆◆ 「大寒」の花 ◆◆
◇「福寿草」ふくじゅそう◇ キンポウゲ科の多年草 
学名:Adonis amurensis Regel et Radd.

キンポウゲ科の多年草。多数の堅い根をもつ短い根茎から数個の花茎を出します。花茎は初め短く、包葉状の葉に包まれて先端に花をつけますが、やがて伸びて細裂した3回羽状複葉を互生し、30センチメートル以上になります。

花は光沢のある黄色で、日が当たると開き花期後、金平糖のような集合果ができます。日本から朝鮮半島、シベリアに分布。日本では本州中部以北、北海道に多く見られます。

寒さに強く山の北東斜面の落葉樹林に多く自生しています。花形や花色に個体変異が多く、弁先が裂けたナデシコ咲きや、紅色花の品種もあります。

◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆
正月も「二十日正月」「大寒」の頃になると通常の生活戻っているどころか、もうすぐ2月が訪れます。
節分で次の日が立春です。中国など旧正月の習慣が濃いところは立春の頃「立春大吉」として正月祝いを行う習慣が残っています。
季節の変わり目で、油断から体調を崩しやすい時期です。読者の皆様、時節柄お体ご自愛専一の程

筆者敬白

◆二十四節気◆平成29年1月5日「小寒(しょうかん)」です。◆ 

151231_20.jpg1月5日12時56分「小寒:しょうかん」です。旧暦12月、丑(うし)の月の正節で、冬至後15日目。新暦1月5日か6日頃にあたります。天文学的には太陽が黄経285度の点を通過するときをいいます。 この日をもって「寒の入り」とし、寒中見舞いが出されます。この日から節分までを「寒・寒中・寒の内」といい、約30日間ほど厳しい寒さが続きます。 

小寒とは寒さがまだ最大ではないといった意ですが、季節は本格的な冬です。「小寒の氷、大寒に解」の例えのように、実際には小寒の頃のほうが、寒さが厳しいようです。
 ちなみに諺の意味には「物事が必ずしも順序どおりにはいかない」という意が含まれています。 暦便覧では「冬至より一陽起こる故に陰気に逆らふ故、益々冷える也」と説いています。
この日をもって「寒の入り」とし、寒中見舞いが出されます。 「寒中見舞い」は、暑中見舞いに比べると出す人は少ないようです。年賀状を出すのが遅くなってしまった場合や、喪中に年賀状が届いた人への返信に利用一般的です。 小寒から4日目を「寒四郎」、9日目を「寒九郎」と呼んでいます。
 「寒四郎」は麦作の撰日(予想日)とされ、この日にの天候によって、収穫に影響があるとされてました。晴れだと豊作で、雨や雪だと凶作になるという事です。 また、寒九郎は「寒九の雨」といって、この日に雨が降ればその年の豊作の兆しとして、農家では喜ばれました。

◆◆「七十二侯」 ◆◆ ◆初候「芹乃栄」(せり すなわち さかう) ◇空気が冷え、澄みきるようになり、芹がよく生育する時節。 
◆次候「水泉動」(すいせん うごく) ◇地中では凍った泉が動き始める時節。水泉=わき出る泉。 
◆末候「雉始雊」(ち はじめて なく) ◇雄の雉(キジ)が鳴き始める時節。

◆◆ 「1月の花」 
◆◆ ◇「黄梅」おうばい◇
木犀科 ソケイ(ジャスミン)属 学名:Jasminum(ジャスミン)は、アラビア語の「yasmin(マツリカ)」の名に由来。別名:迎春花 原産は中国。江戸時代初期に渡来。開花時期は1月10日から3月20日頃。鮮やかな黄色の花が咲き、昔から鉢植えや盆栽などに利用されています。枝は横に伸びて地上を這う性質で、花が咲く時には葉は出ていません。 
黄色い花が梅に似ていることと、同時期に咲くことから「黄梅」という名がついていますが、本来「梅」とは関係なく、ジャスミンの仲間ですが、香りはありません。 中国では、旧正月(2月)に咲き出すことから「迎春花・げいしゅんか」と呼ばれ、吉兆の花、めでたい花とされます。 花言葉は「恩恵」「優美」「控えめな美」など。  

◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆ 
年が明けて平成29年の小寒の頃、例年だとこの冬で最も気温が低くなるはずですが、今年は暖冬のせいで暖かな正月です。 
暮れから正月を経て「小寒」の時期には、水仙など冬の花の開花期に重なって、道端の片隅に季節を感じられます。 読者の皆様、お体ご自愛専一の程 筆者敬白

◆二十四節気◆平成28年12月21日「冬至(とうじ)」です。◆
101220_5.jpg12月21日19時44分「冬至」です。旧暦11月、子(ね)の月の中気で、天文学的には太陽が黄経270度の点を通過するときをいいます。
 
冬至の日、太陽が南半球の最も遠い点ににあるため、日本のある北半球では、太陽の高さ(南中高度:太陽が南中した瞬間の高度)が一年で最も低くなります。そのため昼が一年中で最も短く、夜が一番長くなります。

冬至線「南回帰線」ともいい、南緯23度27分を走る線、太陽は冬至の日に、南回帰線の真上を通過し、以降ふたたび北上します。


冬至の日は冬の中間で、太陰太陽暦(旧暦)では冬至が暦の起源とされていて、とても重要な節でした。現在の太陽暦(グレゴリオ歴)では、春分点が起源とされています。冬至を暦便覧でも「日南の限りを行て、日の短きの至りなれば也」と説いています。 

この頃から次第に寒さが増します。年末近くに日本列島を通る低気圧は特に「年末低気圧」と呼び、本格的な冬将軍が訪れます。

131218_20.jpg◆小豆粥・柚子湯◆
昔からこの日を祝う風習があり、宮中では祝宴が催されます。庶民は冷酒に「小豆粥」や南瓜で祝い、「ゆず湯」に入ります。「冬至」を「湯治」にかけて無病息災を願います。柚子は皮膚を強くする効能があります。また「柚子」から「融通が利く」という語呂を合せで願いが込められています。
※季節のお便りブログ中の冬至と同じ日「ゆず湯」参照

◆魔除け・金運のかぼちゃ◆
「南瓜:かぼちゃ」
には魔除けの意があり、冬至の日に食すると病い除けになるとされています。近年では魔除けよりも金運を祈願する意に変化しています。他には人参・金柑・銀杏など、呼び方に「ん」のつく食べ物を食すると「運気」が上がり幸運になるのだとか。中国では、餃子湯圓(たんゆえん:あんの入った団子をゆでたもの)を食します。
 
南中高度:太陽の南中高度は季節によってかわり、北半球では夏至に最も大きく冬至に最も小さい。

◆天文学的にみる「昼」とは◆
地球は、地軸を軌道面と垂直な方向から約23.4度傾けて太陽のまわりを自転しながら公転しています。
 
111219_15.gif太陽は、天の赤道から約23.4度傾いた黄道上を、1年かけて一周するように見え、太陽の赤緯が変化します。夏至の頃北半球では昼が最も長くなり、南半球では最も昼が短くなります。反対の冬至の頃には、この逆になるのです。日本が冬至の日は、南半球は夏至にあたるということです。
 
昼と夜の長さの変化は、高緯度地域になるほど大きくなり、太陽がまったく沈まず一日中昼になる「白夜」と、太陽がまったく昇らない一日中夜となる「極夜」が生じます。冬至の日は、北極圏全域で極夜となり、南極圏全域で白夜となります。ちなみに、赤道付近では、昼と夜の長さはほとんど変化しません。
 
日の出、日の入り「太陽の上端が地平線または水平線に重なった瞬間」と定義されていることから、地平線や水平線付近では、大気の影響で「太陽が実際よりも上」に見えるので、春分・秋分の日でも、昼と夜の長さは等しくならず、昼が少しだけ長くなります。
 
◆冬至の南中高度の計算◆
東京の緯度は「北緯35.5度」です。これに地球の傾き23.5度をプラスして、90度を引く。南中高度は31度になります。ちなみに、札幌は23度、沖縄は40度です。
 
実際の日照時間は、夏至の頃より冬至の頃のほうがやや多いのですが、南中高度による太陽の照射角度の影響で寒いのです。


121210_32.jpg

◆◆「七十二候」◆◆
初候「乃東生」(ないとう しょうず)
草木いずれも枯れている中で、夏枯草のみが緑の芽を出し始める時節。
  乃東=夏枯草(かこそう)の古名。冬に緑の芽を生じ、夏に枯れるのでこの名が付いています。
次候「麋角解」(びかく げす)
大鹿が角を落とす。
末候「雪下出麦」(せつか むぎを いだす)
いちめん雪に覆われていても、その下では、麦が芽を出し始める時節。
 
◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆
毎年年末は「クリスマス」を過ぎると、一斉に正月飾りに切り替わります。
カレンダーの上では12月の次には1月が来るのは、当たり前ですが、年末には大掃除をして新しい年を迎える準備をします。
一家総出で掃除することよって年の終わりを演出します。これは日本人の生活習慣の一つで、清掃こそが新しい年を迎える心の準備とされています。
私たちは、日本の文化を習慣的に実践しています。日本の良い習慣は次の世代につないでいきたいものです。
例年21~22日「冬至」から雪や寒さが本格化します。
今年の冬は久々ぶりに寒い冬、厳冬との長期予報です。季節の変化が極端になったように感じます。
大自然の中では、人間はちっぽけな存在なのかも知れません。地球規模で共存したいものです。
読者の皆様、時節柄お体ご自愛専一の程
筆者敬白

◆二十四節気◆平成28年12月7日「大雪」(たいせつ)です。◆
12月7日1時41分「大雪」です。旧暦11月、「子(ね)の月の正節」で、天文学的には太陽が黄経255度の点を通過するときをいいます。

131205_20.jpg山の峰は積雪に覆われ、雪が激しく降り始める頃「大雪」です。平地に木枯らしが吹き、雪が降り始める頃の意です
。暦便覧には「雪いよいよ降り重ねる折からなれば也」と説いています。
 
これからの時期、日本海側と太平洋側では対照的な気候です。日本海側で大雪になれば、太平洋側では晴天になり、関東・中部・関西の平野部では乾いた風が吹きます。これは冬型の気圧配置のしわざです。日本海側で大雪を降らせる雲は入道雲で、大雪になる前には雷が鳴り響き、これから雪の兆しです。 

冬になってから初めての雷を「雪起こし」と呼びます。富山地方では「鰤(ブリ)起こし」と呼び鰤の豊漁の知らせとされてきました。 

雪国では雪の便り、南では冬の花「椿」が開花し、いよいよ冬将軍の到来が報じられます。冬の魚、ブリやハタハタの漁が盛んになり、山では熊や動物が冬眠します。南国では南天のが赤く色づく頃です。 

◆◆「七十二侯」◆◆
◆初候「閉塞成冬」(へいそくして ふゆとなる)
天地の気が塞がって真冬となる時節。閉塞す=ふさがる
 
◆次候「熊蟄穴」(くま あなに ちっす)
熊が冬眠のため自分の穴に隠れる時節。蟄れる(かくれる)=「こもる」は古訓で、動物が土中に隠れるの意。
 
◆末候「ケツ(魚へんに厥)魚群」(けつぎょ むらがる)
鮭が群がり、河川をさかのぼって行く時節。ケツ=さけ、または淡水魚の「追河・おいかわ」(やまべなど)とも。

121204_50.jpg

◆◆「12月の花」◆◆
「ポインセチア」 灯台草科 ユーフォルビア属 学名・ Euphorbia pulcherrima
 
アメリカ駐在のメキシコ大使「ポインセット氏」が、メキシコからアメリカに持ち込んで広まったことからこの名前が付きました。ポインセチアは観賞用ではなく、茎を切ったときに出る白い乳液を解熱剤として使うなど、医療用に栽培していました。
 
131205_21.jpgアメリカから渡った欧州では、クリスマスにキリストの血の色(赤)を飾る習慣があります。この時期に苞葉の赤色が最高に美しく、下葉の緑と調和し、花の中にある蜜腺の黄色が鈴の金色の役割りを果たしていることから、クリスマスに用いられるようになりました。欧米では「クリスマスフラワー」と呼ばれます。
 
日本には明治時代に渡りました。真っ赤な花は、大酒飲みの赤い顔に似ていることから、猩猩木※(しょうじょうぼく)とも呼ばれました。
猩猩は中国の想像上の動物で、猿のような顔で毛は紅色。
 
花言葉「聖なる願い」「私の心は燃えている」など。深みのある赤い苞葉は「愛情」をあらわします。


◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆

12月7日から12月の師走節に入り、街角ではクリスマスイルミネーションオンパレードです。LEDの普及によりイルミネーションの点灯時間も長引き、きらびやかで節電のクリスマスを迎えています。
厳しい冬の予感の中「大雪」を迎えます。どうやら今年は「インフルエンザ」の大流行も報道されています。
皆様、早めに予防摂取をお勧めします。予防には手洗い、うがいが一番です。外出の際にはマスクをお忘れなく。
読者の皆様、時節柄お体ご自愛専一の程
筆者敬白

◆二十四節気◆平成28年11月22日「小雪(しょうせつ)」です。◆
141120_22.jpg11月22日6時22分「小雪」です。旧暦10月、亥(い)の月の中気で、立冬後15日目。天文学的には太陽が黄経240度の点を通過するときをいいます。

小雪(しょうせつ)とは、寒さいまだ深まらず、雪いまだ大ならざるなりの候、小雪は字の如く「雪はさほど多くない」という意味です。暦便覧では「冷ゆるが故に雨も雪と也てくだるが故也」と説いています。

降っても雪は多くはないものの、遠い山嶺の頂きを眺めると白銀の雪が望めます。みかんが黄ばみはじめ、収穫の頃です。 紅葉は終りを告げ、寒さは徐々に厳しくなります。朝夕の木枯らしは、冬の到来が近いと感じる頃です。

立冬から小雪にかけて日光輪王寺、彦根城、姫路城など、名勝旧跡で松ノ木に「こも巻き」をしたり、兼六園、浜離宮では「唐崎松」を最初に「雪吊り」をして冬の備えの便りが届きます。

111114_26.jpg
****小春日和****
小雪の候「小春日和」は風のない陽気のいい日和のことで旧暦の10月頃です。寒いけど麗(うら)やかな空を「小春空」、寒い日々の中でも暖かな日和の日を「小春日和」、ちなみに湖畔や海の波のおだやか状態を「小春凪(なぎ)」と呼びます。

****木枯らし****
また小雪の頃、日ごろから木枯らしが吹きます。地域の季節風にはそれぞれ呼び名があり、西日本の「乾風(あなじ)」東海道の「べっとう」など主に「颪(おろし)」と呼ばれています。関東の赤城颪・筑波颪・関西の甲颪富士颪など山から平地に吹き抜ける空っ風のことで、この季節から冬にかけて吹く木枯らしです。

おだやかな「小春日和」もあれば、木枯らしのもあります。これからの厳しい冬を予感しているようです。

101117_4.jpg◆◆「七十二候」◆◆
初候◆「虹蔵不見」(にじ かくれて みえず)
   虹を見かけなくなる時節。

次候◆「朔風払葉」(さくふう はを はらふ)
   北風が木の葉を払いのける時節。朔風(さくふう)=北から吹いてくる風。北風。朔吹とも。

末候◆「橘始黄」(たちばな はじめて きなり)
   ◇ようやく橘の葉が黄葉し始める時節。 黄ばむ=黄葉する。

◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆
暦の上では冬に入って初めての二十四節気「小雪」です。紅葉前線も南下して九州でも紅葉している報道です。11月も下旬に入り世間ではクリスマスや、年末・年始の準備といった雰囲気になってきました。
残すところ1ヶ月少しで平成29年になります。
読者の皆様、雪の降る地域では、樹木も越冬に備えて冬支度です。
日没になると急に冷え込むこの頃です。
薄着でお風邪などお召しにならないよう、お体ご自愛専一の程
筆者敬白

◆二十四節気◆平成28年11月7日「立冬(りっとう)」です。◆
11月7日8時48分「立冬」です。

141101_22.jpg右から、富士山・八甲田山・大雪山
旧暦10月、亥(い)の月の正節で、天文学的には太陽が黄経225度の点を通過するときをいいます。

四季の中で「」に入る始まりの二十四節気で、太陽の光もいちだんと柔らかく感じ、日足も目立って短くなります。大雪山や八甲田山からは初冠雪の便りが届き、冬の気配が伺えるようになります。

夕ぐれの訪れが早く感じ、枯らしが吹きます。また、山では綿雲(積乱雲)が発生し、時雨がしとしと降ります。雲の流れが速く、見事な虹が出てはまた雨が降る時雨虹が望めます。これに出会うと空が語りかけているようです。

季節の花、さざんか(山茶花)が可憐に咲き始めます。北国では大地が凍り始めます。

暦便覧では「冬の気立ち始めて、いよいよ冷ゆれば也」と説いていて、「立冬」は、「冬立つ」「冬来る」などとともに冬の代表的な季語になっています。

◆◆「七十二侯」◆◆
初候「山茶始開:さんちゃ はじめて ひらく」
山茶花(さざんか)の花が咲き始める時節。山茶(さんちゃ)=「つばき」と読みます。山茶は「つばき」の漢名。※諸説の中で、日本では時雨忌があることから「さざんか」をさすという説が有力です。
次候「地始凍:ち はじめて こおる」
大地が凍り始める。大地が凍り始める時節。
◆末候「金盞香:きんせん こうばし」
水仙の花も咲き出す時節。「金盞:きんせん」=水仙の異名。正しくは「きんさん」と読みます。金盞銀台(きんさんきんだい)とは、水仙の花の咲く様をいったもの。金盞は「黄金の杯」のこと。

101031_2.jpg

◆◆「11月の花」◆◆
「山茶花」さざんか つばき科つばき(カメリア)属
開花時期☆10月10日~翌2月10日頃。晩秋から初冬にかけて咲き出します。原産地は日本。江戸時代に長崎からヨーロッパへ持ち出され、西欧で広まりました。学名・英名ともに「サザンカ」です。

椿(つばき)の漢名(中国名)で、山茶花(さんさか)が茶山花(ささんか)、そして「さざんか」と変化し、間違ったまま定着してしまいました。

花は良い香りで、花びらは一枚ずつ散ります。寒椿と開花時期がほとんど一緒で、葉も花も同じようでなかなか見分けが付きませんが、山茶花は背丈が高く、花びらの数は5~10枚程度で少なめです。花びらはシワになります。寒椿は背丈が高くならず、花びらの数は14枚以上でシワになりません。寒椿は公害に強いので道路の植え込みなどに植えられます。花言葉は「ひたむき」「困難に打ち勝つ」など。
「山茶花を 雀のこぼす 日和かな」(正岡子規)

「金盞花」きんせんか 
菊科 カレンデュラ属
Calendula(カレンデュラ)の語源は、ラテン語のCalendae(毎月の第1日)。どの月の初めにも咲いているほど花期が長いことからそう呼ばれます。「カレンダー」の語源でもあります。

原産は地中海沿岸。江戸時代に中国から渡来。ハーブの一種で、古くから食用や薬用に使われてきました。薬用には虫刺されの薬として利用されます。また、サフランの代用で着色料や髪染めにも使用されました。

花は黄金色で「盞:さかずき」のような形をしていることから金盞花といいます。また、隋国の統一前、梁の国の魚弘という人が、賭けすごろくに勝った時に金銭より「珍しい花」をもらいたいといい、この花をもらったので、この花を「金銭花」と呼んだそうです。その後「金銭花」が「金盞花」に変化しました。

花言葉は「慈愛」「悲しみ」「静かな思い」など。

tembo_header.jpg

◇◇◇◇編集後記◇◇◇◇
暦の上では立冬から本格的な冬に入ります。『四神相応図』では冬の色は黒で守護は玄武、方位は北です。やがて来る春に備えて力を蓄える時期です。
例年この時期から、インフルエンザ、風邪が流行します。早めに予防接種、日ごろから手洗い・うがいに心がけましょう。
油断からお風邪などお召しにならないよう、お体ご自愛専一の程
筆者敬白

◆二十四節気◆平成28年10月23日「霜降(そうこう)」です。◆

131015_22.jpg10月23日08時46分「霜降」です。旧暦9月、戌(いぬ)の月の中気で、天文学的には太陽が黄経210度の点を通過するときをいいます。

霜降:そうこう」とは、秋も末の霜が降りる頃の意で「しもふり」とも言います。

この頃、露が冷気によって霜となり降り始め、ひっそりと秋が深み往き、もの寂しい風趣がところどころに醸されます。冷え込む早朝には霜を見るようになり、一歩づつ冬の到来が感じられるようになります。晴れた日に時折り小雨ほどの秋雨が降り、楓や蔦の葉が見事な紅葉を見せ始めます。

霜降の頃を暦便覧では「露が陰気に結ばれて霜となりて降るゆゑ也」と説いています。

霜降から立冬までの間に吹く地を這って吹く寒い北風を「木枯らし」と呼びます。

101014_5.jpg

◆七十二候◆
◆初候「霜始降」(しもはじめてふる):霜が始めて降る。
田園にも霜が降り始める時節。

◆次候「霎時施」(しぐれときどきほどこす):小雨がしとしと降る。
秋も終わりとなる頃で、小雨がしとしとと降ってわびしい時節。霎(そう)=こさめ。雨の音が本意。施す=広い範囲に行き渡らせる。

◆末候「楓蔦黄」(ふうかつきなり):紅葉(もみじ)や蔦(つた)が黄葉む。
紅葉や蔦の葉が黄葉する時節。黄ばむ=黄葉する。

121017_21.jpg

◇10月の紅葉◇
全国的には落葉樹の葉の色つきで咲くことを指します。秋になると一斉に見事に紅葉する様子は、観光の名所になっています。カエデ科の数種を特にモミジと呼びますが、紅葉が鮮やかな木の代表種です。また赤色に変わるのを「紅葉(こうよう)」、黄色に変わるのを「黄葉(こうよう、おうよう)」、褐色に変わるのを「褐葉(かつよう)」と呼ぶこともあります。これらをハッキリと区別できない場合も多く、総称して「紅葉」として呼びます。

同じ種類の木でも、生育条件や個体差によって、赤くなったり黄色くなったりすることがあります。葉がどうして色づくのかについては明らかになっていません。 なお、常緑樹でも紅葉するものがありますが、緑の葉と一緒の時期だったり、時期がそろわなかったりするため目立ちません。

秋になると草や低木の葉も紅葉し、それらを総称して「草紅葉(くさもみじ)」ということがあります。 日本における紅葉は、9月頃から北海道の大雪山を手始めに始まり、徐々に南下します。紅葉の見頃の推移を桜前線と対比して「
紅葉前線」と呼びます。紅葉が始まってから完了するまでは約1か月で、見頃は紅葉が始まった後20〜25日程度で、時期は北海道と東北地方が10月、関東から九州では11月から12月初め頃まで続きます。ただし、山間部や内陸では少し早目です。

◇◇◇◇編集後記◇◇◇◇
霜降の時期は秋から冬への「夏の土用」の時期です。この時期は無理に問題を解決しようとせず、受け流すことが肝要です。土用の作用で万物が腐する事から、問題が混とんとしてしまいます。
無理をせず受け流す余裕を身につけましょう。
今年は二の酉までの年です。酉の日の参拝と日ごりから火廻要慎をこころがけましょう。

皆様、時節柄お体ご自愛専一の程
筆者敬白

◆二十四節気◆平成28年10月8日「寒露(かんろ)」です。◆
131003_21.jpg10月8日05時33分「寒露」です。旧暦9月、戌(いぬ)の月の正節で、秋分から15日目にあたります。天文学的には太陽が黄経195度の点を通過するときをいいます。

寒露とは、野草に宿る冷たい露のこと。この頃になると秋も一段と深まり、朝晩は寒気を感じ始めます。山野には晩秋の色どりが濃くなり、櫨(はぜ)の木の紅葉が美しい頃。雁などの冬鳥が渡って来て、菊が咲き始め、コオロギが鳴きやみます。

暦便覧では、「陰寒の気に合つて露結び凝らんとすれば也」と説明しています。

「観天望気:かんてんぼうき」:風や雲の動きや形で、これからの天気を予測することです。天気の諺では「朝焼けは雨の予兆・夕焼けの翌日は晴れ」といったものが有名、「秋の夕焼け鎌を砥げ」秋の夕焼けの翌日は、天気がいいから収穫が出来るように鎌を研いで用意しようといった意です。 寒露の頃は、五穀の収穫も最盛期に入り農家では繁忙を極めます。

141002_23.jpg先人は天気とともに生活をしていました。積乱雲でもすじ雲・イワシ雲・ヒツジ雲など天気の下り坂を予期したものです。

※「櫨:はぜ」は、うるし科うるし属。6月頃に円錐状の黄緑色の小花を咲かせます。雄株には灰色の小果が実り、これから蝋(ろう)が取れます。山漆(やまうるし)によく似ていて触るとカブレるので注意。
天正年間(1570年頃)に中国から種子で伝わり、蝋燭の原料として筑前で栽培され九州一円に広まりました。櫨の紅葉は、赤色がモミジより美しく鮮やか
131003_22.jpg◆◆「七十二侯」◆◆
◆初候「鴻雁来:こうがんきたる」雁が飛来し始める。
◇雁が飛来し始める時節。鴻雁=秋に飛来する渡り鳥のがん。鴻鴈とも。「鴻」はがんの大型で「雁」はがんの小型のものをいいます。また、鴻雁は大きながんを指すとも。
 
◆次候「菊花開:きくかひらく」:菊の花が咲く。
◇菊の花が咲き始める時節。
 
◆末候「蟋蟀在戸:しつそくこにあり」:蟋蟀が戸の辺りで鳴く。
◇蟋蟀(きりぎりす)が戸にあって鳴く時節。蟋蟀(しっしゅう)=きりぎりす。促織(しつそつ)とも。こおろぎ、いどとの異名とも。
100928_4.jpg 
◆◆「10月の花」◆◆
「菊」 きく科きく属 学名:クリサンセマム ギリシャ語のchrysos(黄金色)+ anthemon(花)が語源。
 
開花時期は10月20日~12月20日頃。平安時代に中国から渡来しました。その後、改良が重ねられ多くの品種が出来上がりました。
 
「きく」は「菊を音読み」したもので、菊の字は「散らばった米を一箇所に集める」の意。菊の花弁を米に見立てたもの。「菊」は究極・最終を意味し、1年の終わりに咲くことからそう名付けられました。
 
菊花展で見かける大輪の菊は「厚物」(あつもの=大輪もの)、「管物」(くだもの=細い花びらのもの)に分けられます。
 
中国では「菊」は不老長寿の薬効があると信じられ、陰暦9月9日「重陽の節句」には菊酒を酌み交わし、長寿を願いました。これが日本に伝わり「重陽の宴」が催されるようになりました。後に菊は「皇室の紋章」となり、日本の国花になりました。
 
花言葉は「思慮深い」「真実、元気」「いつも愉快」「私はあなたを愛する」など。
 
121002_26.jpg◆◆「秋の七草」◆◆
「秋の野に 咲きたる花を 指折り(およびおり)かき数うれば 七種(ななくさ)の花 萩の花 尾花葛花 撫子の花 女郎花 また藤袴 朝顔の花」 
(山上憶良/万葉集)

★萩(はぎ)=豆科はぎ属。花は豆のような蝶形花。枝や葉は家畜の飼料や屋根ふきの材料。葉を落とした枝を束ねて箒(ほうき)に。根を煎じて眩暈やのぼせの薬にするなど人々の生活にも溶け込んでいました。
 
★薄(すすき)=稲科すすき属。収穫した物を悪霊から守る力があるとされます。屋根材の他に炭俵、家畜の餌などに利用されます。別名:尾花(おばな)。
 
★桔梗(ききょう)=ききょう科ききょう属、紫または白の美しい花。漢方では太い根を干して咳や咽喉の薬に。薬用成分のサポニンを含有し、昆虫にとっては有毒なため昆虫からの食害から自らを守っています。
 
昔から武士に好まれたようで、家紋に取り入れられました。「桔梗の間」「桔梗門」など。万葉集に出てくる「朝顔」は、この桔梗のことであるといわれます。
 
★撫子(なでしこ)=なでしこ科なでしこ属、ピンク色の可憐な花。我が子を撫でるように可愛いことから、この名前が付きました。この花は「ピンク」という色の語源になっています。
 
中国から平安時代に渡来した「唐撫子」(からなでしこ)に対して、在来種を「大和撫子」(やまとなでしこ)と呼び、日本女性の美称に使われます。
 
★葛(くず)=豆科くず属、周囲の木をツルで覆ってしまう程の生命力。大和の国(奈良県)の国栖(くず)が葛粉の産地であったことから。「葛」は漢名。ツルの部分は「葛布」の原料。
 
根は多量の澱粉を含んでいて、漢方薬で使われる「葛根」(かっこん:解熱作用)の原料です。葛粉、葛餅など。
 
★藤袴(ふじばかま)=菊科ふじばかま属。花の色は藤色で、花弁の形が袴の形をしている。桜餅のような香り。平安時代の女性は、干した藤袴の茎や葉を水につけて髪を洗いました。また、防虫剤や芳香剤、お茶などにも利用していました。
 
★女郎花(おみなえし)=おみなえし科おみなえし属。山野に生える黄色い清楚な花。「おみな」は「女」の意。「えし」は古語「へし(圧)」のことで、美女を圧倒する美しさから。
 
餅米で炊く御飯「おこわ」を「男飯」と言ったのに対し「粟(あわ)御飯」のことを「女飯」と言っていましたが、花が粟粒のように黄色く粒々していることから「女飯」を「おみなめし」「おみなえし」と言うようになったという説もあります。
 
「女郎花」と書くようになったのは平安時代の中頃。因みに「男郎花」という花もあります。
 
◆1月7日、春の七草「七種菜羹:しちしゅさいのかん」を食べ無病を祈る風習で「食」に関するものですが、秋の七草は「花を楽しむ」ことに所以しています。

◇◇◇◇編集後記◇◇◇◇
秋の天気は「女心と秋の空」、移り変わりが激しい例えは一般的です。秋は台風来襲、上陸することがあります。
天気予報が正確になった今日でも、台風の被害は減りません。台風が通り過ぎるのを待って台風一過、秋の青空を眺めたいものです。
朝夕、冷え込みがきつくなってきました。読者の皆様、時節柄お体ご自愛専一の程
筆者敬白

◆二十四節気◆平成28年9月22日「秋分(しゅうぶん)」です。

110920_15.jpg9月22日23時21分「秋分」です。旧暦8月「酉」(とり)の月の中気で、新暦9月22~23日頃。天文学的には、太陽が黄経180度の「秋分点」を通過するときをいいます。
 
秋分点とは、黄道と赤道が交わる点のうち、赤道の北から南へ向かって太陽が横切る点のこと。この日、太陽は真東から昇り、真西に沈みます。昼と夜の長さがほぼ等しいと言われていますが、実際には秋分から3日後です。「暦便覧」では「陰陽の中分なれば也」と説明しています。
 
北の方から冬篭りの準備を始める頃です。残暑の名残も感じられますが、秋分を過ぎると日に日に肌寒さを感じます。北のほうから紅葉の便りが伝えられるようになり、もみじの色づきが始まります。例年北海道では大雪山の初冠雪が観測される時期です。


また、この日は「彼岸の中日」にあたります。彼岸の名称は、仏典の「波羅蜜多:はらみつた」という梵語の漢訳「到彼岸:とうひがん」という語に由来します。「現実の生死の世界」から煩悩を解脱し、生死を超越した「理想の涅槃の世界」へ至るの意。煩悩や迷いに満ちたこの世「此岸:しがん」に対して、向こう側の悟りの境地を「彼岸:ひがん」といいます。
 
お彼岸の頃になると、寒暑ようやく峠を越して凌ぎ易くなってくることから「暑さ寒さも彼岸まで」の言葉が使われるようになりました。

120914_21.jpg■「七十二候」■
初候「雷乃声収」(らいすなわちこえをおさむ)
  ◇雷乃ち(すなわち)声を収む。雷が鳴り響かなくなる時節。
次候「蟄虫坏戸」(ちゅっちゅうこをはいす)
  ◇蟄虫(ちっちゅう)戸を坏(とざ)す。土中の虫が土で穴の隙間を塞ぐ時節。坏(つき)=ふさぐ。
末候「水始涸」(みずはじめてかる)
  ◇水始めて涸(か)る。※水田の水を干しはじめ、収穫に備える時節。涸る(こる)=水が尽きる。

◆◆◆◆秋分点とは◆◆◆◆
111219_15.gif▼秋分点とは、天球上で黄道と赤道が交わる2つの交点のうち、太陽が赤道の南から北へ向かって横切る点のことです。この点が黄経0度で、赤経・黄経の原点となります。
ところが歳差(自転している物体の回転軸が、円をえがくように振れる現象)により毎年わずかずつ移動し、20世紀末ごろに水瓶座に入ったといわれています。
▼「黄道」とは、天球上における「太陽の道」のことです。黄道は赤道に対して23.4度傾いています。地球の公転面の垂線に対する地軸の傾きによるものです。
▼黄道と赤道の交点を「分点」といい、黄道が南から北へ交わることを「春分点」といい、黄道が北から南へ交わることを「秋分点」といいます。秋分点での黄経は、180度です。

天の赤道」とは、地球上の赤道を天球に延長させた大円のことです。恒星や惑星の位置を決める基準となります。ちなみに「月の通り道」は「白道」といいます。

◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆
季節は少しづつ秋に向かっています。外路地の広葉樹が幾分か幾分か色づき始め、 すこしづつ落ち葉の気配です。
秋分の「昼と夜の長さが等しい」に掛けて、均衡を失っている今の社会ですが、これを機会に陰陽のバランスを取り戻して頂きたいものです。
読者の皆様、猛暑でも朝晩は冷え込みます。お体ご自愛専一の程
筆者敬白

◆二十四節気◆平成28年9月7日「白露(はくろ)」です。◆
9月7日13時51分「白露」です。旧暦8月、酉(とり)の月の正節で、天文学的には太陽が黄経165度の点を通過するときをいいます。新暦9月7日か8日頃。「秋分」前の15日目にあたります。

100901_5.jpg白露とは「しらつゆ」の意です。
二十四節気による四季の区分では、秋の中旬「仲秋:ちゅうしゅう」にあたります。暦便覧には「陰気やうやく重りて、露こごりて白色となれば也」とあります。

陰陽五行説によると、「秋」は金の五時で方位は西、色は白です。 白露の時期とは、秋雨の時期を表わす「露」と五行説での秋色の「白」で白露です。また白は無色なので秋の風を特に「色無き風・金風」と呼びます。

秋気も本格的になりはじめ、大気が冷えて野草にしらつゆが宿り、秋を感じさせます。鶺鴒(せきれい)が鳴き始め、燕(つばめ)が去って行きます。

≪鶺鴒≫
セキレイ=セキレイ科。羽色が鮮やかで、嘴が長い鳥。キセキレイ、セグロセキレイ、ハクセキレイの三種。全長20cm前後の半分は尾。スズメよりやや大きく、ムクドリよりやや小さめで細身です。
 
体は黒白、又は黄と黒色で、尾羽を上下に振りながら歩くのが特徴。山地の川・海岸・水田などの水辺に住み、昆虫などを捕食します。

≪燕≫
ツバメ=スズメ目ツバメ科。全長約17cm。背が黒く、赤いノドと額を持つ。飛行する昆虫を空中で捕食します。日本には3月下旬~4月上旬に飛来。繁殖期には「チュビチュビチュビチュルルルル」というさえずり声で鳴きます。

民家の軒先など人が住む賑やかな環境に、泥と枯草で巣を作ります。これは、天敵であるカラスやスズメが近寄りにくいからだそう。穀物を食べず、水稲栽培で発生する害虫を主食とするため、益鳥として古くから大切に扱われてきました。ツバメを殺したり、巣や雛に悪戯をする事を慣習的に禁じていました。


帰巣性があり、前年と同じ巣に帰り、修繕して利用したり、巣が無い場合はその付近の別の個体の巣や前年営巣した付近に巣を作ります。順調にいけば2回の子育てをし、9月~10月にかけて東南アジアに渡ります。


100901_2.jpg◆◆ 七十二侯 ◆◆
◆初候「草露白」(そうろ しろし):草に降りた露が白く光る。
 ◇草に降りた露が白く光って見える時節。
◆次候「鶺鴒鳴」(せきれい なく):鶺鴒が鳴き始める。
 ◇小川や沼などの水辺で鶺鴒が鳴き始める時節。
◆末候「玄鳥去」(げんちょう さる):燕が南へ帰って行く。
 ◇つばめが南へ帰っていく時節。玄鳥(げんちょう)=つばめの異称。乙鳥(いつちょう)。また、鶴の異称。
 
◆◆ 9月の花 ◆◆
◇彼岸花(ひがんばな)曼珠沙華(まんじゅしゃげ)
彼岸花科。学名:Lycoris(リコリス)。ギリシャ神話の海の女神の名前「Lycoris」のこと。 原産地中国 
開花時期は9月15~末日頃。秋の彼岸の頃に、突然茎が伸びてきて、鮮やかな色の花を咲かせ、数日で花が終わって茎だけなります。
 
花のあと葉が伸びてきますが、冬と春を越して夏近くなると消えてしまいます。ですから花と葉を同時に見ることは出来ません。葉のあるときには花はなく、花のときには葉がないことから、韓国では「サンチョ(相思華)」と呼ばれます。「花は葉を思い、葉は花を思う」の意。
 
別名の曼珠沙華は「天上の花」の意。目出度い事が起こる兆しに、赤い花が天から降るという経典に由来。
花言葉は「情熱」「悲しい思い出」「独立」「再会」「あきらめ」など。

◇金木犀(きんもくせい)(Fragrant olive)
着犀(もくせい)科。学名:オスマンサス。語源は、ギリシャ語の「osme(香り)+ anthos(花)」原産地は中国南部。
 
開花時期9月下旬~10月10日頃。花が咲いている間、強い香りを放ち、春の沈丁花(じんちょうげ)、夏の梔子(くちなし)に並びます。開花のあと、風雨があるとあっけなく散ってしまいます。
 
中国名「丹桂」。丹=橙色、桂=モクセイ類のこと。日本には江戸時代初期に渡来。静岡県の県の木になっています。
花言葉は「謙遜」「真実」「陶酔」「初恋」など。
 
◇水引(みずひき:写真右)
120817_28.jpg蓼(たで)科。学名:Polygonum filiforme 語源はギリシャ語の「polys(多い)+ gonu(節)」から。茎の節が膨らんで関節のように見えることに由来。

開花時期は8月5日頃~10中旬。上から見ると赤く見え、下から見ると白く見える花を、紅白の水引に見立てたもの。日陰に生えます。葉は時折変わった斑が入ったもの(ふいり)が見られます。
「水引草」(みずひきそう)。
花言葉は「感謝の気持ち」など。

◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆
「白露」から9月節です。この時期、例年大風が多く
八朔・二百十日・二百二十日などは、風雨の被害で収穫が影響が出ないようにと、暦にて用心を促しています。
暑い夏の年には台風の上陸が多く、今年は台風10号のように一般的な進路とは違う動きをする台風などが発生し、台風の多い年になりそうです。
夏バテの出る時期で二日灸もこの頃です。体調管理には充分気を配りましょう。
繰り返し読者の皆様、お体ご自愛専一の程
筆者敬白

◆二十四節季◆平成28年8月23日「処暑(しょしょ)」です。◆
130813_21.jpg8月23日01時38分「処暑」です。旧暦7月、申(さる)の月の中気で、新暦8月23日頃。天文学的には、太陽が黄経150度の点を通過するときをいいます。

暑さがとどまる、止むの意から処暑といいます。涼風が吹きわたる初秋の頃で、暑さは峠を越えてようやく過ごしやすくなります。綿の花が開き、穀物が実り始め、収穫も目前といった時期です。

また、この頃は「二百十日」「二百二十日」と並び台風襲来の多い時期とされ、暴風雨に見舞われることが少なくありません。

日に日に北から秋の気配がしてきます。路端ではススキが目立ち初め、秋をところどころに感じるようになります。どうやら秋はすぐそこまで来ていて、残暑厳しい中でも秋の気は感じられます。台風でさえも秋の気は感じられるものです。

130813_22.jpg秋は感じ方で長くもあり、またあっと過ぎてしまうような短さの中に「もの悲しさ」をも含んでいるのでしょう。

」の字は、人がよりかかる台(机)に足を乗せている様を表わす漢字で、「安心している」「落ち着く」さまを表わしています。処暑は暑さがひと段落して、暑さが落ち着くということからの語源です。

■「七十二候」■
初候「綿柎開:めんぷひらく」
 ◇綿を包む咢(がく)が開く。綿を包むガクが開き始める時節。
 ◇柎(うてな)=「はなしべ」は古訓で、花のガクをいいます。また、はなぶさ。
次候「天地始粛」(てんちはじめてしじむ・しゅくす)
 ◇ようやく暑さが鎮まる。ようやく暑さが鎮まる時節。
末候「禾乃登」(かすなわちみのる):稲が実る。
 ◇穀物が実る時節。

120810_46.jpg■■8月処暑の頃の花■■
綿(わた)(Cotton plant)

葵(あおい)科 学名  Gossypium : わた属  
Gossypium(ゴシピウム)は、ラテン語の「gossum(腫(は)れ物)」が語源
ボールのように膨らんだ実の形から。 
紀元前2500年頃から、古代インダス地方(インド)で繊維作物として栽培されていた。

開花後5週間くらいすると実が熟して、
はじけて綿毛に包まれた種子を外に吹き出す。綿毛は、布地やふとん綿の原料となる。 "綿100%" 綿は、世界の繊維材料の約7割を占める。   

その昔「腸」を"わた"と読み、衣類の中に綿毛を詰めることから、体の腸に見立てて「わた」呼ぶようになった。「綿」の字は漢名の「葉綿」から。         

・「棉」とも書く 英語では「コットン」。                   
・「しらぬひ  筑紫の綿は 身につけて  いまだは着ねど 暖かに見ゆ」 万葉集  沙弥満誓(さみまんぜい)

◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆
ブラジルで開催されrているリオオリンピックの最中です。今年はメダルラッシュで平成32年(2020)東京オリンピックでの良い兆候です。
8月後半になると、朝晩の涼しさを感じます。7月後半から8月は夏の花火大会のピークでした。花火大会に出かける浴衣姿も、処暑の頃になると想いのほか減ったように感じます。処暑が過ぎると、これからは台風到来の季節です。

残暑の疲れが出て、食欲不振や精力減退の方に、お勧めは規則正しい生活です。
皆さん、お体ご自愛専一の程
筆者敬白

◆二十四節季◆平成28年8月7日立秋です。◆
140801_21.jpg8月7
日10時53分「立秋」です。

旧暦7月、申(さる)の月の正節で、天文学的には太陽が黄経135度の点を通過するときをいいます。
この日から暦の上では「秋」になりますが、まだまだ残暑の厳しいく、平均気温はこの頃にピークに達します。一年の中で最も暑い時期といえます。

暦の上で立秋になっても暑い日が続きます。空を見上げると、秋の「巻雲」が、心なしか高いところに見え始めます。見上げれば、以前より空が少しづつ高くなったと感じるようになり、雲の色や形、風のそよぎに「秋の気配」が感じられるようになります。公園や林でひぐらしが鳴き始め、山間部など内陸では霧が発生することがあります。

ヒグラシは、早朝と夕方に鳴きますが、薄暗い日中に鳴くこともあります。「カナカナ...」と鳴くことから、カナカナとも呼ばれます。

110803_12.jpg秋は移動性高気圧に覆われる日が多く、日中晴れて風の強い夜には「放射冷却現象」よる霧が発生します。気温が下がれば空気中の水蒸気が結露し始め、霧が発生します。霧は秋の季節の風物詩といえます。

立秋」は「秋立つ」「秋来る」などとともに、秋の代表的な季語になっています。この日より夏の便りは「暑中見舞い」から「残暑見舞い」になります。

・「初めて秋の気立つがゆゑなれば也」暦便覧
・「夏雲は岩の如く、秋雲は砂の如く」正岡子規
・「木の間よりもりくる月の影見れば心づくしの秋は來にけり」古今和歌集
 
◆真夏日◆日中の最高気温が30度を超えた日が真夏日です。蒸し暑く、多くの人が不快感を感じる気温です。近年では、群馬県館林市や埼玉県熊谷市など内陸部や盆地で最高気温の更新が続いています。
◆熱帯夜◆最低気温が25度以上ある夜が熱帯夜で、とても蒸し暑く、就寝しても不快感を感じて深い睡眠がとれないことがあります。

◆◆「七十二侯」◆◆
◆初候「涼風至」(りょうふう いたる)
 ◇涼しい風が立ち始める時節。
◆次候「寒蝉鳴」(かんせん なく)
 ◇ひぐらしが鳴き始める時節。 寒蝉=ひぐらし。また、秋に鳴く虫をいいます。「かんぜん」とも読みます。
◆末候「蒙霧升降」(もうむ しょうごう)
 ◇深い霧がまとわりつくように立ち込める時節。蒙霧=もうもうと立ち込める霧。

120730_36.jpg◆◆「8月の花」◆◆
向日葵」ひまわり・Sunflower 菊科・ひまわり属
 
学名「Helianthus」(ヘリアンサス)ギリシャ語の「helios(太陽)+anthos(花)」が語源。「太陽の花」の意。
 
原産地は北アメリカ。紀元前からインディアンの食用作物として使われていました。日本には、17世紀に伝来。開花時期7月10~9月10頃。
 
花の形は太陽を思わせ、太陽の動きにつれて回ることから「日まわり」と呼ばれますが、花首の柔らかい頃にだけ日中太陽の方向を追います。
 
花首は、夕方には西を向いていますが、夜には向きを戻し、夜明け前には再び東を向きます。花が完全に咲いてからは、東の方向を向いたままほとんど動かなくなります。
 
大きな一つの花のように見えますが、「頭状花序」と呼ばれ、多数の花が集まって一つの花の形を作っています。これは「キク科の植物」に見られる特徴。外輪に黄色い花びらをつけた花を「舌状花」、内側の花びらがない花を「筒状花」と区別して呼ぶ場合もあります。
 
別名は、「日輪草:にちりんそう」「日車:ひぐるま」など。種は長楕円形。種皮色は油料用品種が黒色で、食用や観賞用品種には長軸方向に黒と白の縞模様があります。種は絞って「ヒマワリ油」として利用されます。ヒマワリ油には「不飽和脂肪酸」が多く含まれます。
 
種子を煎って食用とすることも。また、ペットの餌に利用されます。近年、ディーゼルエンジン用燃料(バイオディーゼル)として利用する研究も進められています。乾燥した種子を用いる生薬名は「向日葵子:ひゅうがあおいし」。
 
花言葉は、「私はあなただけを見つめる」「あなたは素晴らしい」など。

◇ ◇ ◇ 編集後記 ◇ ◇ ◇ 
今年は猛暑の天気予報で梅雨が明けると蒸し暑い日が続いています。

近年の集中豪雨や局地的な豪雨が頻発して、首都圏を始め西日本、九州地方で被害が出ました。夏休みに入り水の事故が多発しています。くれぐれもご注意を!

暦の上では「立秋」でこれから秋になります。暑中のご挨拶は立秋から、残暑お見舞いになります。夏バテで体調を崩しやすい季節です。

皆さま、体が資本です。
体ご自愛専一の程 
筆者敬白

◆二十四節気◆平成28年7月22日「大暑(たいしょ)」です。◆
140722_21.jpg7月22日18時30分「大暑」です。
旧暦6月「未:ひつじ」の月の中気で、天文学的には太陽が120度の点を通過するときをいいます。

夏の季節の最後の節気で、大暑の期間は春の土用にあたります。土用があければ「立秋」になります。

夏至から約一ヶ月後で、梅雨明けのこの頃、日照時間は日に日に短くなってきていますが、快晴の日が続いて暑くなります。強い日差しで大地は潤って蒸し暑くなり、時折り「ゲリラ豪雨」が降ります。昨年来から「雹:ひょう」が降り、内陸部で「竜巻」が観測されています。

甚だしい暑さを「炎暑・酷暑」、焼け付くような空を「炎天」、ジッとしていても汗の吹き出る暑さを「油照り」などと表現して、微妙な暑さを表現しています。
夏の太陽が雨粒を輝かしながら降る雨を「白雨」また、突然の夕立が涼しさを運んできて「慈雨」となります。

地表の気温が上がって、入道雲が湧きはじめると、上昇気流が起こって、それを補うように周囲から風が吹き込みます。

特に海から陸に吹く風を「海風」 夕刻から夜にかけて反対の風を「陸風」、これの切り替わりで風が止むことを「朝凪:あさなぎ・夕凪:ゆうなぎ」といいます。

この時期、桐のつぼみが付き始め、油蝉がうるさく鳴き、さるすべりが真紅の見事な花を咲かせます。

120709_40.jpg

■「七十二候」■
◆初候「桐始結花」(きりはじめてはなをむすぶ)
◇桐の実が生り始める時節。

◆次候「土潤溽暑」(つちうるおいてあつし)
◇土が湿って蒸暑くなる時節。

◆末候「大雨時行」(たいうときにゆく)
◇時として大雨が降る時節。

■「季節の花」■
「蓮・はす」 睡蓮(すいれん)科 ハス属
蓮(はす)は、蜂巣(はちす)の略で、実の入る花床にはたくさんの穴があいていて、蜂の巣に似ていることがその名の所以です。原産はインド。アジアの多くの国の国花になっています。


100712_4.jpg夏の朝、水面まで花茎を伸ばして開花し、午後3時頃に閉じます。花の開閉は3回繰り返して4日目には花びらが散ります。泥中の根は蓮根(レンコン)です。また、花、葉、茎、種子も食用になります。

西方浄土「極楽」は神聖な蓮の池と信じられていることから寺の境内には蓮池を作ります。仏典の「蓮華」も同じで、仏像の台座にその形が用いられます。

※大賀ハス※
昭和26年(1951)岡山県出身の植物学者・大賀一郎は、千葉市内の泥炭層(弥生時代の地層)から、3粒の古代蓮の実を発見。翌年、うち1粒の発芽し開花に成功しました。その可憐な淡紅色の花は「大賀ハス」と名付けられたことは有名です。日本国内はもとより世界各地に分植され、博士の功績と生命の神秘を今に伝えています。

▼「ほのぼのと 舟押し出すや 蓮の中」 夏目漱石
▼「久方の 雨も降らぬか蓮葉(はちすば)に たまれる 水の玉に似たる見む(万葉集)」 新田部皇子

◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆
早いもので大暑の次の二十四節気は葉月8月「立秋」です。
平成28年の大雨の影響で、九州・中国地方で集中豪雨、土砂崩れなど被害が出ました。ここ数年各地で梅雨、台風など水害続きです。先祖からの土地で、ここは安全だと思える土地でも、土砂崩れや地すべりが起こることがあります。
避難場所の確認など、もしもの時の供えを心がけましょう。用心に越したことはありません。
皆様。暑さから暴飲暴食などくれぐれも控えて体調管理に心がけましょう。
読者の皆様、お体ご自愛専一の程
筆者敬白

◆二十四節気◆平成28年7月7日「小暑(しょうしょ)」です。◆
130627_22.jpg7月7日01時03分「小暑」です。旧暦6月、未(ひつじ)の月の正節で、新暦7月7日頃。天文学的には、太陽が黄経105度の点を通過するときをいいます。

梅雨明けが近づき、暑さが本格的になる頃で、「暦便覧」には「大暑来れる前なればなり」とあります。

夏至を境に日足は徐々に短くなりますが、日々それほど実感できません。夏の太陽が照り付けて、暑さは日増しに加わってきます。

小暑の日から「暑気」に入ります。小暑から立秋までの間が「暑中」で「暑中見舞い」はこの期間に送ります。

梅雨明け前の集中豪雨に見舞われることも多いので、注意が必要です。蓮の花が咲き始め、鷹の子が巣立ちの準備を始め、が鳴き始めます。

120609_41.jpg◇◇ 七 夕 ◇◇ 
古く中国から伝来した暦注です。 
当時は女の子が縫い物やお習字の上達をご祈願したお祭で、平安時代には宮廷行事でした。
七夕祭りの行事が広がったのは江戸時代です。穢れ(けがれ)を祓う信仰と結びついたものが現在の七夕の原型で、短冊に短歌や願い事を書く習慣は文字が上達するようにと願うものです。 

◆◆「七十二侯」◆◆
初候温風至」(おんぷう いたる):暖かい風が吹いて来る。
◇暑い風が吹いて来る時節。 
次候蓮始開」(はす はじめて はなさく)
◇蓮の花が開き始める時節。 
末候鷹乃学習」(たか すなわち がくしゅうす)
◇鷹の幼鳥が飛ぶことを覚える時節。

120609_42.jpg ◆◆「7月の花」◆◆
☆「朝顔」あさがお
開花時期は7月1日~10月10日頃。

原産は中国で、平安時代に日本に渡来しました。朝のうちだけ開花するので「朝顔」と呼ばれますが、日陰に咲くものは夕方まで咲き続けることもあります。

古代中国では高価な薬として牛と取引されたほどです。漢名を「牽牛」とする所以です。漢方では現在でも種子を下剤や利尿剤として使われています。

花言葉は「愛情」「平静」「結束」「短い愛」「はかない恋」など。

-----------------------------------------------
☆「半夏生」はんげしょう
Saururus の語源は、ギリシャ語の「sauros(トカゲ)+ oura(尾)」。トカゲの尾のような穂状の花を咲かせます。半夏生の頃になると、葉がペンキを塗ったかのように白くなることからそう呼ばれます。

花の時期に葉が白くなるのは、虫を誘うためで、夏が終われば葉はもとの緑色に戻ります。

「半化粧」「片白草」とも呼ばれます。開花時期は、7月1日~20日頃。山の水辺に群生することが多いですが、都会でも時々植えられてるのを見かけます。

------------------------------------------------
☆「鬼灯」ほおづき
花びらは五角形で、開花時期は6~7月。

オレンジ色の実の中に、オレンジ色の球体があり、これが本当の実です。「ほおつき」(頬突き)は、子供が口に入れて鳴らす頬の様子から名前がつきました。「鬼燈」「酸漿」とも書きます。
花言葉は「心の平安」「不思議」「自然美」「いつわり」。

◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆
東日本大震災の
平成23年、仙台七夕、秋田竿灯、青森ねぷたなど東北の祭りは縮小、中止を余儀なくされました。
東北の夏祭りは、全てが盂蘭盆の送り火や鎮魂の意が込められています。東北地方では未だに旧暦を基本にしていて、夏祭りは8月に集中します。元々先祖の霊を弔う行事が変化した東北の夏祭り、鎮魂と復興の願いを込めて、今年も夏祭りの季節がやってきます。

今年の夏は猛暑、夏風邪が流行りそうで、気配を感じたら早めの処置が大切です。

皆様、お体ご自愛専一の程
筆者敬白

◆二十四節気◆平成28年6月21日「夏至(げし)」です。◆
120528_71.jpg6月21日7時34分「夏至」です。旧暦5月、午の月の中気で、新暦6月21日頃。天文学的には太陽が黄経90度の点を通過するときをいいます。

太陽は赤道から最も北に離れ、北半球では南中高度が最も高くなります。この日、北半球では昼が最も長くなり、反対に夜が最も短くなります。

夏至は、夏季の真ん中にあり、ほとんどは梅雨の真っ盛りで、シトシト長雨が続きます。農家では田植えが繁忙を極めます。道端では菖蒲が咲き始め、半夏(はんげ)=からすびしゃくが葉を広げます。

「暦便覧」には「陽熱至極しまた、日の長きのいたりなるを以てなり」と記されています。しかし実際には梅雨の真っ只中なので、昼は長くても日照時間は冬よりも短いことが多いようです。

夏至線は北回帰線ともいい、北緯23度27分を走る線のことです。北上してきた太陽は、夏至の日にこの線の真上を通過し、以後再び南下します。
◇天文学的にみる「昼」とは◇
120528_72.jpg地球は地軸を軌道面と垂直な方向から約23.4度傾いて、太陽のまわりを自転しながら公転しています。太陽は、天の赤道から約23.4度傾いた黄道上を1年かけて一周するように見え、太陽の赤緯が変化します。
 
夏至の頃、北半球では昼が最も長くなり、南半球では最も昼が短くなります。反対の冬至の頃には、この逆になるのです。なので、日本が冬至の日は、南半球は夏至ということです。
 
昼と夜の長さの変化は、高緯度地域になるほど大きくなり、太陽がまったく沈まず一日中昼となる「白夜」と、太陽がまったく昇らない一日中夜となる「極夜」が生じます。
冬至の日は、北極圏全域で極夜となり、南極圏全域で白夜となります。ちなみに、赤道では、昼夜の長さはほとんど変化しません。
 
また、日の出、日の入りの定義が「太陽の上端が地平線または水平線に重なった瞬間」であること、さらに地平線や水平線付近では、大気の影響で「太陽が実際よりも上」に見えることから、春分・秋分の日でも、昼と夜の長さは等しくならず、昼が少しだけ長くなります。
 
日の入りの最も遅いのは夏至から7日後で、最も早いのは冬至の15日前になります。

120528_73.jpg◆◆夏至の頃の花◆◆
ザクロ(石榴、柘榴、若榴) ザクロ科 ザクロ属、落葉小高木、果実のこと。原産地は、西南アジアや南ヨーロッパカルタゴなど北アフリカなどはっきりしません。庭木などの観賞用ほか、果実は食用にもなります。

古くエジプトからギリシア時代には、ヨーロッパに広く伝わったとされる。東方へは、武帝の頃、紀元前2世紀の伝来。日本には延長元年(923)に中国から渡来したらしい。

食べられるのは果実で生食できる。果汁をジュースとしたり清涼飲料水の原料とするほか、料理などに用いられる。
花言葉:優美、円熟した優美、優雅な美しさ

◆◆◆ 編 集 後 記 ◆◆◆
6月下旬、二十四節季「夏至」の頃は「梅雨」の最中です。7月に入って梅雨が明ければ本格的な夏です。今年は、猛暑の予報で夏の電力事情が心配されます。

この時期、体調を崩しいやすい季節です。体調管理にはくれぐれもご注意ください。
読者の皆様、時節柄お体ごご自愛専一の程 

筆者敬白

◆二十四節気◆平成28年5月20日「小満(しょうまん)」です。◆syouman.jpg

5月20日23時26分「小満:しょうまん」です。旧暦4月、巳の月の中気で、立夏から15日目にあたります。

5月20~21日頃。天文学的には、太陽が黄経60度の点を通過するときをいいます。


万物が次第に成長して一定の大きさの達し、満ち始めるという意味から「小満」といわれます。
暦便覧」には「万物盈満(えいまん)すれば草木枝葉繁る」と記されています。
また一説には「小満」とは昨年秋にまいた麦の穂がつく頃で、「ほっと一安心して、もう少して満足する」といった云われもあります。

麦畑の穂が成長して緑黄色に色づき、山野の植物は花を散らして実を結びます。
田では苗を植える準備を始め、蚕が桑を盛んに食べ始めます。
この頃紅花が咲きほこり、日々ようやく暑さが加わり始める季節です。

GW明けの西日本では、蛍が姿を見せはじめ、小満を境に「走り梅雨」が始まる年もあります。
120430_62.jpg
◆小満芒種◆沖縄編
梅雨は南から始まり、九州や沖縄では梅雨入りを小満芒種(すーまんぼーすー)とも呼びます。
◆小満芒種◆東日本編
関東から東では、小満から芒種までの梅雨入り前(今年は5月下旬~6月中旬)が一年で最も過ごしやすい季節です。
薄暑(うっすらと汗をかく)の時期で、5月の南風「薫風」と併せて入梅前の過ごしやすい季節の例えです。

この頃から梅雨になる年が多く、降水量は「台風シーズン」とこれからの「梅雨時」との二つのピークがあります。豪雪地帯の日本海側一部の地域を除いて、これからを雨季と呼んでいい時期です。

■■「七十二候」■■
初候「蚕起食桑」(かいこ おこって くわを くらう):蚕が桑を盛んに食べ始める。
蚕が桑の葉を盛んに食べ始める時節。
次候「紅花栄」(こうか さかう):紅花が盛んに咲く。
紅花(べにばな)の紅黄色の頭花が盛んに咲く時節。
末候「麦秋至」(ばくしゅう いたる):麦が熟し麦秋となる。
麦が熟して畑一面が黄金色になる時節。初夏の爽やかな好季節。
麦秋=陰暦4月に異称。

◆◆小満の頃の花◆◆
☆ツツジ(躑躅)☆ツツジとはツツジ科の植物、ツツジ属の植物の総称。

140519_02.jpgドウダンツツジのようにツツジ科に属さない植物もツツジと呼ばれるものがある。
また、古くから、ツツジ属のツツジもサツキ、シャクナゲとを分けて呼んでいて、学術的な分類とは一致しない。長寿な樹木もあり、最も樹齢の古い古木は、800年を超え1,000年に及ぶと推定されている。

ツツジ属の植物は、4月から5月の春先にかけて先端が五裂している花を枝先につける。咲いた花を採ると、花片の下から蜜を吸うことができ、戦時中は子供たちの甘みとなっていた。一部レンゲツツジには毒があり、注意しなければならない。

◇◇◇◇編集後記◇◇◇◇
その昔、株式市場や商品相場を生業にする方々の間では、「素人の小満過ごし」と言われていました。
安心しているうちに、タイミングを見過ごさないように戒めた言葉です。
小満から芒種の時期、気候の良さから緊張感がなくなり安心てしまって、相場に限らず商売のタイミングを、みすみす逃す事に警鐘をならしています。
それほど良い気候が続いて、のほほんとしてしまいます。
6月には梅雨にはいります。
季節の変わり目、時節柄お体ご自愛専一の程
筆者敬白

事業再生

セントラル総合研究所
セントラル総研オフィシャル
返済猶予・リスケジュール
www.re-schedule.jp
八木宏之プロフィール
セントラル総研・八木宏之
株式会社セントラル総合研究所 代表取締役社長。連帯保証人制度見直し協議会発起人。NPO法人自殺対策支援センターLIFE LINK賛同者。
昭和34年、東京都生まれ。大学卒業後、銀行系リース会社で全国屈指の債権回収担当者として活躍。平成8年、経営者への財務アドバイスなどの経験を活かし、事業再生専門コンサルティング会社、株式会社セントラル総合研究所を設立。以来14年間、中小企業の「事業再生と敗者復活」を掲げ、9000件近い相談に応えてきた。
事業再生に関わる著書も多く出版。平成22年5月新刊『たかが赤字でくよくよするな!』(大和書房)をはじめ、『7000社を救ったプロの事業再生術』(日本実業出版)、『債務者が主導権を握る事業再生 経営者なら諦めるな』(かんき出版)、平成14年、『借りたカネは返すな!』(アスコム)はシリーズ55万部を記録。その他実用書など数冊を出版している。
著書の紹介はこちらから。

2017年3月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31