事業再生・会社再建・M&A・事業譲渡・会社分割・経営改善・債務・連帯保証問題に立ち向かうセントラル総合研究所・八木宏之のブログ

◇一週間の経済時事ダイジェスト◇2014/2/10~2014/2/15

このエントリーをはてなブックマークに追加  
weekly.jpg
日銀は13日,1月の国内企業物価指数が前年同月を2.4%上回り102.9となったことを発表。上昇は10ケ月連続で1月は平成20年12月以来の高水準となりました。住宅ニーズが堅調で製材や木製品が前年同月から14.4%と大きく上昇。石油製品も10.7%上昇しています。

世界的な日本食ブーム円安の追い風が加わり、昨年の農林水産物・食品輸出額は前年から22.4%増え5,506億円と過去最高を記録。中国や香港など40ケ国・地域では未だ原発事故に伴う輸入規制を設けており、政府の目指す年間1兆円の輸出には食の安全に対するアピールの継続が欠かせません。

厚生労働省は、企業の設備投資を促すため工場を建設する際に必要な認可書類の手続きを簡素化する方針を示しました。労働基準監督署への届出を廃止し、工場内の図面の簡素化を図り、アベノミクスの設備投資の税制優遇の相乗効果を狙います。

金融庁は、金融機関115行を対象に金融機関が抱える不良債権について調査。昨年9月末時点で不良債権は11兆円と平成14年3月時点の43兆円から4分の1に減少。アベノミクス効果で不動産市況が回復し担保物件の処理が進んでいるとみています。

今週の時事経済記事です。

weekly2.jpg比アキノ大統領、中国の南シナ海領有権主張に「ヒトラーだ!」に中国,日本を巻き込んで猛反発!
[2014.2.15配信]
米紙ニューヨーク・タイムズ紙は2月4日、フィリピンのアキノ大統領が南シナ海の領有権をめぐり中国との争いについて批判のコメントを国際面トップに掲載。記事は「ヒトラーのご機嫌を取るためにチェコがズデーデン・・・・・・・続きはこちらから

大型買収の「黒船」サーベラス日本市場撤退!国際興業、西武HD株売却
[2014.2.14配信]
米投資会社のサーベラス・キャピタル・マネジメント(Cerberus Capital Management, L.P.)は2月7、ホテルやバス事業を展開する傘下の国際興業の株式を、同社創業一族の会社に売却する手続きを完了しました。国際興業は、十数年前に約3,000億円の負債が負担となり経営危機に陥りましたが,サーベラスは当時の主力取引銀行の旧UFJ銀行から・・・・・・・続きはこちらから

景気動向指数、5年7ケ月ぶりの高水準!基準判断は「改善」/都知事選「原発ゼロ」より「景気・雇用」を支持
[2014.2.13配信]
内閣府は2月7日、昨年12月の景気動向指数CI(Composite Index:平成22年=100)が前月から1.0ポイント高い111.7と4ケ月連続上昇したことを発表。CIは、平成20年5月の113.5以来,5年7ケ月ぶりの・・・・・・・続きはこちらから

出だし好調、百貨店大手4社の売上高前年超え、外国人観光客の下支え、地方は惨敗
[2014.2.12配信]
百貨店大手4社(三越伊勢丹・大丸松坂屋.高島屋・そごう西武)は2月3日、1月の売上高(速報)が前年同月比2.1%〜10.5%増と大きく伸ばしたことを発表。正月には高額品を集めた福袋などが売れたほか,外国人観光客・・・・・・・続きはこちらから

M&Aなど海外資金ニーズで大企業の貸出残高は増加!業績改善見られぬ中小企業、地場産業は増加0.08%
[2014.2.11配信]
アベノミクス第3の矢である民間の投資を促すため,企業による設備投資拡大などに税制優遇を実現し、円滑な金融機関からの貸出が期待されています。大手銀行5グループの昨年12月末の貸出残高の合計は、前年同期比・・・・・・・続きはこちらから

日本文化の象徴「富士山」と最先端技術「リニア500km体験」で外国人観光客を継続誘致!ブームで終わらぬ観光地
[2014.2.10配信]
昨年、世界文化遺産に登録された富士山の地元では、長期的な観光誘致を目指しリニア中央新幹線の試乗を起爆剤に観光客数拡大に期待を高めています。山梨県立富士ビジターセンターによると、昨年6月に世界文化遺産登録・・・・・・・続きはこちらから

[2014.2.16]

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: ◇一週間の経済時事ダイジェスト◇2014/2/10~2014/2/15

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.h-yagi.jp/mt5/mt-tb.cgi/1612

コメントする

事業再生

セントラル総合研究所
セントラル総研オフィシャル
返済猶予・リスケジュール
www.re-schedule.jp
八木宏之プロフィール
セントラル総研・八木宏之
株式会社セントラル総合研究所 代表取締役社長。連帯保証人制度見直し協議会発起人。NPO法人自殺対策支援センターLIFE LINK賛同者。
昭和34年、東京都生まれ。大学卒業後、銀行系リース会社で全国屈指の債権回収担当者として活躍。平成8年、経営者への財務アドバイスなどの経験を活かし、事業再生専門コンサルティング会社、株式会社セントラル総合研究所を設立。以来14年間、中小企業の「事業再生と敗者復活」を掲げ、9000件近い相談に応えてきた。
事業再生に関わる著書も多く出版。平成22年5月新刊『たかが赤字でくよくよするな!』(大和書房)をはじめ、『7000社を救ったプロの事業再生術』(日本実業出版)、『債務者が主導権を握る事業再生 経営者なら諦めるな』(かんき出版)、平成14年、『借りたカネは返すな!』(アスコム)はシリーズ55万部を記録。その他実用書など数冊を出版している。
著書の紹介はこちらから。

2014年3月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31