事業再生・会社再建・M&A・事業譲渡・会社分割・経営改善・債務・連帯保証問題に立ち向かうセントラル総合研究所・八木宏之のブログ

「航空自衛隊」改め「航空宇宙自衛隊」へ改組!?国産新戦闘機の開発も本格化

このエントリーをはてなブックマークに追加  

令和時代を迎え、いきなり米国、イランを攻撃
令和2年を迎えた日本は、東京オリンピック・パラリンピック・イヤーでもあり、主だった国々では軍事的な動きを手控えるのが常でありましたが、新年早々、1月2日には米国防総省がイラン革命防衛隊の「コッズ部隊」のソレイマニ司令官を攻撃したと発表するなど紛争の火種は世界各国に燻った状態です。
米国、イラントップとの交渉可能な人物は日本の安倍首相だけだと海外メディアでも注目しており、今後の両国の間に立つ日本の外交が注視されています。

航空自衛隊、宇宙空間も防衛で活動領域が拡大
200110_1.jpg
さらに、安倍政権では新年早々、「航空自衛隊」を「航空宇宙自衛隊」に改組する案が明らかになり、米国が昨年12月に創設した「宇宙軍」に対応したものと考えられ、「航空自衛隊」の活動領域は大きく拡大することになります。
世界各国で紛争が起きてもおかしくない現在、宇宙では中国やロシアが宇宙空間での軍事利用を拡大させており、防衛省としても人工衛星での防衛など宇宙空間での防衛力強化が一つの判断としています。
すでに、中国やロシアは人工衛星に接近をし攻撃するキラー衛星や、衛星との通信妨害装置なども開発しています。

次期国産戦闘機の開発費も承認
この「未来の空」を守る次期国産戦闘機「Fー3」と称される開発が今年本格化する予定で、今年度予算で初期設計費用など約280億円が承認されました。
開発計画の名称も次世代戦闘機「NGF(ニュー・ジェネレーション・ファイター)」と変更され、完成予想図も公表されました。
「NGF」は、ステルス機能を持ち、これまで10年近く研究・開発されてきましたが、日本だけでの新戦闘機開発では、技術的、コスト的にも割が合わず、英国では共同開発を模索しつつ軍装備関係者が度々訪日しています。

中国の軍事技術、軍拡スピードがより早く
中国では、ステルス化されていない戦闘機を排気ノズルを改良しステルス化するなど軍事技術の進化は早く、空母建造を筆頭に軍艦の大量建造など軍拡のスピードはより早くなっています。
日本は戦後、昭和、平成の時代を戦争なく生活を送れましたが、米国やロシア、アジア、中東などの紛争に発展すればもはや他人事ではなく、日本経済に大きな影響を与えることになると考えられます。
令和の時代に入り、これまで通り戦争のない時代、平和を要請する日本となるよう望まれます。


[2020.1.10]

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 「航空自衛隊」改め「航空宇宙自衛隊」へ改組!?国産新戦闘機の開発も本格化

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.h-yagi.jp/mt5/mt-tb.cgi/3465

コメントする

事業再生

セントラル総合研究所
セントラル総研オフィシャル
返済猶予・リスケジュール
www.re-schedule.jp
八木宏之プロフィール
セントラル総研・八木宏之
株式会社セントラル総合研究所 代表取締役社長。連帯保証人制度見直し協議会発起人。NPO法人自殺対策支援センターLIFE LINK賛同者。
昭和34年、東京都生まれ。大学卒業後、銀行系リース会社で全国屈指の債権回収担当者として活躍。平成8年、経営者への財務アドバイスなどの経験を活かし、事業再生専門コンサルティング会社、株式会社セントラル総合研究所を設立。以来14年間、中小企業の「事業再生と敗者復活」を掲げ、9000件近い相談に応えてきた。
事業再生に関わる著書も多く出版。平成22年5月新刊『たかが赤字でくよくよするな!』(大和書房)をはじめ、『7000社を救ったプロの事業再生術』(日本実業出版)、『債務者が主導権を握る事業再生 経営者なら諦めるな』(かんき出版)、平成14年、『借りたカネは返すな!』(アスコム)はシリーズ55万部を記録。その他実用書など数冊を出版している。
著書の紹介はこちらから。

2020年1月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31