事業再生・会社再建・M&A・事業譲渡・会社分割・経営改善・債務・連帯保証問題に立ち向かうセントラル総合研究所・八木宏之のブログ

「セクハラ・パワハラ保険」販売急増!慰謝料に備え予備軍は未知数?

このエントリーをはてなブックマークに追加  

「#Me To」運動、世界的に拡大
181002_2.jpg
セクハラやパワハラなど、企業が従業員に訴えられ損害賠償を請求された際に、賠償金を備える「ハラスメント保険」の販売が急増しています。
数年前、米国で女性の勇気あるセクハラ告発に「#Me To(私も)」運動を発端とし全世界に拡大し、日本でもここ数年で、企業の経営者・管理者のほか、自治体、行政にまで告発する従業員、職員の報道が多くなってきました。
これは、「日本人はおとなしい」から「言いたいことは言う」と、日本の文化も少しずつグローバル化しているのではとも考えられます。

企業側、「損害賠償金や慰謝料、訴訟費用」を保障
「ハラスメント保険」は、正式名称「雇用慣行賠償責任保険」で、セクハラやパワハラに対し、管理責任や不当解雇を巡り、企業が従業員から訴えられた訴訟が対象となっており、損害賠償金や慰謝料、訴訟費用などを保障します。
保険会社は、企業に保険商品を販売し、保険料は企業が負担しますが、該当本人に負担なければこの問題は解決しないと考えられます。
例として、今年の報道でも、上司から度重なる暴言で退職した従業員が慰謝料を運送会社へ請求し、約200万円の保険金が支払らわれ、飲食店男性店長から長期に渡り、体を触られると言うセクハラを受けた女性従業員へは、約90万円の保険金が支払われた事例があります。

セクハラ・パワハラ保険加入企業、前年度の5割超え
三井住友海上火災保険と、あいおいニッセイ同和損害保険を傘下にもつMS&ADインシュアランスグループホールディングスによると、「雇用慣行賠償責任保険」の販売件数は、平成29年度に約2万件と前年度比で5割を超え、現在も問い合わせが多く今後も増加する見通しです。
これは、2年前に比べ2.5倍以上の伸びとなっており、企業の従業員の権利意識の高まりで、訴訟などのリスクの認識が中小企業にも浸透し始めていることがわかります。
中小企業においても人手不足などを原因とするトラブルなども、企業の懸念を強め保険商品購入を促しています。

厚労省、「法整備」か「ガイドライン策定」議論開始
厚生労働省の労働政策審議会は9月25日より、セクハラ、パワハラ対策の本格的な議論を始め、企業に義務付ける「法制化」するか、法的強制力のない「ガイドライン」に留めるか年内に具体案をまとめるとしています。
議論は、労使各々の代表と有識者らが参加し、労働者側は「法整備が必要」と主張し、経営者側は「ガイドライン策定が現実的」と白黒ハッキリ別れた意見で、年内に具体案が出されるか懸念されます。
181002_1.jpg
ただ、パワハラ被害は年々増加しており、全国の労働局へのパワハラ相談は約7万2,000件と6年連続で最多であることも事実であり、「心の病」で労災認定された労働者も増加していることから、今後の相互の論議が注目されます。


[2018.10.2]

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 「セクハラ・パワハラ保険」販売急増!慰謝料に備え予備軍は未知数?

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.h-yagi.jp/mt5/mt-tb.cgi/3304

コメントする

事業再生

セントラル総合研究所
セントラル総研オフィシャル
返済猶予・リスケジュール
www.re-schedule.jp
八木宏之プロフィール
セントラル総研・八木宏之
株式会社セントラル総合研究所 代表取締役社長。連帯保証人制度見直し協議会発起人。NPO法人自殺対策支援センターLIFE LINK賛同者。
昭和34年、東京都生まれ。大学卒業後、銀行系リース会社で全国屈指の債権回収担当者として活躍。平成8年、経営者への財務アドバイスなどの経験を活かし、事業再生専門コンサルティング会社、株式会社セントラル総合研究所を設立。以来14年間、中小企業の「事業再生と敗者復活」を掲げ、9000件近い相談に応えてきた。
事業再生に関わる著書も多く出版。平成22年5月新刊『たかが赤字でくよくよするな!』(大和書房)をはじめ、『7000社を救ったプロの事業再生術』(日本実業出版)、『債務者が主導権を握る事業再生 経営者なら諦めるな』(かんき出版)、平成14年、『借りたカネは返すな!』(アスコム)はシリーズ55万部を記録。その他実用書など数冊を出版している。
著書の紹介はこちらから。

2018年10月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31