事業再生・会社再建・M&A・事業譲渡・会社分割・経営改善・債務・連帯保証問題に立ち向かうセントラル総合研究所・八木宏之のブログ

家具通販フライミー:家具業界のゾゾタウン目指し設立6年!アイテムの多さと提案力で国内最大級サイトに

このエントリーをはてなブックマークに追加  

アイテムの多さと提案力
170829_1.jpg
家具のネット通販で注目を集める企業を紹介しましょう。フライミー((株)フライミー:東京都武蔵野市 坂本如矢社長)。デザイン性や機能性にこだわって消費者のニーズをつかんだほか、2万点を超えるアイテムの多さ、テレビドラマで使われた家具をまるごとコーディネートして販売するなどの提案力が、人気です。法人向けの売り込みも強化しています。

家具業界のゾゾタウン目指す
フライミーは平成23(2011)年設立。通販サイトは、平成24(2012)年に立ち上げました。当初、「家具業界のゾゾタウンをめざす」を目標として掲げていました。ゾゾタウンは、輸入レコード・CDのカタログ販売からネット通販に切り替えて成功した企業で、売上高は300億円、会員数は300万人以上と言われます。確かに、センスと使い勝手のよい商品を多数そろえる手法が共通しています。

場所を取る難点を逆手にネットを活用
家具は場所を取るため、実店舗で商品を豊富にそろえるのは難しい。フライミーは、それを逆手に取り、ネットを最大限に活用しました。家具やカーテンなどのインテリア雑貨は、ブランドだけでも「ジャーナルスタンダードファニチャー」「イデー」「エアウィーヴ」など約400あります。金属やガラスを用いた無機質でモダンなタイプの家具から、アンティーク調のものまで、画像映えする商品が提示されています。

アイデアで国内最大級サイトに
サイトの見せ方にも工夫をしました。人気の高かったドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』のリビングや寝室で使われた椅子や調理器具、照明などをまるごと再現して売り出すアイデアなどが、若い世代を中心に支持を集め、家具を中心とした通販では国内最大級に成長しました。


[2017.8.29]

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 家具通販フライミー:家具業界のゾゾタウン目指し設立6年!アイテムの多さと提案力で国内最大級サイトに

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.h-yagi.jp/mt5/mt-tb.cgi/3013

コメントする

事業再生

セントラル総合研究所
セントラル総研オフィシャル
返済猶予・リスケジュール
www.re-schedule.jp
八木宏之プロフィール
セントラル総研・八木宏之
株式会社セントラル総合研究所 代表取締役社長。連帯保証人制度見直し協議会発起人。NPO法人自殺対策支援センターLIFE LINK賛同者。
昭和34年、東京都生まれ。大学卒業後、銀行系リース会社で全国屈指の債権回収担当者として活躍。平成8年、経営者への財務アドバイスなどの経験を活かし、事業再生専門コンサルティング会社、株式会社セントラル総合研究所を設立。以来14年間、中小企業の「事業再生と敗者復活」を掲げ、9000件近い相談に応えてきた。
事業再生に関わる著書も多く出版。平成22年5月新刊『たかが赤字でくよくよするな!』(大和書房)をはじめ、『7000社を救ったプロの事業再生術』(日本実業出版)、『債務者が主導権を握る事業再生 経営者なら諦めるな』(かんき出版)、平成14年、『借りたカネは返すな!』(アスコム)はシリーズ55万部を記録。その他実用書など数冊を出版している。
著書の紹介はこちらから。

2017年11月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30