事業再生・会社再建・M&A・事業譲渡・会社分割・経営改善・債務・連帯保証問題に立ち向かうセントラル総合研究所・八木宏之のブログ

衣料品通販サイト「ゾゾタウン」のスタートトゥデイ急成長。年間取扱額2000億円でオンワードを凌駕

このエントリーをはてなブックマークに追加  

若者に人気のブランドを集める戦略
大手アパレル企業の不振を後目に、衣料品通販サイト「ゾゾタウン」を運営するスタートトゥデイ((株)スタートトゥディ:千葉県千葉市 前澤友作社長)が、急成長を続けています。ファッションは、世界でも最も売り上げが伸びている分野の一つ。その軸となる通販サイトを巡る競争が激化するなか、若者に人気のブランドを集める戦略に軍配があがった格好です。

年間取扱額2000億円、店舗販売を凌駕
170516_2.jpg
同社の平成29(2017)年3月期連結決算は、年間取扱額が2000億円を超えました。この額はアパレル最大手オンワードホールディングス((株)オンワードHD:東京都中央区 保元道宣社長)の売上高に匹敵し、営業利益の262億円は三越伊勢丹ホールディングス((株)三越伊勢丹HD:東京都新宿区 杉江俊彦社長)を上回りました。通販が、店頭販売を凌駕したと言えます。

収入の大半はゾゾタウンの手数料
スタートトゥデイの収入の大半は、ゾゾタウンに出店するアパレルからの手数料。ユナイテッドアローズ((株)ユナイテッドアローズ:東京都渋谷区 竹田光広社長)やビームス((株)ビームス:東京都新宿区 設楽洋社長)などのブランドが起爆剤になり、20~30歳代に衣料のネット購入を普及させました。センスのよさで消費者の心をつかみ、勝ち残ったわけです。

ネット通販急成長のなかで打つ次の一手
さて、今後ですが、やはり簡単な道ではないでしょう。楽天(楽天(株):東京都世田谷区 三木谷浩史社長)が平成28(2016)年、専用サイト「楽天ファッションスクエア」を開設し、さらに、その専用サイトを飛び出した企業が独自のサイトを始めて消費者に喜ばれる時代です。大手アパレルも自社のネット通販に注力してくるでしょう。次の一手をどう打つかが注目されます。


[2017.5.16

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 衣料品通販サイト「ゾゾタウン」のスタートトゥデイ急成長。年間取扱額2000億円でオンワードを凌駕

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.h-yagi.jp/mt5/mt-tb.cgi/2895

コメントする

事業再生

セントラル総合研究所
セントラル総研オフィシャル
返済猶予・リスケジュール
www.re-schedule.jp
八木宏之プロフィール
セントラル総研・八木宏之
株式会社セントラル総合研究所 代表取締役社長。連帯保証人制度見直し協議会発起人。NPO法人自殺対策支援センターLIFE LINK賛同者。
昭和34年、東京都生まれ。大学卒業後、銀行系リース会社で全国屈指の債権回収担当者として活躍。平成8年、経営者への財務アドバイスなどの経験を活かし、事業再生専門コンサルティング会社、株式会社セントラル総合研究所を設立。以来14年間、中小企業の「事業再生と敗者復活」を掲げ、9000件近い相談に応えてきた。
事業再生に関わる著書も多く出版。平成22年5月新刊『たかが赤字でくよくよするな!』(大和書房)をはじめ、『7000社を救ったプロの事業再生術』(日本実業出版)、『債務者が主導権を握る事業再生 経営者なら諦めるな』(かんき出版)、平成14年、『借りたカネは返すな!』(アスコム)はシリーズ55万部を記録。その他実用書など数冊を出版している。
著書の紹介はこちらから。

2017年11月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30