事業再生・会社再建・M&A・事業譲渡・会社分割・経営改善・債務・連帯保証問題に立ち向かうセントラル総合研究所・八木宏之のブログ

日立製作所、中国に競り勝ちイタリア鉄道2社を買収!安倍首相トップセールス、官民連携効果は絶大

このエントリーをはてなブックマークに追加  

航空・防衛で世界トップ10の傘下2社を買収
150310_1.jpg
日立製作所は、航空・防衛などの分野で世界トップ10に入るイタリアの製造会社・フィンメカニカ社との間で,同社傘下の鉄道関連2社を買収する契約を締結しました。
日立が買収するのは、フィンメカニカ社の子会社で鉄道の車両や信号システムを製造する「アンサルドブレダ社」。都市交通と高速鉄道の分野で強い力を持ち,米国などでも存在感を発揮しています。もう1社の「アンサルドSTS社」は、鉄道と地下鉄向けの信号装置や制御システムの設計や実装、管理で高い技術を持つ企業です。

日立は「鉄道」,フィンメカニカは「航空・防衛」に事業集中
日立製作所によると今回の契約締結は,鉄道の信号や運行管理システム事業などで世界的に競争力を高めたい同社と,航空・防衛・セキュリティ事業に集中したいフィンメカニカ社の思惑が一致。買収額は約2,600億円と日立製作所が手がける買収としては過去最大となります。
買収に当たっては、中国のIT企業と競合していましたが日本の信頼、技術力を認め,コスト安だけの中国は買収を逃しました。安倍首相は、昨年秋にイタリアを訪問した際に今回の買収案件にも言及。トップセールスが実を結びました。

日本勢、イタリア、カタールで鉄道事業受注、インドでも可能性大
官民挙げて海外の鉄道事業に力を入れる日本勢は、日立製作所がフィンメカニカ社傘下の2社を買収。カタールの首都ドーハの都市交通システムでは、三菱重工業や三菱商事など企業連合が受注。さらに、欧州や中国が狙うインドの高速鉄道計画をめぐり、同国政府の要人は日本の新幹線を採用する可能性に言及するなどインフラ輸出の朗報が相次いでいます。
世界各国では、新興国だけでなく米国など先進国でも鉄道整備の計画がめじろ押し。鉄道事業をめぐる激しい国際受注競争が今後も予測されます。

日立、鉄道事業売上高は2.5倍に拡大
これまで日立製作所は、英政府からロンドンの中心部と都市部を結ぶ高速鉄道の車両更新事業を受注するなど鉄道事業は拡大。今回の買収により日立製作所の鉄道事業全体の売上高は、これまでの約2.5倍の4,000億円になります。
現在、世界の鉄道市場ではカナダやフランス、ドイツなどのメーカーが高いシェア率を持っており、さらに中国メーカーも台頭しつつあります。日立製作所は、今回の買収で競争力を強化し欧米やアジア新興国などの市場でもさらなる受注拡大を目指します。


[2015.3.10]

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 日立製作所、中国に競り勝ちイタリア鉄道2社を買収!安倍首相トップセールス、官民連携効果は絶大

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.h-yagi.jp/mt5/mt-tb.cgi/2054

コメントする

事業再生

セントラル総合研究所
セントラル総研オフィシャル
返済猶予・リスケジュール
www.re-schedule.jp
八木宏之プロフィール
セントラル総研・八木宏之
株式会社セントラル総合研究所 代表取締役社長。連帯保証人制度見直し協議会発起人。NPO法人自殺対策支援センターLIFE LINK賛同者。
昭和34年、東京都生まれ。大学卒業後、銀行系リース会社で全国屈指の債権回収担当者として活躍。平成8年、経営者への財務アドバイスなどの経験を活かし、事業再生専門コンサルティング会社、株式会社セントラル総合研究所を設立。以来14年間、中小企業の「事業再生と敗者復活」を掲げ、9000件近い相談に応えてきた。
事業再生に関わる著書も多く出版。平成22年5月新刊『たかが赤字でくよくよするな!』(大和書房)をはじめ、『7000社を救ったプロの事業再生術』(日本実業出版)、『債務者が主導権を握る事業再生 経営者なら諦めるな』(かんき出版)、平成14年、『借りたカネは返すな!』(アスコム)はシリーズ55万部を記録。その他実用書など数冊を出版している。
著書の紹介はこちらから。

2015年3月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31