事業再生・会社再建・M&A・事業譲渡・会社分割・経営改善・債務・連帯保証問題に立ち向かうセントラル総合研究所・八木宏之のブログ

1匹で1億5千万円!マグロ初競り、史上最高値更新/築地市場豊洲移転、土壌汚染で1年延期

このエントリーをはてなブックマークに追加  

1キロ70万円!マグロ初競りで史上最高値/昨年の約3倍
130111_1.jpg
1月5日、東京・築地の中央卸売市場では今年初の取引となる「初競り」が開かれました。威勢のいい掛け声が飛ぶ初競りの様子は毎年報道でも取り上げられますが、今年は222kgの青森県大間産クロマグロが、1億5,540万円(1kg当たり70万円)で競り落とされたことが大きな話題となっています。
これまでに記録のあるマグロの最高値は昨年の5,649万円(同21万円)。それが今年の初競りで一気に3倍に跳ね上がろうとは予想だにしませんでした。

「日本を元気に」 落札した「すしざんまい」は定価販売の大盤振る舞い!
このマグロを競り落としたのは、昨年も最高値で落札したすしチェーン「すしざんまい」を運営する株式会社喜代村(東京都中央区築地4‐7‐5/代表取締役:木村清氏)。すしざんまいは、「マグロ大王」の愛称も持つ木村社長によるマグロの解体ショーでもおなじみです。
解体ショーのダイナミックさにも匹敵する凄まじい金額となった初マグロ。握り一貫は原価4万~5万円になる計算とのことですが、すしざんまいは同日、店頭で解体した後、128円からと通常価格で提供しました。木村社長は「良いマグロで日本を元気づけたい」と語っています。

宣伝狙った「ご祝儀相場」で高騰加速?
我々日本人に馴染んだ「庶民の味」であったマグロが、今や1億円の値が付けられるまでに至ったことには驚愕せずにはおれません。
マグロの価格高騰の背景には、ブランド化や世界的な需要増などもありますが、特に年末年始の時期は、大間がある津軽海峡は時化によって水揚げが少ないとのこと。初競りに出された大間産は、近年では最少の4匹でした。この品薄感に加え、最高値で落札する宣伝効果への期待もあり、高騰に拍車がかかった模様です。
元来、初競りでは「ご祝儀相場」といって、通常より高めの値が付けられます。ただ、この1億5千万円と、正に「桁外れ」の値に関して、消費者にとっては、愛すべきマグロが手の届かない高級品となることも心配されるところ。反面、関係者からは「魚自体の価値を決めるというセリ本来の趣旨を逸脱している」という意見も出ています。

築地市場の豊洲移転、土壌汚染対策で1年延期
東京都は平成26年度中に築地市場を江東区豊洲地区へ移転するとしていましたが、1年延期する方針を固めました。24年度に終了予定だった新市場予定地の土壌汚染対策工事が長引いていることが原因。移転延期に伴って、都は今年度中に実施する予定だった新施設の工事発注を来年度に先送りします。
新市場の完成は15年度中となる見込みで、敷地面積約40haで最高6階建ての商業施設の建設を予定していますが、これまで様々な曲折のあった市場移転問題。延期の方針を受け、また新たな議論を呼ぶかもしれません。


[2013.1.11]

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 1匹で1億5千万円!マグロ初競り、史上最高値更新/築地市場豊洲移転、土壌汚染で1年延期

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.h-yagi.jp/mt5/mt-tb.cgi/1149

コメントする

事業再生

セントラル総合研究所
セントラル総研オフィシャル
返済猶予・リスケジュール
www.re-schedule.jp
八木宏之プロフィール
セントラル総研・八木宏之
株式会社セントラル総合研究所 代表取締役社長。連帯保証人制度見直し協議会発起人。NPO法人自殺対策支援センターLIFE LINK賛同者。
昭和34年、東京都生まれ。大学卒業後、銀行系リース会社で全国屈指の債権回収担当者として活躍。平成8年、経営者への財務アドバイスなどの経験を活かし、事業再生専門コンサルティング会社、株式会社セントラル総合研究所を設立。以来14年間、中小企業の「事業再生と敗者復活」を掲げ、9000件近い相談に応えてきた。
事業再生に関わる著書も多く出版。平成22年5月新刊『たかが赤字でくよくよするな!』(大和書房)をはじめ、『7000社を救ったプロの事業再生術』(日本実業出版)、『債務者が主導権を握る事業再生 経営者なら諦めるな』(かんき出版)、平成14年、『借りたカネは返すな!』(アスコム)はシリーズ55万部を記録。その他実用書など数冊を出版している。
著書の紹介はこちらから。

2017年11月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30