事業再生・会社再建・M&A・事業譲渡・会社分割・経営改善・債務・連帯保証問題に立ち向かうセントラル総合研究所・八木宏之のブログ

リーマンショック以降低迷のM&A回復!九州・沖縄本社の企業前年同期比6%増

このエントリーをはてなブックマークに追加  

九州・沖縄、前年同期比6%増
170805_3.jpg
九州と沖縄地域の産業界に、新風が吹いています。M&A助言のレコフ((株)レコフ:東京都千代田区 稲田洋一社長)が、平成29(2017)年1~6月のM&A案件(資本参加や事業譲渡も含む)を集計したころ、九州・沖縄に本社を置く企業が関わるM&A(合併・買収)は、前年同期比6%増の67件でした。平成10(2008)年のリーマン・ショック後、低迷していたM&Aが回復しました。

効率化、知名度のアップ
ドラッグストアモリを展開するナチュラルホールディングス((株)ナチュラルHD:福岡県朝倉市 森信社長)が今年2月、同業で中国・四国地方を地盤とするザグザグ((株)ザグザグ:岡山県岡山市 森信社長)を買収。共同仕入れなどで効率化を図り、九州外でも存在感を高める戦略です。

買収により県域を越えて商圏を拡大
業務用油揚げ最大手のオーケー食品工業(オーケー食品工業株:福岡県朝倉市 大重年勝社長)も今年5月、味の素グループのベジプロフーズ(ベジプロフーズ(株):埼玉県比企郡 米田充社長)を買収。これは、関東での製品供給の円滑化が目的とみられます。不況の底を脱したのか、県域を越え、商圏を拡大しようとする買収が目立ちます。

人材を融通して相乗効果を狙う
人手不足が深刻な建設業界では、九州建設(九州建設(株):福岡県福岡市 得丸正英社長)が今年4月、愛知県の徳倉建設(徳倉建設(株):愛知県名古屋市 德倉正晴社長)の買収に応じました。国内外を問わず工事施工の人材を融通することで、グループ全体を挙げて相乗効果を創出することを狙っています。同業同士、弱い部分を補いながら生き残ろうということです。

回復するも1兆円には届かない
M&Aの回復とはいえ、平成29(2017)年上期、まだ、爆発力はありません。昨年は、コカ・コーラウエスト(コカ・コーラウエスト(株):福岡県福岡市 吉松民雄社長)とコカ・コーライーストジャパン(コカ・コーライーストジャパン(株):東京都港区 吉松民雄社長)の統合などで、1兆円企業が誕生しましたが、こうしたインパクトには届かない。もう少し雌伏の時期でしょうか。


[2017.8.5]

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: リーマンショック以降低迷のM&A回復!九州・沖縄本社の企業前年同期比6%増

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.h-yagi.jp/mt5/mt-tb.cgi/2985

コメントする

事業再生

セントラル総合研究所
セントラル総研オフィシャル
返済猶予・リスケジュール
www.re-schedule.jp
八木宏之プロフィール
セントラル総研・八木宏之
株式会社セントラル総合研究所 代表取締役社長。連帯保証人制度見直し協議会発起人。NPO法人自殺対策支援センターLIFE LINK賛同者。
昭和34年、東京都生まれ。大学卒業後、銀行系リース会社で全国屈指の債権回収担当者として活躍。平成8年、経営者への財務アドバイスなどの経験を活かし、事業再生専門コンサルティング会社、株式会社セントラル総合研究所を設立。以来14年間、中小企業の「事業再生と敗者復活」を掲げ、9000件近い相談に応えてきた。
事業再生に関わる著書も多く出版。平成22年5月新刊『たかが赤字でくよくよするな!』(大和書房)をはじめ、『7000社を救ったプロの事業再生術』(日本実業出版)、『債務者が主導権を握る事業再生 経営者なら諦めるな』(かんき出版)、平成14年、『借りたカネは返すな!』(アスコム)はシリーズ55万部を記録。その他実用書など数冊を出版している。
著書の紹介はこちらから。

2017年8月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31