事業再生・会社再建・M&A・事業譲渡・会社分割・経営改善・債務・連帯保証問題に立ち向かうセントラル総合研究所・八木宏之のブログ

安川電機:2018年2月連結営業利益370億円で過去最高更新/3つの「I」

このエントリーをはてなブックマークに追加  

3つの「I」で連結営業利益過去最高を更新
170616_1.jpg
3つの「I」を経営方針に掲げてきた安川電機((株)安川電機:福岡県北九州市 小笠原浩社長)の業績が、絶好調です。平成30(2018)年2月期の連結営業利益は370億円と、過去最高を更新する見込み。主力であるサーボモーターや産業用ロボットが牽引役で、技術革新や社会構造の変化を背景に伸びる大本命の銘柄としても、市場関係者の大きな関心を集めています。

iPhone必須、世界トップレベルの...
躍進の裏にある3つの「I」とは、「iPhone」「IoT」「Industrial automation(産業自動化)」です。1つ目のiPhoneでは、米アップル(カリフォルニア州 ティム・クックCEO)が、今秋にも新型機で、有機ELパネルの搭載やタッチボタンを廃止する見込み。素材や形状が変わると従来設備での生産は難しく、新たな製造装置が必要になります。その駆動に欠かせない「世界トップレベルのサーボモーター」の引き合いが増えているのです。

IoTでは「お家芸」で需要を伸ばす
2つ目は、あらゆるモノがインターネットにつながるIoT。通信技術の発達で、家電や社会インフラにセンサーを組み込んでデータを収集したり、遠隔操作したりする動きが広がっており、需要は世界的にうなぎ登りです。この半導体製造装置を動かす「モーター」も、安川電のお家芸です。

ロボット技術で産業自動化の波に
3つ目は産業自動化。日本や欧米は人手不足、中国は人件費の高騰と、従来型の生産方式が壁にぶつかっているのは周知のとおり。当然、産業用ロボットの活躍の場が広がるわけですが、安川電機は、ファナック(ファナック(株):山梨県南都留郡 稲葉善治CEO)やスイスのABB(チューリッヒ ジョー・ホーガン)、独KUKA(アウクスブルグ:ティル・ロイターCEO)と並び、世界の四大ロボットメーカーの一角をなす存在。時代の風が吹いているとはいえ、頼もしい限りです。


[2017.6.16]

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 安川電機:2018年2月連結営業利益370億円で過去最高更新/3つの「I」

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.h-yagi.jp/mt5/mt-tb.cgi/2930

コメントする

事業再生

セントラル総合研究所
セントラル総研オフィシャル
返済猶予・リスケジュール
www.re-schedule.jp
八木宏之プロフィール
セントラル総研・八木宏之
株式会社セントラル総合研究所 代表取締役社長。連帯保証人制度見直し協議会発起人。NPO法人自殺対策支援センターLIFE LINK賛同者。
昭和34年、東京都生まれ。大学卒業後、銀行系リース会社で全国屈指の債権回収担当者として活躍。平成8年、経営者への財務アドバイスなどの経験を活かし、事業再生専門コンサルティング会社、株式会社セントラル総合研究所を設立。以来14年間、中小企業の「事業再生と敗者復活」を掲げ、9000件近い相談に応えてきた。
事業再生に関わる著書も多く出版。平成22年5月新刊『たかが赤字でくよくよするな!』(大和書房)をはじめ、『7000社を救ったプロの事業再生術』(日本実業出版)、『債務者が主導権を握る事業再生 経営者なら諦めるな』(かんき出版)、平成14年、『借りたカネは返すな!』(アスコム)はシリーズ55万部を記録。その他実用書など数冊を出版している。
著書の紹介はこちらから。

2017年6月

        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30