事業再生・会社再建・M&A・事業譲渡・会社分割・経営改善・債務・連帯保証問題に立ち向かうセントラル総合研究所・八木宏之のブログ

◆二十四節気◆令和4年(2022)8月23日 処暑(しょしょ)です。◆

このエントリーをはてなブックマークに追加  

20220823_syosyo_01.jpg
◆二十四節季◆令和4年8月23日「処暑(しょしょ)」です。◆
20220823_syosyo_02.jpg
8月23日12時16分「処暑」です。旧暦7月、申(さる)の月の中気で、新暦8月23日頃。天文学的には、太陽が黄経150度の点を通過するときをいいます。

暑さがとどまる、止むの意から処暑といいます。涼風が吹きわたる初秋の頃で、暑さは峠を越えてようやく過ごしやすくなります。暦便覧では、「陽気とどまりて、初めて退きやまんとすれば也」と説いています。綿の花が開き、穀物が実り始め、収穫も目前といった時期です。
20220823_syosyo_03.jpg

また、この頃は「八朔」「二百十日」「二百二十日」と並び台風襲来の多い時期とされ、暴風雨に見舞われることが少なくありません。
日に日に北から秋の気配がしてきます。路端や河川敷ではススキが目立ち初め、秋をところどころに感じるようになります。どうやら秋はすぐそこまで来ていて、残暑厳しい中でも秋の気は感じられます。台風でさえも秋の気は感じられるものです。
20220823_syosyo_04.jpg

秋は感じ方で長くもあり、またあっと過ぎてしまうような短さの中に「もの悲しさ」をも含んでいるのでしょう。

」の字は、人がよりかかる台(机)に足を乗せている様を表わす漢字で、「安心している」「落ち着く」さまを表わしています。処暑は暑さがひと段落して、暑さが落ち着くということからの語源です。

■「七十二候」■
◇初候「綿柎開:めんぷひらく」
綿を包む咢(がく)が開く。綿を包むガクが開き始める時節。
柎(うてな)=「はなしべ」は古訓で、花のガクをいいます。また、はなぶさ。
◇次候「天地始粛」(てんちはじめてしじむ・しゅくす)
ようやく暑さが鎮まる。ようやく暑さが鎮まる時節。
◇末候「禾乃登」(かすなわちみのる):稲が実る。
穀物が実る時節。
20220823_syosyo_05.jpg
■■8月処暑の頃の花■■
綿(わた、Cotton plant)、葵(あおい)科、学名 Gossypium : わた属
Gossypium(ゴシピウム)は、ラテン語の「gossum(腫(は)れ物)」が語源。ボールのように膨らんだ実の形から。紀元前2500年頃から、古代インダス地方(インド)で繊維作物として栽培されていた。

開花後5週間くらいすると実が熟して、はじけて綿毛に包まれた種子を外に吹き出す。綿毛は、布地やふとん綿の原料となる。「綿100%」 綿は、世界の繊維材料の約7割を占める。その昔「腸」を「わた」と読み、衣類の中に綿毛を詰めることから、体の腸に見立てて「わた」と呼ぶようになった。「綿」の字は漢名の「葉綿」から。

・「棉」とも書く。英語では「コットン」。
・「しらぬひ  筑紫の綿は  身につけて  いまだは着ねど  暖かに見ゆ」 万葉集  沙弥満誓(※)

※沙弥満誓(さみのまんぜい、さみのまんせい):万葉歌人。生没年不詳。飛鳥時代から奈良時代、和銅年間にかけての貴族・僧・歌人。俗名は笠朝臣麻呂(かさのあそみまろ)。

◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆
8月後半になると、朝晩の涼しさを感じます。7月後半から8月は夏の花火大会のピークでした。花火大会に出かける浴衣姿も、処暑の頃になると想いのほか減ったように感じます。
処暑が過ぎると、これからは台風到来の季節です。

残暑の疲れが出て、食欲不振や精力減退の方に、お勧めは規則正しい生活です。
皆さん、お体ご自愛専一の程
筆者敬白

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: ◆二十四節気◆令和4年(2022)8月23日 処暑(しょしょ)です。◆

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.h-yagi.jp/mt5/mt-tb.cgi/3675

コメントする

事業再生

セントラル総合研究所
セントラル総研オフィシャル
返済猶予・リスケジュール
www.re-schedule.jp
八木宏之プロフィール
セントラル総研・八木宏之
株式会社セントラル総合研究所 代表取締役社長。連帯保証人制度見直し協議会発起人。NPO法人自殺対策支援センターLIFE LINK賛同者。
昭和34年、東京都生まれ。大学卒業後、銀行系リース会社で全国屈指の債権回収担当者として活躍。平成8年、経営者への財務アドバイスなどの経験を活かし、事業再生専門コンサルティング会社、株式会社セントラル総合研究所を設立。以来14年間、中小企業の「事業再生と敗者復活」を掲げ、9000件近い相談に応えてきた。
事業再生に関わる著書も多く出版。平成22年5月新刊『たかが赤字でくよくよするな!』(大和書房)をはじめ、『7000社を救ったプロの事業再生術』(日本実業出版)、『債務者が主導権を握る事業再生 経営者なら諦めるな』(かんき出版)、平成14年、『借りたカネは返すな!』(アスコム)はシリーズ55万部を記録。その他実用書など数冊を出版している。
著書の紹介はこちらから。

2022年8月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31