事業再生・会社再建・M&A・事業譲渡・会社分割・経営改善・債務・連帯保証問題に立ち向かうセントラル総合研究所・八木宏之のブログ

地方銀行がLinkers(Linkers)と提携:中小製造業支援に注力。大手・中小をつなぐサイトと提携

このエントリーをはてなブックマークに追加  
元企業のサポートは地銀の課題
160916_1.jpg
融資先の中小製造業をどう支援していくか。平成20(2008)年秋のリーマン・ショック以降、長らく回復基調に乗れない地元企業のサポートは、地方銀行にとって大きな課題です。
こうしたなか、大手企業と中小企業を結びつけるサービスを展開するリンカーズ(リンカーズ(株):東京都千代田区前田佳宏社長)などとの業務提携が、新たな動きになってきました。

サイトを経由し中小と大手をつなぐ
リンカーズとは、全国の中小企業の情報を集めたサイト「Linkers(リンカーズ)」を運営する企業です。
トヨタ自動車(トヨタ自動車(株):愛知県豊田市
豊田章男社長)や、富士フイルムホールディングス(富士フイルムHD(株):東京都港区助野健児社長)など大手企業から発注を受け、新商品開発などの際に必要な技術を持つ中小製造業と結びつける新たなサービスを展開します。平成26(2014)年以降、250件強の新ビジネスを生んできました。

決め手は自分たちにないネットワーク力
このネットワーク力に、各地の地銀が目をつけました。静岡銀行((株)静岡銀行:静岡市葵区中西勝則頭取)は今年8月、同社と業務提携し、県内の中小企業と国内外の大手企業をつなげることを期待しています。
近畿大阪銀行((株)近畿大阪銀行:大阪市中央区
中前公志社長)も、販路の開拓や業務拡大が困難な中小企業の支援として、同社に期待を寄せます。
紀陽銀行((株)紀陽銀行:和歌山市本町
松岡靖之頭取)は、業種別のデータベースを運営し、約3万5000社が登録する「イプロス」((株)イプロス:東京都港区岡田登志夫社長)との提携に乗り出しました。

速さと情報量で一歩先を行く民間
こうした企業間の"お見合い"には、経産省なども積極的に動いていますが、スピードと情報量の点で、民間が抜きんでています。
東日本大震災以来地位連携や「きずな」など、「つながり」の重要性が認識される時代になっていると言えます。

[2016.09.16]

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 地方銀行がLinkers(Linkers)と提携:中小製造業支援に注力。大手・中小をつなぐサイトと提携

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.h-yagi.jp/mt5/mt-tb.cgi/2629

コメントする

事業再生

セントラル総合研究所
セントラル総研オフィシャル
返済猶予・リスケジュール
www.re-schedule.jp
八木宏之プロフィール
セントラル総研・八木宏之
株式会社セントラル総合研究所 代表取締役社長。連帯保証人制度見直し協議会発起人。NPO法人自殺対策支援センターLIFE LINK賛同者。
昭和34年、東京都生まれ。大学卒業後、銀行系リース会社で全国屈指の債権回収担当者として活躍。平成8年、経営者への財務アドバイスなどの経験を活かし、事業再生専門コンサルティング会社、株式会社セントラル総合研究所を設立。以来14年間、中小企業の「事業再生と敗者復活」を掲げ、9000件近い相談に応えてきた。
事業再生に関わる著書も多く出版。平成22年5月新刊『たかが赤字でくよくよするな!』(大和書房)をはじめ、『7000社を救ったプロの事業再生術』(日本実業出版)、『債務者が主導権を握る事業再生 経営者なら諦めるな』(かんき出版)、平成14年、『借りたカネは返すな!』(アスコム)はシリーズ55万部を記録。その他実用書など数冊を出版している。
著書の紹介はこちらから。

2017年5月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31