事業再生・会社再建・M&A・事業譲渡・会社分割・経営改善・債務・連帯保証問題に立ち向かうセントラル総合研究所・八木宏之のブログ

スマホ商品券:壱岐、五島/「しまとく通貨」スタート。来島者数と観光消費額増に照準

このエントリーをはてなブックマークに追加  
離島の誘致秘策が11月スタートshimatoku.jpg
長崎の離島が、観光客誘致の"秘策"として、今年11月、スマートフォンでプレミアム付き商品券「しまとく通貨」を購入できるサービスに乗り出します。

しまとく通貨はお得感があり、人気でしたが、購入や換金に時間がかかりました。電子化で職員の負担も減るでしょう。

観光消費額は16%、来島者数は10%の伸び
しまとく通貨は、たとえば5000円分を購入すると、1000円の特典がつき、計6000円分の買い物ができます。壱岐市や五島市など離島市町で使えます。
しまとく通貨を導入してから、北関東や関西など遠方からの観光客が増え、観光消費額は16%、来島者数は10%も伸びました。
一方で、利用者からは「購入の際に窓口で並ぶのが大変」など不便さの声、店側からも「紙のチケットを商工会議所などに赴き換金しなければならないのが不便」との声がありました。

giftee.png電子化することでビッグデータの活用
これを解決する手段が、電子化です。手掛けるのは、メールなどで贈り物をするサービスを担ってきたギフティ((株)ギフティ:東京都品川区太田睦代表取締役)と、商品券の発行・販売のJ&Jギフト((株)J&Jギフト:東京都豊島区森悟朗社長)。そして、長崎県内の離島市町で組織する「しま共通地域通貨発行委員会」の3者。

交通系ICカードを参考にしました。電子化により、どんな人がチケットを使ったのかなどのデータ管理も可能になります。

離島の"遠さ"をはねのける知恵
離島のビジネスのネックになるのが、場所の"遠さ"で不便さです。観光では人を呼ぶ難しさがあり、地場産業の市場拡大では、物流や倉庫の増設などにコストがかかる。
それでも島の人々は、あの手この手の策を練って地域振興しています。「スマホ商品券」のモデルケースになって欲しいものです。

[2016.08.24]

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: スマホ商品券:壱岐、五島/「しまとく通貨」スタート。来島者数と観光消費額増に照準

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.h-yagi.jp/mt5/mt-tb.cgi/2609

コメントする

事業再生

セントラル総合研究所
セントラル総研オフィシャル
返済猶予・リスケジュール
www.re-schedule.jp
八木宏之プロフィール
セントラル総研・八木宏之
株式会社セントラル総合研究所 代表取締役社長。連帯保証人制度見直し協議会発起人。NPO法人自殺対策支援センターLIFE LINK賛同者。
昭和34年、東京都生まれ。大学卒業後、銀行系リース会社で全国屈指の債権回収担当者として活躍。平成8年、経営者への財務アドバイスなどの経験を活かし、事業再生専門コンサルティング会社、株式会社セントラル総合研究所を設立。以来14年間、中小企業の「事業再生と敗者復活」を掲げ、9000件近い相談に応えてきた。
事業再生に関わる著書も多く出版。平成22年5月新刊『たかが赤字でくよくよするな!』(大和書房)をはじめ、『7000社を救ったプロの事業再生術』(日本実業出版)、『債務者が主導権を握る事業再生 経営者なら諦めるな』(かんき出版)、平成14年、『借りたカネは返すな!』(アスコム)はシリーズ55万部を記録。その他実用書など数冊を出版している。
著書の紹介はこちらから。

2017年5月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31