事業再生・会社再建・M&A・事業譲渡・会社分割・経営改善・債務・連帯保証問題に立ち向かうセントラル総合研究所・八木宏之のブログ

女性経営者/経営を引き継ぐ。ものづくりの現場で弱点を、新発想で強みに!

このエントリーをはてなブックマークに追加  
新たな中小企業の若き女性社長の今takeuchisyachou.jpg
女性社長の活躍は、今に始まったことではありません。きめ細やかさ、男勝りの突破力、女性ならではの発想や独自性が、しばしば取り上げられてきました。
今回は、中堅・中小の製造業で、既存市場が伸び悩むなか、新たな「女性の力」を発揮する30歳代社長の仕事に着目します。

突っ張り棒製造会社の新機軸
収納用の突っ張り棒を製造する平安伸銅工業(平安伸銅工業(株):大阪市中央区竹内香予子社長)。新ブランド「LABRICO(ラブリコ)」を立ち上げ、先日、東京で"体験型"のイベントを開きました。

ラブリコは、住宅用の木材の両端に取り付ける調整具です。扱いは簡単で、工具も不要。木材は天井と床に押し当てて固定するため、耐震上も安心。左右に柱を伸ばしたい場合は、ラブリコで接ぎ木し、組み合わせれば、棚ができます。

女性顧客をターゲットに付加価値
要は、突っ張り棒の応用なのですが、小型で、なんともおしゃれで、部屋のインテリアともマッチします。
竹内社長は33歳で、社長3年目。家業の突っ張り棒について、同世代の友人に「安くても要らないと」言われ、女性顧客をイメージしつつ、付加価値をつける方策を練りました。
同社の年間売上高は21億円ですが、この新ブランドで1億円の売り上げを目指します。

konpeitou.jpg本業の弱みをもの強みに
金平糖製造の大阪糖菓(大阪糖菓(株):大阪府八尾市 野村しおり社長)は、野村社長は39歳で、平成26(2014)年末に社長に就任。今年から、粉糖を混ぜた洗顔せっけんやリップクリームを商品化し、「潤いが保ちやすい」と大人気です。

少子化や砂糖離れで低迷する本業のいわば"弱み"を、ものづくりの武器に変えました。こうなると、本業との相乗効果も期待できる。若い個性的なアイデアに出会うたび、ついうれしくなってしまいます。

[2016.07.27]

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 女性経営者/経営を引き継ぐ。ものづくりの現場で弱点を、新発想で強みに!

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.h-yagi.jp/mt5/mt-tb.cgi/2585

コメントする

事業再生

セントラル総合研究所
セントラル総研オフィシャル
返済猶予・リスケジュール
www.re-schedule.jp
八木宏之プロフィール
セントラル総研・八木宏之
株式会社セントラル総合研究所 代表取締役社長。連帯保証人制度見直し協議会発起人。NPO法人自殺対策支援センターLIFE LINK賛同者。
昭和34年、東京都生まれ。大学卒業後、銀行系リース会社で全国屈指の債権回収担当者として活躍。平成8年、経営者への財務アドバイスなどの経験を活かし、事業再生専門コンサルティング会社、株式会社セントラル総合研究所を設立。以来14年間、中小企業の「事業再生と敗者復活」を掲げ、9000件近い相談に応えてきた。
事業再生に関わる著書も多く出版。平成22年5月新刊『たかが赤字でくよくよするな!』(大和書房)をはじめ、『7000社を救ったプロの事業再生術』(日本実業出版)、『債務者が主導権を握る事業再生 経営者なら諦めるな』(かんき出版)、平成14年、『借りたカネは返すな!』(アスコム)はシリーズ55万部を記録。その他実用書など数冊を出版している。
著書の紹介はこちらから。

2016年7月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31