事業再生・会社再建・M&A・事業譲渡・会社分割・経営改善・債務・連帯保証問題に立ち向かうセントラル総合研究所・八木宏之のブログ

プラントオパール発見:世界初、植物の宝石発見/高校生リケジョ!、クワの葉からプラントオパール

このエントリーをはてなブックマークに追加  

クワからの発見は世界初!
160304_1.jpg
 若者たちの挑戦は、時として驚くような結果を生みます。早稲田大本庄高等学院(埼玉県本庄市)の女子生徒が、クワの葉から「植物の宝石」と言われる鉱物「プラントオパール」を見つけました。クワから確認されるのは世界初で、論文が植物学の国際的な専門誌に掲載されました。

 クワはカイコの餌になる植物。プラントオパールはケイ酸の結晶です。分子構造が安定しており、地中の根から取りこんだ水に含まれている場合、植物が枯れても結晶が残ります。すでにイネの葉で発見されており、そのイネが数年前、どの地域で栽培されたかを知る手がかりになるとして、考古学で注目されました。クワからの発見も新たな可能性を拓くでしょう。

有志の研究が後輩に引き継がれ、結実
この研究は、理数教育を重点化した「スーパーサイエンスハイスクール(SSH)」の指定校である同校で、2010年にスタート。生徒の有志が、校内に自生しているクワの葉が多様な形を持っていることに着目して研究し、その研究は後輩に受け継がれました。13年9月、顕微鏡をのぞいていた女生徒が、約50マイクロメートルの鉱物を発見。運営指導員を務める早大准教授がその元素を分析し、プラントオパールだと判明します。さらに、2000枚以上の葉を観察したデータが補強され、英語の論文が専門誌「Flora」に採用されました。

大学を卒業した学生に、大学生活について尋ねたリクルートの調査で、「(自分が)成長した」という回答は、理系女子が84.8%でトップ。挑戦し、発見し、コツコツと、あきらめず、研究を引き継ぐ。「リケジョ」たちの優れた資質が、ここにも伺えるように思います。

[2016.3.4]

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: プラントオパール発見:世界初、植物の宝石発見/高校生リケジョ!、クワの葉からプラントオパール

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.h-yagi.jp/mt5/mt-tb.cgi/2453

コメントする

事業再生

セントラル総合研究所
セントラル総研オフィシャル
返済猶予・リスケジュール
www.re-schedule.jp
八木宏之プロフィール
セントラル総研・八木宏之
株式会社セントラル総合研究所 代表取締役社長。連帯保証人制度見直し協議会発起人。NPO法人自殺対策支援センターLIFE LINK賛同者。
昭和34年、東京都生まれ。大学卒業後、銀行系リース会社で全国屈指の債権回収担当者として活躍。平成8年、経営者への財務アドバイスなどの経験を活かし、事業再生専門コンサルティング会社、株式会社セントラル総合研究所を設立。以来14年間、中小企業の「事業再生と敗者復活」を掲げ、9000件近い相談に応えてきた。
事業再生に関わる著書も多く出版。平成22年5月新刊『たかが赤字でくよくよするな!』(大和書房)をはじめ、『7000社を救ったプロの事業再生術』(日本実業出版)、『債務者が主導権を握る事業再生 経営者なら諦めるな』(かんき出版)、平成14年、『借りたカネは返すな!』(アスコム)はシリーズ55万部を記録。その他実用書など数冊を出版している。
著書の紹介はこちらから。

2017年5月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31