事業再生・会社再建・M&A・事業譲渡・会社分割・経営改善・債務・連帯保証問題に立ち向かうセントラル総合研究所・八木宏之のブログ

東京産「カカオ」:小笠原村で量産化が実現!/平塚製菓×農園の偉業達成に拍手。

このエントリーをはてなブックマークに追加  

限定地域でしか栽培できなかった
160302_1.jpg
「東京産カカオ」。なんとも夢のあるネーミングです。チョコレートの原料になるカカオの国内生産を、埼玉県草加市の菓子メーカー「平塚製菓」が実現させました。「カカオベルト」と呼ばれる、赤道を中心とした南北20度以内の限られたエリアでしか栽培できなかったカカオ。世界的に需要が増えているなか、民間企業の不断の努力が壁を突破したのです。
 
平塚製菓は、創業115年。菓子の相手先ブランドによる生産(OEM)を中心に、チョコレートや焼き菓子、ウェハースなどの生産、委託加工、開発を手がけています。昭和20年代には、フォンダンにスイートチョコレートをかぶせ、銀紙で包んだ、通称「玉チョコ」が人気でした。「平塚チョコレート」もロングセラー。アルバイト、パートを含めた従業員は200人です。
 
小笠原村で実現、初の東京産カカオ!
 平塚正幸社長は2010年、東京産のカカオを使ったチョコレートをつくろうと発想しました。小笠原諸島の母島(小笠原村)で、村の農園経営者と意気投合し、カカオの栽培を始めます。同年は、発芽したカカオの木167本がすべて枯れました。翌年も失敗。大規模農園の整備から塩害を防ぐための特別なビニールハウスまで一つ一整え、11年、ハウスの1号棟が完成します。翌年4月に栽培が本格化し、13年10月、待望の「初カカオ」が収穫されました。その後も、発酵・乾燥などで試行錯誤を続けた末、板チョコ1万5000枚分に相当する0.5トンのカカオ豆の収穫にこぎ着けたのです。無農薬、ヘルシー、フルーティーと、魅力にあふれています。
 プロジェクトへの総投資費用は、1億5000万円にのぼりました。補助金にも頼らず達成した偉業に拍手を送りたいと思います。

[2016.3.2]

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 東京産「カカオ」:小笠原村で量産化が実現!/平塚製菓×農園の偉業達成に拍手。

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.h-yagi.jp/mt5/mt-tb.cgi/2451

コメントする

事業再生

セントラル総合研究所
セントラル総研オフィシャル
返済猶予・リスケジュール
www.re-schedule.jp
八木宏之プロフィール
セントラル総研・八木宏之
株式会社セントラル総合研究所 代表取締役社長。連帯保証人制度見直し協議会発起人。NPO法人自殺対策支援センターLIFE LINK賛同者。
昭和34年、東京都生まれ。大学卒業後、銀行系リース会社で全国屈指の債権回収担当者として活躍。平成8年、経営者への財務アドバイスなどの経験を活かし、事業再生専門コンサルティング会社、株式会社セントラル総合研究所を設立。以来14年間、中小企業の「事業再生と敗者復活」を掲げ、9000件近い相談に応えてきた。
事業再生に関わる著書も多く出版。平成22年5月新刊『たかが赤字でくよくよするな!』(大和書房)をはじめ、『7000社を救ったプロの事業再生術』(日本実業出版)、『債務者が主導権を握る事業再生 経営者なら諦めるな』(かんき出版)、平成14年、『借りたカネは返すな!』(アスコム)はシリーズ55万部を記録。その他実用書など数冊を出版している。
著書の紹介はこちらから。

2016年3月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31