事業再生・会社再建・M&A・事業譲渡・会社分割・経営改善・債務・連帯保証問題に立ち向かうセントラル総合研究所・八木宏之のブログ

重力波:初観測!「LIGO(ライゴ)」マサチューセッツ工科大など国際研究チーム/アインシュタイン予言の「最後の宿題」

このエントリーをはてなブックマークに追加  

アインシュタインの「最後の宿題」
160229_1.jpg
学生時代、物理学者、アインシュタインの一般相対性理論に魅了されたものです。彼が100年前に予言し、「最後の宿題」として探索が続いていた「重力波」を、米国マサチューセッツ工科大などの国際研究チーム「LIGO(ライゴ)」がついに直接的に観測しました。一般相対性理論の正しさを裏付けると共に、光や電波では観測できなかった新しい天文学が発展します。

 重力波は、ブラックホールなど質量の非常に大きな物体が動く時、周りの時間と空間(時空)がゆがみ、そのゆがみが"波"のように周囲に伝わる現象です。私たちが動くだけでも重力波は生じますが、そのゆがみは非常に小さく、とても観測できません。星の合体や超新星爆発など巨大な世界であっても、太陽と地球の間の距離を、1億分の1センチ変化させる程度なのです。
 
重力波の研究がすごい技術を生み出す可能性も
 アインシュタインは、1915から16年にかけて発表した一般相対性理論に基づき、その存在を予言しました。一般相対性理論は、天体の動きや宇宙の膨張、ブラックホールの観測などからその正しさが証明されてきましたが、重力波の直接観測だけは、20世紀中に実現できませんでした。LIGOの装置は、1辺4キロの管をL字形に配置したもの。日本でも、東京大宇宙線研究所などが大型低温重力波望遠鏡「KAGRA(かぐら)」(岐阜県飛騨市)の建設を進めており、ノーベル物理学賞を受賞した梶田隆章・同所長らが重力波の検出を目指しています。

相対性理論は、現在の全地球測位システム(GPS)につながりました。重力波の研究も、将来、想像もつかない技術を生み出すかもしれません。

[2016.2.29]

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 重力波:初観測!「LIGO(ライゴ)」マサチューセッツ工科大など国際研究チーム/アインシュタイン予言の「最後の宿題」

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.h-yagi.jp/mt5/mt-tb.cgi/2448

コメントする

事業再生

セントラル総合研究所
セントラル総研オフィシャル
返済猶予・リスケジュール
www.re-schedule.jp
八木宏之プロフィール
セントラル総研・八木宏之
株式会社セントラル総合研究所 代表取締役社長。連帯保証人制度見直し協議会発起人。NPO法人自殺対策支援センターLIFE LINK賛同者。
昭和34年、東京都生まれ。大学卒業後、銀行系リース会社で全国屈指の債権回収担当者として活躍。平成8年、経営者への財務アドバイスなどの経験を活かし、事業再生専門コンサルティング会社、株式会社セントラル総合研究所を設立。以来14年間、中小企業の「事業再生と敗者復活」を掲げ、9000件近い相談に応えてきた。
事業再生に関わる著書も多く出版。平成22年5月新刊『たかが赤字でくよくよするな!』(大和書房)をはじめ、『7000社を救ったプロの事業再生術』(日本実業出版)、『債務者が主導権を握る事業再生 経営者なら諦めるな』(かんき出版)、平成14年、『借りたカネは返すな!』(アスコム)はシリーズ55万部を記録。その他実用書など数冊を出版している。
著書の紹介はこちらから。

2016年3月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31