事業再生・会社再建・M&A・事業譲渡・会社分割・経営改善・債務・連帯保証問題に立ち向かうセントラル総合研究所・八木宏之のブログ

新国立競技場のデザインが決定! "トラブル続きの五輪"を払拭するような名建築を期待したい。

このエントリーをはてなブックマークに追加  

丹下健三の後は、隈研吾デザインで決定
160108_01.jpg
すったもんだの末、2020年東京五輪・パラリンピックのメイン会場となる新国立競技場のデザインが決まりました。2つ出されたA案、B案のうち、大成建設などが提案した「A案」です。日本スポーツ振興センター(JSC)の大東和美理事長が、安倍首相に報告し、了承されました。
 
 デザインは、建築家の隈(くま)研吾氏です。国産スギを多用し、神宮外苑の豊かな緑と一体化できるよう、高さを50メートル以下に抑えました。水平に重ねた深い軒ひさしに特徴があり、伝統的な日本建築を表現しています。JSCは、業者側と設計委託契約を結び、基本設計・実施設計、本体工事着工へ進みます。安倍首相は「世界の人々に感動を与えるメインスタジアム、次世代に誇れるレガシー(遺産)に」と関係者を激励し、手綱を締めました。
 
旧案より1000億安く、B案より7億安い
 正直なところ、B案を推す声も、私の周囲に多くあります。A案が有利なのは、なんと言っても、費用でしょうね。廃案になった旧案は、総工費が2500億円超。A案は、それより約1000億円安い約1490億円で、竹中工務店と清水建設、大林組グループが提案したB案より7億円安い。工期もわずかに短い。今回は、ここが強烈なアピールポイントになりました。
 
 耐久性、臨場感、環境との調和、観戦時の心地よさ、五輪後の利用計画......。メイン会場に求められるもののハードルは高い。一流選手のためだけでなく、障害のある人にも使いやすいユニバーサルデザインの施設、日本の "おもてなし"感覚も生かしてほしい。今後の基本設計や実施設計で、国民の期待がまさか裏切られることがないよう、見守っていくしかありません。

[2016.1.8]

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 新国立競技場のデザインが決定! "トラブル続きの五輪"を払拭するような名建築を期待したい。

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.h-yagi.jp/mt5/mt-tb.cgi/2391

コメントする

事業再生

セントラル総合研究所
セントラル総研オフィシャル
返済猶予・リスケジュール
www.re-schedule.jp
八木宏之プロフィール
セントラル総研・八木宏之
株式会社セントラル総合研究所 代表取締役社長。連帯保証人制度見直し協議会発起人。NPO法人自殺対策支援センターLIFE LINK賛同者。
昭和34年、東京都生まれ。大学卒業後、銀行系リース会社で全国屈指の債権回収担当者として活躍。平成8年、経営者への財務アドバイスなどの経験を活かし、事業再生専門コンサルティング会社、株式会社セントラル総合研究所を設立。以来14年間、中小企業の「事業再生と敗者復活」を掲げ、9000件近い相談に応えてきた。
事業再生に関わる著書も多く出版。平成22年5月新刊『たかが赤字でくよくよするな!』(大和書房)をはじめ、『7000社を救ったプロの事業再生術』(日本実業出版)、『債務者が主導権を握る事業再生 経営者なら諦めるな』(かんき出版)、平成14年、『借りたカネは返すな!』(アスコム)はシリーズ55万部を記録。その他実用書など数冊を出版している。
著書の紹介はこちらから。

2016年1月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31