事業再生・会社再建・M&A・事業譲渡・会社分割・経営改善・債務・連帯保証問題に立ち向かうセントラル総合研究所・八木宏之のブログ

新生銀行、「レイク」とは別ブランドの消費者金融ブランドの設立検討!公的資金返済にも意欲

このエントリーをはてなブックマークに追加  

グループ会社の顧客基盤を強化
150619_1.jpg
新生銀行の社長に6月17日付で就任した工藤社長は、消費者金融事業の拡大に向け、カードローン「レイク」とは別ブランドを検討していることを明らかにしました。レイクの利用客よりも収入の高い新生銀行の顧客層を取り込み、グループ会社間の顧客基盤の相互活用を進める方針です。
国内では法人向け融資の利ざやが縮小するなか,カードローンの貸出金利息はフループ全体の4割に占めており,同社長は、「消費者金融事業の強化は今後の戦略の重要な要素となる」と述べました。

地方の資金ニーズに対応
工藤社長は,アベノミクスが掲げる「地方創生」により、各地で資金ニーズが生まれていることから、地域金融機関と連携を強化する方針も示しました。
平成18年以降,貸金業者に対して改正貸金業法が段階的に施行。さらに利息返還請求が増大したことで、消費者金融の信用供与額は法改正前の4割以下の水準まで落ち込みました。その一方,金融機関が主導する形で消費者金融市場に徐々に底入れに向かう兆しが見え始めています。

市場拡大拒む改正貸金業法
消費者金融市場は、借入ニーズの拡大に再び拡大する公算が大きいものの、総量規制や上限金利規制など改正貸金業法が存続すれば限定的なものになりかねません。返済能力のある借り手の資金ニーズまでも制約される副作用が生まれています。
ここ数年、大手行が傘下の消費者金融と連携し、金融機関本体での消費者ローンは拡大。異業種の金融機関やネット専業銀行も独自の戦略で顧客の取り込みを行っています。

個人向け金融サービスを拡充
新生銀行は,個人向けに住宅ローンや預金、投信,消費者金融、クレジットカードなど幅広く金融商品のサービスを提供しています。消費者金融事業の拡大に向け新たなブランドを設立する計画です。
新生銀行は平成10年に経営破綻した日本長期信用銀行が公的資金を受け平成12年に新生銀行として再スタート。公的資金の返済の目処はたっていないものの、新たな消費者金融ビジネスに収益を求めます。

[2017.6.19]

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 新生銀行、「レイク」とは別ブランドの消費者金融ブランドの設立検討!公的資金返済にも意欲

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.h-yagi.jp/mt5/mt-tb.cgi/2168

コメントする

事業再生

セントラル総合研究所
セントラル総研オフィシャル
返済猶予・リスケジュール
www.re-schedule.jp
八木宏之プロフィール
セントラル総研・八木宏之
株式会社セントラル総合研究所 代表取締役社長。連帯保証人制度見直し協議会発起人。NPO法人自殺対策支援センターLIFE LINK賛同者。
昭和34年、東京都生まれ。大学卒業後、銀行系リース会社で全国屈指の債権回収担当者として活躍。平成8年、経営者への財務アドバイスなどの経験を活かし、事業再生専門コンサルティング会社、株式会社セントラル総合研究所を設立。以来14年間、中小企業の「事業再生と敗者復活」を掲げ、9000件近い相談に応えてきた。
事業再生に関わる著書も多く出版。平成22年5月新刊『たかが赤字でくよくよするな!』(大和書房)をはじめ、『7000社を救ったプロの事業再生術』(日本実業出版)、『債務者が主導権を握る事業再生 経営者なら諦めるな』(かんき出版)、平成14年、『借りたカネは返すな!』(アスコム)はシリーズ55万部を記録。その他実用書など数冊を出版している。
著書の紹介はこちらから。

2015年6月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30