事業再生・会社再建・M&A・事業譲渡・会社分割・経営改善・債務・連帯保証問題に立ち向かうセントラル総合研究所・八木宏之のブログ

ホンダ創業者・本田宗一郎氏の夢「ホンダジェット」羽田で公開!開発から半世紀で実現

このエントリーをはてなブックマークに追加  

羽田空港で初の公開
150502_1.jpg
半世紀以上も前からジェット機市場への準備をしてきたホンダは4月23日、米国で開発・製造した小型ビジネスジェット機「ホンダジェット」を羽田空港で公開し、記念式典を行いました。
ホンダによるとエンジンは防音性能に優れ、競合モデルに比べ約20%の燃料消費の節約。速度性能は圧倒的な420ノット(時速780km)を達成しました。ホンダの創業者、故・本田宗一郎氏の夢が叶いました。

宗一郎氏氏の夢から半世紀で実現
故・本田宗一郎氏は、昭和37年に航空機市場参入を宣言。その後、昭和61年からは本格的に研究開発に着手し30年を経てついに創業者の夢が実現しました。
3月9日には,米ノースカロライナでFAA(米連邦航空局)とホンダエアロの幹部が1枚の書類にサイン。ホンダジェット搭載の「HF120」が製造認定を受け出荷できることになりました。米国で23年ぶりのジェットエンジンメーカーが生まれました。

宗一郎氏氏、四輪参入の裏ではジェットエンジン開発も
ホンダジがェットエンジンの土台となるガスタービンの開発に着手したのは昭和37年。故・本田宗一郎氏は当時の通商産業省に何度も怒鳴り込み,四輪車参入を拒む動きに翻しものの、裏ではジェットエンジンを自動車の原動力に使えないかと考えたと言います。
宗一郎氏は、「世の中にないモノを作る」という高い壁に望み、「二重反転式のプロペラ」を選択しました。その後,平成3年末には二重反転式に見切りをつけターボファンという通常方式に切り替えられました。

羽田から岡山、成田,欧州でお披露目
7人乗りのビジネスジェット機「ホンダジェット」は、近く米国で納入を開始し,正式に事業化します。これに先立ち世界一周するワールドツアーを敢行。日本で先陣を切り5月には岡山や成田空港でも一般公開されます。その後は、スイスなど欧州各国に飛び立つ予定です。
ホンダは、タカタ製エアバックや主力車のリコール(回収・無償修理)問題に揺れるなか,ものづくり力を結集したジェット機を浮揚の糧にする方針です。


[2015.5.2]

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: ホンダ創業者・本田宗一郎氏の夢「ホンダジェット」羽田で公開!開発から半世紀で実現

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.h-yagi.jp/mt5/mt-tb.cgi/2114

コメントする

事業再生

セントラル総合研究所
セントラル総研オフィシャル
返済猶予・リスケジュール
www.re-schedule.jp
八木宏之プロフィール
セントラル総研・八木宏之
株式会社セントラル総合研究所 代表取締役社長。連帯保証人制度見直し協議会発起人。NPO法人自殺対策支援センターLIFE LINK賛同者。
昭和34年、東京都生まれ。大学卒業後、銀行系リース会社で全国屈指の債権回収担当者として活躍。平成8年、経営者への財務アドバイスなどの経験を活かし、事業再生専門コンサルティング会社、株式会社セントラル総合研究所を設立。以来14年間、中小企業の「事業再生と敗者復活」を掲げ、9000件近い相談に応えてきた。
事業再生に関わる著書も多く出版。平成22年5月新刊『たかが赤字でくよくよするな!』(大和書房)をはじめ、『7000社を救ったプロの事業再生術』(日本実業出版)、『債務者が主導権を握る事業再生 経営者なら諦めるな』(かんき出版)、平成14年、『借りたカネは返すな!』(アスコム)はシリーズ55万部を記録。その他実用書など数冊を出版している。
著書の紹介はこちらから。

2015年5月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31