事業再生・会社再建・M&A・事業譲渡・会社分割・経営改善・債務・連帯保証問題に立ち向かうセントラル総合研究所・八木宏之のブログ

「日本に生まれて良かった」83%!悔しい韓国,「礼儀正しさ」「親切」は日本の誇り

このエントリーをはてなブックマークに追加  

20代男性「生まれ変われるなら日本」急増
141108_1.jpg
文部科学省管の統計数理研究所は10月30日、国民調査において日本人の83%が「生まれ変われるなら日本」と考えていることが分かりました。5年前の前回調査より6ポイント増加し、とくに20代男性が21ポイント急増しました。
調査は、昭和28年から5年ごとに行われ今回で13回目。昨年10月〜12月に20歳以上の男女6,400人を対象に面接方式で実施されました。

日本人の「心の豊かさ」を評価
統計数理研究所によると、日本への生まれ変わりを選んだ回答者の多くに「心の豊かさ」を評価する傾向が見られました。「日本人の長所」を選ぶ設問では「礼儀正しい」が77%。「親切」が71%といづれも過去最高を記録しました。
同研究所では、震災時の秩序だった行動が国民意識に反映される一方で,海外で深刻化する経済不況やテロなど国内に目を向けるきっかけになった可能性があるとしています。

故吉田所長の「フクシマ・フィスティ」が感銘
平成23年3月11日の東日本大震災以来、相次ぐ豪雪や豪雨、土砂災害、御岳山噴火など天災が連続し、死傷者数が多数に上りましたが,人々は取り乱すことなく協力し全力で立ち向かう姿が報じられました。特に福島原発事故では,故吉田所長の「フクシマ・フィフティ」の合い言葉に東電や関連会社数千人が被災者への困難に耐え抜きました。
これらを目の当たりにした感受性の強い若者が「日本に生まれて良かった」と思ったに違いあいません。

韓国調査:「日本は憎たらしい国だけど、うらやましい国でもある」
一方,調査の結果を受け韓国のネットユーザーは様々なコメントを配信。「日本は憎たらしい国だけど、うらやましい国でもある」、「韓国よりはずっとましだ。それは認める」、「また韓国に生まれたい人は10%くらいじゃない?」などと悲惨な声。
3連休明けの11月4日には日銀が予期せぬ追加金融緩和で黒田バズーカの威力を発揮。韓国の朴政権は輸出企業の業績を悪化させる円安ウォン高政策を指示したものの、見事に吹き飛びました。今の韓国経済を考えれば日本に生まれて良かったと思うのが正解のようです。

[2014.11.8]

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 「日本に生まれて良かった」83%!悔しい韓国,「礼儀正しさ」「親切」は日本の誇り

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.h-yagi.jp/mt5/mt-tb.cgi/1916

コメントする

事業再生

セントラル総合研究所
セントラル総研オフィシャル
返済猶予・リスケジュール
www.re-schedule.jp
八木宏之プロフィール
セントラル総研・八木宏之
株式会社セントラル総合研究所 代表取締役社長。連帯保証人制度見直し協議会発起人。NPO法人自殺対策支援センターLIFE LINK賛同者。
昭和34年、東京都生まれ。大学卒業後、銀行系リース会社で全国屈指の債権回収担当者として活躍。平成8年、経営者への財務アドバイスなどの経験を活かし、事業再生専門コンサルティング会社、株式会社セントラル総合研究所を設立。以来14年間、中小企業の「事業再生と敗者復活」を掲げ、9000件近い相談に応えてきた。
事業再生に関わる著書も多く出版。平成22年5月新刊『たかが赤字でくよくよするな!』(大和書房)をはじめ、『7000社を救ったプロの事業再生術』(日本実業出版)、『債務者が主導権を握る事業再生 経営者なら諦めるな』(かんき出版)、平成14年、『借りたカネは返すな!』(アスコム)はシリーズ55万部を記録。その他実用書など数冊を出版している。
著書の紹介はこちらから。

2017年5月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31