事業再生・会社再建・M&A・事業譲渡・会社分割・経営改善・債務・連帯保証問題に立ち向かうセントラル総合研究所・八木宏之のブログ

新幹線を国際標準化:JR4社が協会設立/台湾、英国とはコンサル契約締結、海外での拡大狙う

このエントリーをはてなブックマークに追加  

新幹線開業から半世紀、蓄積した財産を世界へ配信
140415_1.jpg
JR東海と東日本、西日本、九州のJR4社は4月1日、日本の高速鉄道システムの国際標準化を進める国際高速鉄道協会を設立。4月10日に1回目の会合を開き、東海道新幹線開業から約半世紀で蓄積したものを財産として世界へ発信する方針を示しました。
同協会にはJR4社のほか、台湾高速鉄道など国内外の鉄道事業者や日立製作所をはじめとした車両メーカー、商社が25社参加。日本の新幹線で衝突を防ぐ仕組みとなる自動列車制御装置など国際標準化を目指します。

安全で安定運行、これまで死傷者はゼロ
日本の新幹線は開業以来、列車事故による「死傷者ゼロ」と絶対的な安全性を誇り,安全で安定した輸送を継続。高頻度な列車を運行し環境性能にも優れ、信頼性と効率性を備えた世界最高水準の高速鉄道システムです。
新興国はじめ世界各国では,多くの高速鉄道プロジェクトが計画され、協会の取組みを通じ各国の実情に適応しながら世界の高速鉄道の発展に寄与することを目指します。すでにJR東海やJR東日本では、個別に海外の高速鉄道への参画を目指す動きもあり、欧米勢が競合相手となるなか、協会の設立で日本の高速鉄道の輸出を後押します。

JR東海:台湾新幹線のコンサル契約を受託
JR東海は4月9日、台湾新幹線を運行する台湾高速鉄路と自動列車制御装置など技術面のコンサルティング契約を結んだことを発表。台湾ではすでに日本の新幹線システムを採用しており、同社では海外で成功した例として海外展開を強化する意向を示しました。
台湾新幹線は、平成19年に日本の新幹線システムの多くを取り入れ開業。JR東海が今回受託したのは、南港駅への路線延伸工事における自動列車制御装置のデータベースの切替えなどに関する技術コンサルティングと、運行管理システムの助言業務となっています。

JR東日本:英国の高速鉄道建設のコンサル契約を受託
一方,JR東日本は4月3日、英国の高速鉄道「HS2」建設プロジェクトに関しコンサルティング契約を締結。日本の新幹線で培った定時運行や安全に関するノウハウや騒音対策に関する技術も提供します。
日本の高速鉄道システムへの信頼はすでに実証済み。インドやシンガポール、マレーシアでも相次いで高速鉄道システム計画が発表されています。協会設立で鉄道関連企業や政府の後押しで日本の新幹線技術のグローバル化を狙います。

[2014.4.15]

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 新幹線を国際標準化:JR4社が協会設立/台湾、英国とはコンサル契約締結、海外での拡大狙う

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.h-yagi.jp/mt5/mt-tb.cgi/1677

コメントする

事業再生

セントラル総合研究所
セントラル総研オフィシャル
返済猶予・リスケジュール
www.re-schedule.jp
八木宏之プロフィール
セントラル総研・八木宏之
株式会社セントラル総合研究所 代表取締役社長。連帯保証人制度見直し協議会発起人。NPO法人自殺対策支援センターLIFE LINK賛同者。
昭和34年、東京都生まれ。大学卒業後、銀行系リース会社で全国屈指の債権回収担当者として活躍。平成8年、経営者への財務アドバイスなどの経験を活かし、事業再生専門コンサルティング会社、株式会社セントラル総合研究所を設立。以来14年間、中小企業の「事業再生と敗者復活」を掲げ、9000件近い相談に応えてきた。
事業再生に関わる著書も多く出版。平成22年5月新刊『たかが赤字でくよくよするな!』(大和書房)をはじめ、『7000社を救ったプロの事業再生術』(日本実業出版)、『債務者が主導権を握る事業再生 経営者なら諦めるな』(かんき出版)、平成14年、『借りたカネは返すな!』(アスコム)はシリーズ55万部を記録。その他実用書など数冊を出版している。
著書の紹介はこちらから。

2014年4月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30