事業再生・会社再建・M&A・事業譲渡・会社分割・経営改善・債務・連帯保証問題に立ち向かうセントラル総合研究所・八木宏之のブログ

億万長者102万人!中国調査期間「胡潤研究院」発表/日本観光地では東京~大阪間が人気!/東北観光促進、被災地マルチビザ発給

このエントリーをはてなブックマークに追加  

中国調査期間「胡潤研究院」:億万長者100万人超えと発表
中国の調査機関、「胡潤研究院」は、資産1,000万元(約1億2,000万円)以上の億万長者が8月1日までに102万人と、初めて100万人を超えたと発表しました。平均年齢は39歳と若く、女性が4割を占めました。人口比では、1,300人に1人が富豪という計算になります。


中国億万長者:年間消費額2,200万円
中国富豪の年間消費額は、176万元(約2,200万円)。最も消費の多いのは旅行で平均で年に3回、観光を楽しみます。また、スポーツではゴルフや水泳、ヨガを好み、米国やカナダ、英国に子供を留学させるのが一般的とされ、米国へ移住を希望する人が多いことが調査で判明しました。

中国人観光客訪日:6月単月、今年上半期、ともに過去最高
JNTO(日本政府観光局)によると今年6月の訪日外客数は、68万1,000人と前年同月から58.6%増加。震災前の比較で初めてプラスの転じました。特に中国からの訪日外客数は、6月単月、上半期(1月~6月)とも過去最高を記録しました。
放射能汚染による食の安全への懸念や歴史的な円高など回復に影響も見せますが、航空機の増便や大型クルーズ船の寄港、さらに中国本土での観光プロモーション効果が後押しとなりました。

中国人富裕層:日本観光に人気/温泉が63%
JNTO北京、上海、香港の各事務所が今年、中国の訪日旅行取扱い旅行会社に行ったアンケート調査では、最も人気なのはゴールデンルート(東京~大阪間の観光地)が1位で87%。2位の北海道が71%、3位の沖縄67%と続き、沖縄が急上昇。何度も日本を訪問できる中国人向けマルチビザ発給効果が現れています。
一方、訪日旅行で期待することは温泉が63%と定番化しつつあり、ショッピングが59%、3位以下は桜の花見が56%、雪遊び50%、秋の紅葉48%と日本ならでの四季を楽しむ魅力が注目されました。

中国人観光客:国内消費額年間2千億円
億万長者が100万人を超えた中国では昨年、自動車輸入総数も100万台と前年から27%増えたことが財富品質研究院の「中国高級車報告」で明らかになりました。経済成長が鈍化気味と伝えられているものの、今年も先月までの上半期は25%の伸びを見せています。
7月からは岩手、宮城、福島の被災地3県を目的地に中国人向けのマルチビザが発給されています。すでに沖縄で効果が現れているだけに昨年、中国人観光客観光客の消費額1,964億円の消費力が東北地方で見られそうです。

[2012.8.8]

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 億万長者102万人!中国調査期間「胡潤研究院」発表/日本観光地では東京~大阪間が人気!/東北観光促進、被災地マルチビザ発給

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.h-yagi.jp/mt5/mt-tb.cgi/974

コメントする

事業再生

セントラル総合研究所
セントラル総研オフィシャル
返済猶予・リスケジュール
www.re-schedule.jp
八木宏之プロフィール
セントラル総研・八木宏之
株式会社セントラル総合研究所 代表取締役社長。連帯保証人制度見直し協議会発起人。NPO法人自殺対策支援センターLIFE LINK賛同者。
昭和34年、東京都生まれ。大学卒業後、銀行系リース会社で全国屈指の債権回収担当者として活躍。平成8年、経営者への財務アドバイスなどの経験を活かし、事業再生専門コンサルティング会社、株式会社セントラル総合研究所を設立。以来14年間、中小企業の「事業再生と敗者復活」を掲げ、9000件近い相談に応えてきた。
事業再生に関わる著書も多く出版。平成22年5月新刊『たかが赤字でくよくよするな!』(大和書房)をはじめ、『7000社を救ったプロの事業再生術』(日本実業出版)、『債務者が主導権を握る事業再生 経営者なら諦めるな』(かんき出版)、平成14年、『借りたカネは返すな!』(アスコム)はシリーズ55万部を記録。その他実用書など数冊を出版している。
著書の紹介はこちらから。

2014年3月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31