事業再生・会社再建・M&A・事業譲渡・会社分割・経営改善・債務・連帯保証問題に立ち向かうセントラル総合研究所・八木宏之のブログ

LINE:7/15日米同時上場、時価6000億円、公募増資約1000億円を調達

このエントリーをはてなブックマークに追加  
LINE:東京、NYで同時上場sumaho.jpg
対話アプリの「LINE」(LINE(株):東京都渋谷区渋谷 出澤剛社長 親会社は韓国のIT企業「ネイバー(株))が、7月15日、上場します。東京証券取引所とニューヨーク証券取引所で同時上場です。検討から2年。世界の舞台で、先行するフェイスブック(FB)などライバルにどう追いつくか注目しましょう。

公募増資では海外比率を高く
上場時の時価総額は6000億円。公募増資で約1000億円を調達しますが、内訳は、海外で63%、日本で37%と、海外比率を多くしました。公募分は、電子商取引(EC)やコンテンツなどの分野にあて、ライバル社が得意とする有望なベンチャーとのM&Aの資金にも活用します。

FB16億5000万人、LINE2億1800万人
ライバルである「フェイスブック」(米国カリフォルニア州 マーク・ザッカーバーグCEO)や、「騰訊控股」(テンセント:中国広東省 馬化謄CEO)は巨大な相手です。
フェイスブックは、時価総額36兆円。月間利用者数は、世界に16億5000万人。テンセントは、それぞれ23兆円、7億6000万人。これに対し、絵文字や動きのあるスタンプで人気を確立したLINEの利用者は、2億1800万人に過ぎません。
日本、タイ、台湾では市場シェアトップを誇りますが、米国や欧州ではシェアがまだまだです。これはかつて米国や欧州市場への進出にとても苦戦した結果だといえます。

対話アプリにスマートポータル構想
LINEならではという独自のサービスをどう生み出して、提供できるかが利用者数獲得のカギです。同社は、対話アプリに、決済や動画など多様なサービスに付加する「スマートポータル」構想を打ち出しました。
利用者の嗜好にあった広告を自動配信するサービスも始めています。人気を博した飲食店にスマホで注文できる宅配サービスなど、斬新なアイデアを待ちたいです。

[2016.06.30]

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: LINE:7/15日米同時上場、時価6000億円、公募増資約1000億円を調達

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.h-yagi.jp/mt5/mt-tb.cgi/2561

コメントする

事業再生

セントラル総合研究所
セントラル総研オフィシャル
返済猶予・リスケジュール
www.re-schedule.jp
八木宏之プロフィール
セントラル総研・八木宏之
株式会社セントラル総合研究所 代表取締役社長。連帯保証人制度見直し協議会発起人。NPO法人自殺対策支援センターLIFE LINK賛同者。
昭和34年、東京都生まれ。大学卒業後、銀行系リース会社で全国屈指の債権回収担当者として活躍。平成8年、経営者への財務アドバイスなどの経験を活かし、事業再生専門コンサルティング会社、株式会社セントラル総合研究所を設立。以来14年間、中小企業の「事業再生と敗者復活」を掲げ、9000件近い相談に応えてきた。
事業再生に関わる著書も多く出版。平成22年5月新刊『たかが赤字でくよくよするな!』(大和書房)をはじめ、『7000社を救ったプロの事業再生術』(日本実業出版)、『債務者が主導権を握る事業再生 経営者なら諦めるな』(かんき出版)、平成14年、『借りたカネは返すな!』(アスコム)はシリーズ55万部を記録。その他実用書など数冊を出版している。
著書の紹介はこちらから。

2016年7月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31