事業再生・会社再建・M&A・事業譲渡・会社分割・経営改善・債務・連帯保証問題に立ち向かうセントラル総合研究所・八木宏之のブログ

中国LCC「春秋航空」とビックカメラが業務提携! 爆買いの将来性を見込んで投資する日本企業。

このエントリーをはてなブックマークに追加  

さらなる爆買い需要取り込みへ!
160114_1.jpg
 企業の提携は世相を映すものですが、なるほど、という感じです。家電量販大手「ビックカメラ」と、中国最大の格安航空会社(LCC)「春秋航空」を傘下に持つ「春秋集団」が、業務提携に入ります。2016年1月から、春秋航空で使う訪日客に6%引きのクーポンを配布します。
 
 いわずと知れた、"爆買い"つながりです。ビックカメラは、この提携により中国内で知名度を向上させ、中国人旅行者の爆買い需要を取り込みます。「1月から」は、中国人が休暇を楽しむ旧正月を踏まえたのでしょう。春秋集団も、傘下の「春秋旅行社」を前面に押し出し、ビックカメラでの買い物を組み込んだパッケージ企画の開発などで、他社との差別化に懸命です。
 
買い物後のステイ先もセット
 春秋航空は2015年6月、中部国際空港に就航し、中国9都市を週24往復しています。有名格安航空会社として知られ、日本国内での路線拡大のほか、同年11月には愛知県常滑市のビジネスホテル「ホテルAU常滑」を買収するなど、日本でのビジネスを展開中です。今回の連携後は、中部空港に着いた中国人観光客が大型バスで名古屋市のビックカメラ名古屋駅西店や、JR東海が建設中の超高層ビル「JRゲートタワー」に入る新店舗に誘導され、爆買いをする。宿泊先の1つが、常滑市のビジネスホテルという流れができるのでしょう。観光客の指向性がいつまでも単純かどうか、とも思いますが、今は、これが最善なのでしょう。
 ビックカメラは、春秋グループの日本法人「春秋航空日本」が年内に行う第三者割当増資を10億円で引き受けます。実質的に6~7%の出資となります。春秋航空の将来性には、大手住宅メーカー「積水ハウス」も注目しており。30億円を出資して、ホテル建設などに協力します。

[2016.1.14]

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 中国LCC「春秋航空」とビックカメラが業務提携! 爆買いの将来性を見込んで投資する日本企業。

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.h-yagi.jp/mt5/mt-tb.cgi/2397

コメントする

事業再生

セントラル総合研究所
セントラル総研オフィシャル
返済猶予・リスケジュール
www.re-schedule.jp
八木宏之プロフィール
セントラル総研・八木宏之
株式会社セントラル総合研究所 代表取締役社長。連帯保証人制度見直し協議会発起人。NPO法人自殺対策支援センターLIFE LINK賛同者。
昭和34年、東京都生まれ。大学卒業後、銀行系リース会社で全国屈指の債権回収担当者として活躍。平成8年、経営者への財務アドバイスなどの経験を活かし、事業再生専門コンサルティング会社、株式会社セントラル総合研究所を設立。以来14年間、中小企業の「事業再生と敗者復活」を掲げ、9000件近い相談に応えてきた。
事業再生に関わる著書も多く出版。平成22年5月新刊『たかが赤字でくよくよするな!』(大和書房)をはじめ、『7000社を救ったプロの事業再生術』(日本実業出版)、『債務者が主導権を握る事業再生 経営者なら諦めるな』(かんき出版)、平成14年、『借りたカネは返すな!』(アスコム)はシリーズ55万部を記録。その他実用書など数冊を出版している。
著書の紹介はこちらから。

2017年5月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31