事業再生・会社再建・M&A・事業譲渡・会社分割・経営改善・債務・連帯保証問題に立ち向かうセントラル総合研究所・八木宏之のブログ

ソフトバンク:英国の半導体大手アームHDを3兆3000億円で買収/IoT事業拡大

このエントリーをはてなブックマークに追加  
英国企業を3兆3000億円で買収しIoT事業を拡大arm1.png
ソフトバンクグループ(ソフトバンク(株):東京都港区 孫正義社長)が、英国の半導体設計大手のアーム・ホールディングス(英国ケンブリッジ ARM HDウォーレン・イーストCEO)を3兆3000億円で買収しました。
あらゆるモノがインターネットにつながる「IoT」事業の拡大です。常に先を読み、勝負に出ることが求められる業界ですが、素早い決断です。

2040年にはネット対応の機器を1人1000個持つ
IoTは、「Internet of Things」の略。建物、電化製品、自動車 、医療機器など多種多様なモノがインターネットに接続され、相互に情報をやり取りする仕組みです。
孫社長は、「平成52(2040)年には、顧客1人が、ネットにつながる機器を1000個持つ」とし、機器に搭載するCPU(コンピューターの要になる「*中央処理装置」)*の需要も倍増すると見込んでいます。

CPUのライセンス収入と技術を手に入れる
アーム社はCPUの設計に強く、スマホなど多くのモバイル機器に搭載されるCPUは、アーム社の仕様に基づいています。

2015(平成27)年12月期の売上高は9億6830万ポンド。同社を傘下に収めることで、多様な機器に搭載されるCPUのライセンス収入などを得るほか、ネットにつながる新しい機器を設計・開発する技術も手に入ります。まさに、次の時代への"先手"です。

softbank.jpgのサムネール画像IoTには世界を変える機会
ソフトバンクが世界に持つ携帯電話網と、車や家電がつながる新たな生活が、近く実現するのでしょうか。
孫社長は、「今はまだはじまりにすぎない。IoTには(世界を変える)大きな機会がある」と断言します。世界に先がけたセキュリティー技術の開発にも期待したいものです。

[2016.08.05]

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: ソフトバンク:英国の半導体大手アームHDを3兆3000億円で買収/IoT事業拡大

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.h-yagi.jp/mt5/mt-tb.cgi/2592

コメントする

事業再生

セントラル総合研究所
セントラル総研オフィシャル
返済猶予・リスケジュール
www.re-schedule.jp
八木宏之プロフィール
セントラル総研・八木宏之
株式会社セントラル総合研究所 代表取締役社長。連帯保証人制度見直し協議会発起人。NPO法人自殺対策支援センターLIFE LINK賛同者。
昭和34年、東京都生まれ。大学卒業後、銀行系リース会社で全国屈指の債権回収担当者として活躍。平成8年、経営者への財務アドバイスなどの経験を活かし、事業再生専門コンサルティング会社、株式会社セントラル総合研究所を設立。以来14年間、中小企業の「事業再生と敗者復活」を掲げ、9000件近い相談に応えてきた。
事業再生に関わる著書も多く出版。平成22年5月新刊『たかが赤字でくよくよするな!』(大和書房)をはじめ、『7000社を救ったプロの事業再生術』(日本実業出版)、『債務者が主導権を握る事業再生 経営者なら諦めるな』(かんき出版)、平成14年、『借りたカネは返すな!』(アスコム)はシリーズ55万部を記録。その他実用書など数冊を出版している。
著書の紹介はこちらから。

2017年5月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31