事業再生・会社再建・M&A・事業譲渡・会社分割・経営改善・債務・連帯保証問題に立ち向かうセントラル総合研究所・八木宏之のブログ

中小向けリスケ3年で369万件超えに対策はファンド創設で救済!施策のない住宅ローンはリースバックで賃貸化

このエントリーをはてなブックマークに追加  

リスケ実行率9割超え、中小の資金繰り下支えする亀井法
金融庁は11月30日、中小企業金融円滑化法に基づく貸し付け条件の変更などの状況について速報値を発表。金融機関654社における中小企業など融資のリスケジュール(条件変更)の申請は、平成21年12月4日の同法施行から今年9月30日までに369万8,079件に上りました。
リスケジュール申請に対する実行率は、今年3月末時点に引き続き、審査中の案件などを除いても9割を超える水準を維持。申込み累計に占める実行率の割合は9月末時点で92.9%でした。亀井元金融相が肝入りで通した同法は亀井法ともうたわれ、多くの中小企業などの資金繰りを下支えする結果となっています。
121207_1.gif
リスケ申請86%は地銀、中間決算は大きな影響なし
リスケジュールの申請総数のうち、メガバンクなど主要10行への申請数は13.3%に当る49万3,347件。残りの86.7%は地銀や第二地銀、信用金庫などで占められています。
横浜銀行や千葉銀行など地銀主要6行の中間決算の経常利益をみると、15%増〜16%減と各行まちまちの状況。金融機関の財務の健全性を示す自己資本比率は、京都銀行だけが0.5%減少したものの他5行は0.5〜1%増加し、全行2桁を維持しています。一方、不良債権残高が総与信額に占める比率は、貸倒引当金の積み増しなどで増加傾向にはあるものの2〜3%の微増にとどまっています。中間決算では大きな影響はないものの年度末決算での財務状況が注視されます。

住宅ローンのリスケ28万件超え、終了後の施策はなし
中小企業金融円滑化法は、中小企業向け融資に限らず住宅ローンにも適用され、リーマン・ショック後のリストラや派遣切りなど収入が減少した場合などリスケジュールの申請で負担を軽減してきました。
9月末時点の住宅ローンのリスケジュール申請数は、28万6,456件と増加傾向に変わりはありません。このうち主要10行を除く地銀などへの申請数は88.8%と高い比率を示します。金融庁では中小企業向けには再生ファンドの創設や劣後ローンへの切り替えを促進。地銀などは、政府系金融機関や中小企業基盤整備機構、自治体などとファンド創設が活発化していますが、住宅ローンへのリスケ終了後の施策は見えてきません。
121207_2.gif
住宅ローンの軽減に負担ない賃料設定で住宅を手放さない
中小企業金融円滑化法が施行される以前、住宅ローンは3ケ月も滞納してしまうと代位弁済されました。リスケジュールも妥当性があれば応じる金融機関はありましたが、金融機関にとっては顧客と何度もリスケジュール交渉するより保証会社に保証してもらうほうが容易なのも事実です。
経済の低迷が続くなか、政治は総選挙一色と効果的な景気対策は一向に出てきません。雇用は非正規社員が増え、収入も減少。負担となる住宅ローンのリスケ終了後は、不動産リースバックなどで住宅を一旦売却後、数年間、負担のない賃料設定で住宅をリース。数年後に所有権を回復するバイバックなどで住み慣れた住宅を利用し続けることも考えなければなりません。

[2012.12.7]

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 中小向けリスケ3年で369万件超えに対策はファンド創設で救済!施策のない住宅ローンはリースバックで賃貸化

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.h-yagi.jp/mt5/mt-tb.cgi/1110

コメントする

事業再生

セントラル総合研究所
セントラル総研オフィシャル
返済猶予・リスケジュール
www.re-schedule.jp
八木宏之プロフィール
セントラル総研・八木宏之
株式会社セントラル総合研究所 代表取締役社長。連帯保証人制度見直し協議会発起人。NPO法人自殺対策支援センターLIFE LINK賛同者。
昭和34年、東京都生まれ。大学卒業後、銀行系リース会社で全国屈指の債権回収担当者として活躍。平成8年、経営者への財務アドバイスなどの経験を活かし、事業再生専門コンサルティング会社、株式会社セントラル総合研究所を設立。以来14年間、中小企業の「事業再生と敗者復活」を掲げ、9000件近い相談に応えてきた。
事業再生に関わる著書も多く出版。平成22年5月新刊『たかが赤字でくよくよするな!』(大和書房)をはじめ、『7000社を救ったプロの事業再生術』(日本実業出版)、『債務者が主導権を握る事業再生 経営者なら諦めるな』(かんき出版)、平成14年、『借りたカネは返すな!』(アスコム)はシリーズ55万部を記録。その他実用書など数冊を出版している。
著書の紹介はこちらから。

2014年3月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31