事業再生・会社再建・M&A・事業譲渡・会社分割・経営改善・債務・連帯保証問題に立ち向かうセントラル総合研究所・八木宏之のブログ

路線価、全国平均で0.7%下落!三大都市は投資資金流入で再開発進み上昇!

このエントリーをはてなブックマークに追加  

全国平均:下げ幅は縮小傾向
trends50.gif国税庁は7月1日、相続税や贈与税の算定基準となる平成26年分(1月1日現在)の路線価を公表。全国平均は0.7%下落した ものの、下げ幅は前年から1.1ポイント縮小しました。日銀の異次元金融緩和により投資資金などが集まる都心で再開発が続くな ど、リーマンショック前の平成20年以来6年ぶりに東京、大阪、愛知の三大都市圏で上昇しました。
路線価の上昇は、前年の2県から8都府県に増加。首都圏の神奈川、千葉、埼玉にも上昇は広がりをみせています。

路線価:地価公示価格の8割程度に評価
路線価は、道路に面する標準的な宅地1平方メートル当たりの価格。相続税や贈与税の算定基準となる財産評価基準書の路線価 (相続税路線価>は、国土交通省の土地鑑定委員会が公示する地価公示価格の8割程度に評価されています。
来年からは、相続税の基礎控除が5,000万円から3,000万円と大幅に縮小。これまで相続税に無関心だった層でも都市部などに住 宅があれば相続税が適用される可能性があります。

復興事業続く宮城が上げ幅トップ
路線価の上げ幅のトップは、昨年に続き復興事業が続く宮城が2.4%上昇。平成32年にオリンピック・パラリンピックが開催さ れる東京は、会場となる湾岸地区周辺で建設が相次ぎ地価上昇につながっています。
大阪は、今春本格オープンした「あべのハルカス」と昨年開業のJR大阪駅北側の「グランフロント大阪」周辺でマンションな ど建設が進み昨年の下落から上昇に転じました。また、秋にも着工されるリニア中央新幹線への期待からJR名古屋駅周辺は建 設ラッシュが続き路線価を押し上げました。

建設人手不足、建設資材高騰の懸念
都心を中心に路線価は上昇に転じ、マンション建設など人手不足や建設資材高騰と懸念材料はあるものの、ニーズは顕著に表れ ています。一方、被災地では福島が22年ぶりに上昇に転じるなど土地の高騰が復興の妨げにならないか懸念もあります。
路線価は三大都市圏を中心に上昇に転じますが、秋田や鳥取など4%台と大きく下落。都市と地方の二極化は進み、少子高齢化 とともにこの傾向に歯止めはかかりそうにありません。

[2014.7.11]

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 路線価、全国平均で0.7%下落!三大都市は投資資金流入で再開発進み上昇!

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.h-yagi.jp/mt5/mt-tb.cgi/1779

コメントする

事業再生

セントラル総合研究所
セントラル総研オフィシャル
返済猶予・リスケジュール
www.re-schedule.jp
八木宏之プロフィール
セントラル総研・八木宏之
株式会社セントラル総合研究所 代表取締役社長。連帯保証人制度見直し協議会発起人。NPO法人自殺対策支援センターLIFE LINK賛同者。
昭和34年、東京都生まれ。大学卒業後、銀行系リース会社で全国屈指の債権回収担当者として活躍。平成8年、経営者への財務アドバイスなどの経験を活かし、事業再生専門コンサルティング会社、株式会社セントラル総合研究所を設立。以来14年間、中小企業の「事業再生と敗者復活」を掲げ、9000件近い相談に応えてきた。
事業再生に関わる著書も多く出版。平成22年5月新刊『たかが赤字でくよくよするな!』(大和書房)をはじめ、『7000社を救ったプロの事業再生術』(日本実業出版)、『債務者が主導権を握る事業再生 経営者なら諦めるな』(かんき出版)、平成14年、『借りたカネは返すな!』(アスコム)はシリーズ55万部を記録。その他実用書など数冊を出版している。
著書の紹介はこちらから。

2017年5月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31