事業再生・会社再建・M&A・事業譲渡・会社分割・経営改善・債務・連帯保証問題に立ち向かうセントラル総合研究所・八木宏之のブログ

平成22年7月15日(13日~16日)「お盆」です

このエントリーをはてなブックマークに追加  

※「お盆」のブログについて※
ご覧いただきありがとうございます。8月15日旧暦「お盆」を別途掲載しています。後半部分に「五山の送り火」など後半部分少々加筆してあります。「お盆」のブログはそちらをご参考になさってください。
http://www.h-yagi.jp/05/post_28.html
筆者敬白

 

 

100709_1.jpgお盆です

「盂蘭盆」(うらぼん)とは、旧暦7月15日を中心に行われる先祖の霊を祀る仏事のこと。仏教用語。省略して「おぼん」「盆」ともいいます。

7月13日の夕方の「迎え火」に始まり、16日の「送り火」に終わります。
先祖の霊を自宅に迎え、父母の恩を謝し種々の供物を死者の霊にお供えして、お経をあげて冥福を祈ります。

亡くなった人が49日法要が終わってから最初に迎えるお盆を「初盆」(はつぼん)または「新盆」(にいぼん)と呼びます。
まだ世俗のものを多く身に付けていたり、供養してもらえない人の霊も一緒に連れて帰ることがあるので、特に手厚く供養します。


◇◇盂蘭盆発祥◇◇

盂蘭盆とは、梵語で「倒懸(とうけん=さかさづり)の苦を救う」の意。あの世で非常な苦しみを受けている死者を供養し救うという。サンスクリット語で「ウラバンナ」の音写語です。

一般的に「盆」は、供物を載せる容器のこと意味し、「ぼん」ということから、盆になったという説もあります。いずれにせよ盆の行事は、正月の行事と同様に祖霊祭の意味を持ち、大変重要なものです。

釈迦の弟子に目連という人がいました。その母の死後、餓鬼道に堕ちて痩せ衰えているのを、心眼によって見透し、助けようとしたが出来ません。釈迦の教えを乞うと「目連の一人の力ではいかんともしがたい。7月15日に衆僧に供養し、その功徳によって母を餓鬼道から救いなさい。」と命じられたと、盂蘭盆経にあります。

盂蘭盆経は、父母恩重経や善悪因果経などと共に中国で成立した偽経と考えられています。本来は安居の終わった日に、人々が衆僧に飲食などの供養をした行事でした。これが転じ、様々な伝説が付加されたのでしょう。


◇◇日本伝来◇◇

インドから中国を経て、日本には飛鳥時代に伝わりました。推古天皇14年(606)に飛鳥の法隆寺で行われたのが初めで、聖武天皇の天平5年(733)から宮中の仏事100709_2.jpgとなりました。奈良平安時代には、毎年7月15日に行われ、鎌倉時代からは「施餓鬼会」をあわせて行うようになりました。

「施餓鬼会」(せがきえ)とは、死後に餓鬼道に堕ちた衆生の為に飲食を布施し、その霊を供養すること。同時に、無縁仏となって成仏できずに俗世を彷徨う餓鬼にも施します。

古来、日本では初春と初秋の満月の日に魂祭が行われていました。魂祭とは、祖先の霊が子孫のもとを訪れて交流する行事です。初春のものが祖霊の年神として神格を強調されて「正月」の祭事となり、初秋のものが「盂蘭盆」と習合して、仏教の行事として行われるようになったといわれています。


◇◇盂蘭盆行事◇◇

 盆の13日は、先祖代々の墓に参ります。夕方には門口で「迎え火」といって苧殻(おがら)をたき、精霊を迎え入れます。14日や15日は僧侶を招いてお経をあげてもらいます。このことを棚経(たなぎょう)といいます。供物を供える棚「精霊棚」の前で経を読むことから、そういわれます。16日の夜は「送り火」をたき、精霊を送ります。※苧殻とは、皮を剥いだ麻の茎の部分。麻殻とも。

盆には「素麺、瓜、茄子、西瓜、ほうずき、梨、葡萄」などが供えられます。瓜や茄子で作った牛馬の飾りは、あの世とこの世を行き来するための乗り物。
精霊馬(しょうろうま)と呼ばれ、これに精霊を乗せ送迎するという意味です。

盆の行事には、盆踊りがありますが、本来精霊を迎えて慰め、送り出す目的のものです。念仏踊りに小町踊りや伊勢踊りの要素が加わったもので、阿波踊りも盆踊りのひとつです。また、灯篭流しや精霊流しも盆の行事のひとつです。

お盆の行事は、地方や宗派によって形態が異なります。全国的には月遅れの盆・旧盆の8月15日に行う地方がもっぱらですが、東京では新暦7月15日に行われるところが多いようです。また、旧暦7月15日にあたる日に行うところもあります。


100709_3.jpg◇◇お盆の過し方(7月または8月)◇◇

7日「七日盆」■お墓を磨いたり、掃除をしたりします。

12日「草の市」■花やロウソクなどを買って、迎え盆の準備をします。

13日「迎え盆」■お迎えした先祖の霊は、仏壇ではなく「盆棚」(精霊棚)に祀ります。仏壇の前や縁側などに盆棚を作り、墓参りに行き、玄関に迎え火※を焚いて、霊を迎えます。

※「迎え火」とは、麻の茎を乾燥させた「麻幹」(おがら)を「松明」(たいまつ)のように立てて火をつけたもの。
先祖の霊が迷わずに帰って来られるように、道しるべとなります。外から内に入るように火をまたぐと、先祖の霊を迎え入れたという意味になります。
火を焚くかわりに、軒先に電気提灯を下げる場合もあります。

15日「盆」■「藪入り」■休みをもらって、お盆や正月に帰省することを藪入り(やぶいり)といいます。家族揃ってゆったり過ごしたり、親戚の盆棚へお参りに行ったりします。

16日「盆送り火」■「精霊送り」■お盆の最後の日。先祖の霊が無事にあの世へ戻れるよう、海や川に供え物や舟を流したり、送り火を焚いて送り出します。

京都の「五山送り火」も精霊送りの一つ。盆の期間に集団で行われる「盆踊り」は精霊を迎える、死者を供養する、霊を送り出すなどのための仏教行事です。


毎年お盆の時期に暑さと懐かしさから、暴飲暴食に走る方をお見受けします。お盆のには同窓会、里帰りなどなど日ごろの生活とは違う時間を過ごします。この時期体調不良にならない様に、規則正しい節度をもった生活に心がけてください。
それでは読者の皆様、お体ご自愛専一の程
筆者敬白

 

◇「二十四節気」はメルマガ配信サイト「まぐまぐ」からバックナンバーがご覧になれます。
http://archive.mag2.com/0001141172/

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 平成22年7月15日(13日~16日)「お盆」です

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.h-yagi.jp/mt5/mt-tb.cgi/80

コメントする

事業再生

セントラル総合研究所
セントラル総研オフィシャル
返済猶予・リスケジュール
www.re-schedule.jp
八木宏之プロフィール
セントラル総研・八木宏之
株式会社セントラル総合研究所 代表取締役社長。連帯保証人制度見直し協議会発起人。NPO法人自殺対策支援センターLIFE LINK賛同者。
昭和34年、東京都生まれ。大学卒業後、銀行系リース会社で全国屈指の債権回収担当者として活躍。平成8年、経営者への財務アドバイスなどの経験を活かし、事業再生専門コンサルティング会社、株式会社セントラル総合研究所を設立。以来14年間、中小企業の「事業再生と敗者復活」を掲げ、9000件近い相談に応えてきた。
事業再生に関わる著書も多く出版。平成22年5月新刊『たかが赤字でくよくよするな!』(大和書房)をはじめ、『7000社を救ったプロの事業再生術』(日本実業出版)、『債務者が主導権を握る事業再生 経営者なら諦めるな』(かんき出版)、平成14年、『借りたカネは返すな!』(アスコム)はシリーズ55万部を記録。その他実用書など数冊を出版している。
著書の紹介はこちらから。

2014年3月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31