事業再生・会社再建・M&A・事業譲渡・会社分割・経営改善・債務・連帯保証問題に立ち向かうセントラル総合研究所・八木宏之のブログ

平成23年4月20日二十四節気「穀雨(こくう)」です。

このエントリーをはてなブックマークに追加  

■4月20日 二十四節気「穀雨」こくう■
110416_10.jpg4月20日19時17分「穀雨」です。旧暦3月、辰の月の中気で、新暦4月20日頃。天文学的には太陽が黄経30度の点を通過するときをいいます。
 
「穀雨:こくう」とは「百穀を潤す春雨」のことです。この頃は春雨のけむるがごとく降る日が多くなり、田畑を潤して穀物などの種子の生長を助けます。種まきの好機です。
 
雨が長引けば即ち「菜種梅雨:なたねつゆ」です。菜の花の咲く頃の長雨のことで、これを「春霖:しゅんりん」ともいいます。

暦の上で春の季節の最後の二十四節気です。5月6日「立夏」で次の季節は夏の到来です。

■七十二候■
初候「葭始生」(よし はじめて しょうず)
◇葦(あし)が芽を吹き始める。
◇水辺に葦が芽を吹き出し始める時節。ヨシまたはアシ(葦、芦、蘆、葭)は、温帯から熱帯にかけての湿地帯に分布する背の高いイネ科の草の一種。
ヨシという名は、「アシ」が「悪し」に通じるのを忌んで、逆の意味の「良し」と言い替えたのが定着したもの。関東では「アシ」関西では「ヨシ」が一般的です。

110415_15.jpg次候「霜止出苗」(しも やんで なえ いず)
◇霜が終わり稲の苗が生長する。
◇ようやく霜も終わりの頃となり、苗代では稲の苗が生長する時節。

末候「牡丹華」(ぼたん はな さく)
◇牡丹の花が咲く。
◇牡丹が大きな花を咲かせる時節。華く(はなさく)=花が咲く。

◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆
穀雨の時期毎年の書き始めは「春雨が長引いて・・・」と書き始めるのですが、今年は例年とは事情が違います。穀雨の時期になってもいまだに余震が続いていて、福島で震度6、東京でも震度7のでした。

桜の季節の二十四節気です。穀雨を境に桜前線は東北地方に向かいます。被災地にも桜は咲きます。桜の開花を見ずに犠牲になった方々の数だけ桜吹雪が舞うことでしょう。今年の桜花には特別な意味が含まれているように感じます。

暖かくいい陽気になってきましたが、風の強い日は寒さを感じます。薄着でお風邪などお召しにならないようにお体ご自愛専一の程
筆者敬白
 

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 平成23年4月20日二十四節気「穀雨(こくう)」です。

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.h-yagi.jp/mt5/mt-tb.cgi/403

コメントする

事業再生

セントラル総合研究所
セントラル総研オフィシャル
返済猶予・リスケジュール
www.re-schedule.jp
八木宏之プロフィール
セントラル総研・八木宏之
株式会社セントラル総合研究所 代表取締役社長。連帯保証人制度見直し協議会発起人。NPO法人自殺対策支援センターLIFE LINK賛同者。
昭和34年、東京都生まれ。大学卒業後、銀行系リース会社で全国屈指の債権回収担当者として活躍。平成8年、経営者への財務アドバイスなどの経験を活かし、事業再生専門コンサルティング会社、株式会社セントラル総合研究所を設立。以来14年間、中小企業の「事業再生と敗者復活」を掲げ、9000件近い相談に応えてきた。
事業再生に関わる著書も多く出版。平成22年5月新刊『たかが赤字でくよくよするな!』(大和書房)をはじめ、『7000社を救ったプロの事業再生術』(日本実業出版)、『債務者が主導権を握る事業再生 経営者なら諦めるな』(かんき出版)、平成14年、『借りたカネは返すな!』(アスコム)はシリーズ55万部を記録。その他実用書など数冊を出版している。
著書の紹介はこちらから。

2017年5月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31