事業再生・会社再建・M&A・事業譲渡・会社分割・経営改善・債務・連帯保証問題に立ち向かうセントラル総合研究所・八木宏之のブログ

(2)会社分割・事業譲渡で次世代に事業継承

このエントリーをはてなブックマークに追加  

 

100412_1.jpg私がこの仕事を始めた頃、中小企業の事業再生スキームといえば、経営者の私財提供によって経営責任を全うするケースがほとんどでした。それは経営者の自己破産、一家離散を意味するものです。まあ、今でもこのスキームは残ってはいますが。
本来、法律・税務面からバックアップすべき弁護士や税理士の先生方も当時は「再生」に関してはあまり得意ではなかったようです。やむをなく破産をすすめてしまうことも少なくはなかったようで。残念なことです。

その後、社会が「再生型」へと大きく変わってきたのが、民事再生法の誕生を受けて2003年に大企業の再生を手がける産業再生機構が設立されてからです。法律の整備や再生スキームの成熟によって債務者主導の再生も認知されてきました。
事業継続を前提に経営者の生活や従業員の雇用を維持し、経営を見直し、不採算部門を整理する。このような現実的な再生スキームを債権者も認めるようになってきました。100412_2.jpgそして、数年前からは金融機関頼みの融資ばかりでなく、再生ファンドなど直接金融のスキームも数多く誕生し、再生のための資金確保も進んできています。
ある関東のメーカーでは、会社分割、事業譲渡によって不採算部門を切り捨て、新工場設立のためのファンドを組むことに成功しました。金融機関にとって正常な融資先確保は至上命令。企業を再生させ、正常な融資関係を結ばなければ日本経済復活はないと納得したことで「債務者主導の再生」が可能になってきました。

100年に一度と言われるデフレ社会の今、事業全体で勝負するのではなく、不採算部門を切り捨て、身軽となって経営のスピードを上げることがポイントです。その決断を一刻も早くしなければ、事業も経営者も生き残ることは出来ません。
資金繰りについてもデフレ期をノウハウとして、新たに追加融資をするのでなく、今の債務を圧縮することが第一優先になり、事業再生に踏み切るチャンスです。金融機関は交渉相手と割り切り、リスケジュールやオフバランス化、債務圧縮交渉などの対策を実行し、甦ってこそ金融機関との健全な関係が始まります。<つづく>

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: (2)会社分割・事業譲渡で次世代に事業継承

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.h-yagi.jp/mt5/mt-tb.cgi/31

コメントする

事業再生

セントラル総合研究所
セントラル総研オフィシャル
返済猶予・リスケジュール
www.re-schedule.jp
八木宏之プロフィール
セントラル総研・八木宏之
株式会社セントラル総合研究所 代表取締役社長。連帯保証人制度見直し協議会発起人。NPO法人自殺対策支援センターLIFE LINK賛同者。
昭和34年、東京都生まれ。大学卒業後、銀行系リース会社で全国屈指の債権回収担当者として活躍。平成8年、経営者への財務アドバイスなどの経験を活かし、事業再生専門コンサルティング会社、株式会社セントラル総合研究所を設立。以来14年間、中小企業の「事業再生と敗者復活」を掲げ、9000件近い相談に応えてきた。
事業再生に関わる著書も多く出版。平成22年5月新刊『たかが赤字でくよくよするな!』(大和書房)をはじめ、『7000社を救ったプロの事業再生術』(日本実業出版)、『債務者が主導権を握る事業再生 経営者なら諦めるな』(かんき出版)、平成14年、『借りたカネは返すな!』(アスコム)はシリーズ55万部を記録。その他実用書など数冊を出版している。
著書の紹介はこちらから。

2017年5月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31