事業再生・会社再建・M&A・事業譲渡・会社分割・経営改善・債務・連帯保証問題に立ち向かうセントラル総合研究所・八木宏之のブログ

日銀金融政策決定会合:追加の金融緩和を見送り、金利0.1%維持

このエントリーをはてなブックマークに追加  

 

昨年12月のドバイショックとは異なる?
日銀は9日、10日行われた金融政策決定会合で追加金融緩和の見送り、金利0.1%を維持すると発表しました。追加金融緩和を打ち出さなかったのは、企業の収益が上向いていて、緩和に踏み100811_1.jpg切る理由がないためとみています。平成21年12月のドバイショックによる円高の際は追加緩和を決めましたが、今回は状況が異なるとして緩和を見送りました。(日本銀行白川総裁談)外需へシフトしている(大企業)製造業は平成22年度1ドル90円台を想定しているなか、85円台の円高推移では為替に対する警戒感が伺えます。同総裁は「為替相場の動向は、日本経済に大きな影響を与えうる」として「短期的に輸出、企業収益の下押し要因」、「企業マインドの下振れ要因」と具体的な悪影響も指摘しています。

アメリカは更に追加金融緩和へ
米連邦準備制度理事会(FRB)が10日に開く連邦公開市場委員会(FOMC)で追加金融緩和に 踏み切れば、一段と円高が進行する懸念があり、円高が進めば牽引役の輸出企業の業績が急激に圧迫される他、株安が進むのは必至だと見られます。

新たな政策と制度延長を
米国は雇用の悪化、消費低迷、需要不足と「日本型デフレ」に陥るとの見方も強まっています。急激に円高が進めば政府の日銀への介入圧力も強まるのは目に見えます。対策としての国債の買い増しも政策的に長期金利を低く誘導したため、即効性のある対策実行が難しいのでしょう。日銀が追加金融緩和したとしても、政府が増税を打ち出せは、それも水の泡になってしまいます。

大企業は下半期下方修正
平成22年第1四半期(平成22年4月~6月)業績好調で収益を上げた電機、自動車産業などの大企業は下半期に向け下方修正する傾向にあります。企業の業績が悪化すれば、設備投資も先送りされます。コスト安の新興国など海外へ生産拠点移転を加速すれば国内の雇用にも影響がでてきます。政府にはモラトリアム法、金融政策、エコ制度などで一定の成果を出した第1四半期のように、新たな経済、景気政策や成果のあった制度の延長をしてせっかく脱却しかかっているデフレの解消に目指して欲しいものです。

住宅エコポイント100億超、エコカー生産が追いつかない!
国土交通省は10日、3月8日受付開始になった住宅エコポイントの発行数が100億円を突破したと発表しました。7月単月で50億1,442万円分、前月比18%増の発行とこの制度の認知度が上がって100811_3.jpgきたようです。同省は「発行数は今後さらに増えていく」とみており、適用期限を、6カ月~1年延長する方針のようです。
国民は財布の紐を解くのは自分、家族にメリットがある必要なものに消費意欲が沸くのです。昔から販売促進にはポイント、キャッシュバック、ノベルティープレゼントが使われていたました。それは今の時代も変わらないのでしょう。
自動車のエコカー補助が9月打ち切りが決まりましたが、自動車メーカーはお盆休み返上で需要に対応しています。人気車は生産が追いつかず9月に間に合わなくて、残念ながら諦める販売店や顧客もいます。選挙公約のバラマキで結局貯蓄になってしまうのなら補助で消費の向上に寄与して産業を盛り上げてもらいたいものです。

[2010.8.11]

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 日銀金融政策決定会合:追加の金融緩和を見送り、金利0.1%維持

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.h-yagi.jp/mt5/mt-tb.cgi/108

コメントする

事業再生

セントラル総合研究所
セントラル総研オフィシャル
返済猶予・リスケジュール
www.re-schedule.jp
八木宏之プロフィール
セントラル総研・八木宏之
株式会社セントラル総合研究所 代表取締役社長。連帯保証人制度見直し協議会発起人。NPO法人自殺対策支援センターLIFE LINK賛同者。
昭和34年、東京都生まれ。大学卒業後、銀行系リース会社で全国屈指の債権回収担当者として活躍。平成8年、経営者への財務アドバイスなどの経験を活かし、事業再生専門コンサルティング会社、株式会社セントラル総合研究所を設立。以来14年間、中小企業の「事業再生と敗者復活」を掲げ、9000件近い相談に応えてきた。
事業再生に関わる著書も多く出版。平成22年5月新刊『たかが赤字でくよくよするな!』(大和書房)をはじめ、『7000社を救ったプロの事業再生術』(日本実業出版)、『債務者が主導権を握る事業再生 経営者なら諦めるな』(かんき出版)、平成14年、『借りたカネは返すな!』(アスコム)はシリーズ55万部を記録。その他実用書など数冊を出版している。
著書の紹介はこちらから。

2017年5月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31