事業再生・会社再建・M&A・事業譲渡・会社分割・経営改善・債務・連帯保証問題に立ち向かうセントラル総合研究所・八木宏之のブログ

海外で新市場獲得に期待感!海外投資金大幅増:政策金融公庫

このエントリーをはてなブックマークに追加  

 

 

わずか3ケ月で1年分の6倍の海外投資金
4日、日本経済新聞によると日本政策金融公庫は、海外投資資金として中小企業へ貸し出した融資額が第1四半期(平成22年4月~6月)の3ケ月間に31億円と、平成21年度(平成21年4月~平成22年3月)1年間の6倍になったと掲載しています。
成長率の高い海外拠点シフト化に意欲の出てきた中小企業が多くなったことや、日本政策金融公庫の融資枠が平成22年4月に2億5,000万円から7億2,000万円に拡大したことの影響もあるとみています。
100804_1.jpgこの制度を利用する中小企業は過去平成19年から平成21年度にかけて年間で数件、融資額も10億円未満でしたが、この第1四半期は3ケ月で45件、平成22年度通年で100件以上、100億件以上を見込んでいるようです。
日本政策金融公庫総合研究所によると、中小企業の製造業が平成22年度の設備投資のうち海外への投資比率は6.8%と平成9年度の調査開始以来最も高くなったと発表しています。(グラフ;同公庫参考)

 

新販路開拓、受注拡大に期待感
融資額31億円は、成長がより期待できる海外シフトへの加速の表れです。製造拠点を海外へ移した中小企業は、国内生産し海外へ輸出するより、現地生産で低価格で現地販売できるというメリットを生かせ受注が期待がもてます。また新しい市場での受注にも期待が持てます。海外進出した日本企業のほか、海外企業への営業によって新たな販路を見つけ出すことも出来るでしょう。日本ならではの技術の結晶を海外企業へ見せ付けて欲しいものです。そして成功のためには国内同様に現地での広告、宣伝、PR活動も必須になってきます。当然これら販売促進に関わる産業へもその恩恵が期待できるでしょう。

中小企業庁中小企業基盤整備機構日本貿易振興機構は、海外企業との生産・販売・技術など業務提携を検討している中小企業向けに様々な制度を用意し、適切な対応を行える体制を整えています。また10月1日~3日には中小企業の成長戦略をとりまとめるアジア太平洋経済協力会議(APEC)中小企業相会合が開かれ、それに併せて参加する中小企業が商品を展示・販売する国際見本市も開催。今後も海外進出支援は盛んになるでしょう。

 

海外の活路、今こそ事業発展のチャンス
平成7年、トルネード投法で有名なプロ野球の野茂英雄投手は、単身アメリカへ渡り31年ぶりに日本人メジャーリーガーとして新人賞まで受賞しました。今、メジャーにはイチローはじめ数多くの日本人がプレーしていますが、まさしく野茂英雄が新しい市場を切り開いたのです。
すでに海外には日本企業が進出しています。今こそ生き残りをかけて海外へ道を開き、今こそ事業を発展させてください。そして海外進出した日本企業に関連する産業にもビジネスチャンスがあります。お互いが繁栄することによってその輪を広げていってもらいたいものです。
{2010.8.4}

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 海外で新市場獲得に期待感!海外投資金大幅増:政策金融公庫

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.h-yagi.jp/mt5/mt-tb.cgi/104

コメントする

事業再生

セントラル総合研究所
セントラル総研オフィシャル
返済猶予・リスケジュール
www.re-schedule.jp
八木宏之プロフィール
セントラル総研・八木宏之
株式会社セントラル総合研究所 代表取締役社長。連帯保証人制度見直し協議会発起人。NPO法人自殺対策支援センターLIFE LINK賛同者。
昭和34年、東京都生まれ。大学卒業後、銀行系リース会社で全国屈指の債権回収担当者として活躍。平成8年、経営者への財務アドバイスなどの経験を活かし、事業再生専門コンサルティング会社、株式会社セントラル総合研究所を設立。以来14年間、中小企業の「事業再生と敗者復活」を掲げ、9000件近い相談に応えてきた。
事業再生に関わる著書も多く出版。平成22年5月新刊『たかが赤字でくよくよするな!』(大和書房)をはじめ、『7000社を救ったプロの事業再生術』(日本実業出版)、『債務者が主導権を握る事業再生 経営者なら諦めるな』(かんき出版)、平成14年、『借りたカネは返すな!』(アスコム)はシリーズ55万部を記録。その他実用書など数冊を出版している。
著書の紹介はこちらから。

2014年3月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31