◆二十四節気◆令和6年(2024)2月19日「雨水(うすい)」です。◆

 

◆二十四節気◆令和6年(2024)2月19日「雨水(うすい)」です。◆

令和6年(2024)2月19日13時13分「雨水」です。旧暦正月、寅(とら)の月の中気で、新暦2月18日か19日頃。「立春」後15日目にあたります。天文学的には、太陽が黄経330度の点を通過するときをいいます。

天からの雪が雨に変わり、積った雪が溶け始めるころ。「雪散じて水と為る也」『暦林問答集』にあるように、今まで降った雪や氷が解けて水となり、雪が雨に変わって降るの意が「雨水」です。
また、『暦便覧』には「陽気地上に発し、雪氷とけて雨水となればなり」と説かれています。この頃から寒さも峠を越え、春の息吹が感じられます。昔から「雨水」の日を目安にして農耕など畑仕事の準備を始めます。暖かい日和が続き春一番〔※〕が吹き、鶯(うぐいす)〔※〕の声が聞かれるようになります。

※春一番(はるいちばん):気象庁では、立春から春分までで、日本海で低気圧が発達し、南寄りの風(東南東から西南西で風速8m以上)が吹いて、暖かい風の影響で気温があがる現象のことと定義されています。

※鶯(うぐいす):スズメ目ウグイス科ウグイス属の野鳥。日本三鳴鳥(にほんさんめいちょう:ウグイス、オオルリ、コマドリ)のひとつ。「ホーホケキョ」とさえずります。
鶯は早春、梅の咲く頃にさえずり始めることから「春告鳥(はるつげどり)」とも呼ばれます。日本全国に分布し、冬季は暖かい土地へ移動して冬を越します。

野辺見れば 若菜つみけりむべしこそ 垣根の草も春めきにけれ――紀貫之『拾遺集』
次の二十四節気は「啓蟄(けいちつ)」。小さな生きものたちが冬ごもりから目を覚まし、季節は「春分」へと移り変わります。

■七十二候■

◆初候「土脉潤起」(どみゃくうるおいおこる・つちのしょううるおいおこる)
雨が降って土中に湿り気を含み出す時節。脉(みゃく)=脈の俗字。潤い=降雨があること。
◆次候「霞始靆」(かすみはじめてたなびく)
霞がたなびき始める時節。来る春への期待がふくらむ頃。靆(雲へんに逮)・たい=たなびく。古訓で、霞や雲が薄く層をなして横に長く引く意。
◆末候「草木萠動」(そうもくきざしうごく・そうもくめばえいずる)
草木が芽吹き始める。

◆◆「2月、雨水の花」◆◆

「桃(もも)」学名 Prunus persica バラ科スモモ属の落葉小高木、または、その果実や花を指します。

春には五弁または多重弁の花を咲かせ、夏には水分が多く甘い球形の果実を実らせます。原産地は中国。食用・観賞用として世界各地で栽培されています。花は淡い紅色であるものが多く、白色から濃紅色まで様々な色のものがあります。五弁または多重弁で、多くの雄しべを持っています。花の柄は非常に短く、枝に直接着生しているように見えます。

観賞用の品種(花桃)は源平桃(げんぺいもも)枝垂れ桃(しだれもも)などがあり、庭木や華道での切り花としてこの季節に用いられています。

◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆

春はすぐそこまで来ています。
暦の上では「立春」からが春ですが、この時期、実際の季節はちょうど晩冬と早春の変わり目にあたり、短い周期で冷たい寒気がやってきて日本海側に大雪を降らせたりします。
「雨水」の頃になると、水戸偕楽園をはじめ、各地の天満宮などの梅の名所では「梅祭り」が開催されます。関東では2月上旬ごろから3月にかけて開催されるところが多いようです。近年は梅の開花時期も早まりました。

読者の皆様、季節の変わり目です。
体調を崩さないようお体ご自愛専一の程
筆者敬白

 

 

記事一覧


◆二十四節気◆令和6年(2024)7月6日「小暑(しょうしょ)」です。◆

新着情報

2024 / 07 / 06

都知事選 掲示板騒動とは

メッセージ 新着情報

2024 / 07 / 06

中小企業融資「事業性融資推進法」の解説

新着情報

2024 / 07 / 04

中小企業融資 新法「事業性融資推進法」成立

メッセージ 新着情報

2024 / 06 / 25

◆二十四節気◆令和6年(2024)6月21日「夏至(げし)」です。◆

新着情報

2024 / 06 / 19

5月倒産件数 1000件超

今日、想うこと 新着情報

2024 / 06 / 17

社会保険料滞納事業者への新たな支援措置

新着情報

2024 / 06 / 09

◆二十四節気◆令和6年(2024)6月5日「芒種(ぼうしゅ)」です◆

新着情報

2024 / 06 / 05

急増する年金機構による差し押さえ

新着情報

2024 / 05 / 31

補助金を活用した賃上げ事例

新着情報

2024 / 05 / 23

◆二十四節気◆令和6年(2024)5月20日「小満(しょうまん)」です。◆

新着情報

2024 / 05 / 19

「人手不足」関連倒産が急増。 「2024年問題」の直撃を受けた業種は

新着情報

2024 / 05 / 14

◆二十四節気◆令和6年(2024)5月5日「立夏(りっか)」です。◆

新着情報

2024 / 05 / 04

2024年度 新入社員の特徴とは

新着情報

2024 / 04 / 28

財務省/賃上げ動向調査 中堅・中小にも広がる賃上げ

新着情報

2024 / 04 / 23

◆二十四節気◆令和6年(2024)4月19日「穀雨(こくう)」です。◆

新着情報

2024 / 04 / 19

人手不足が鮮明に 日銀短観(2024年3月調査)結果

新着情報

2024 / 04 / 17

◆二十四節気◆令和6年(2024)4月4日「清明(せいめい)」です。◆

新着情報

2024 / 04 / 02

日銀3月の金融政策決定会合で利上げ決定

新着情報

2024 / 04 / 02

2024年春闘、ベアほぼ満額回答の怪

新着情報

2024 / 03 / 25

◆二十四節気◆令和6年(2024)3月20日「春分(しゅんぶん)」です。◆

新着情報

2024 / 03 / 19

今年もまだまだ続く人手不足

新着情報

2024 / 03 / 10

◆二十四節気◆令和6年(2024)3月5日「啓蟄(けいちつ)」です。◆

新着情報

2024 / 03 / 02

競争を勝ち残り、世界をけん引している企業は?

新着情報

2024 / 02 / 29

トヨタとマイクロソフトを比べてみると

新着情報

2024 / 02 / 20

◆二十四節気◆令和6年(2024)2月19日「雨水(うすい)」です。◆

新着情報

2024 / 02 / 18

増加するゾンビ企業 ~2022年は25万1000社に~

新着情報

2024 / 02 / 09

◆二十四節気◆令和6年(2024)2月4日「立春(りっしゅん)」です。◆

新着情報

2024 / 02 / 03

令和6年(2024)2月3日「節分(せつぶん)」「豆まき」今年の恵方は甲方(きのえのかた)です。

新着情報

2024 / 02 / 03

「公租公課倒産」の動向

新着情報

2024 / 01 / 25

◆二十四節気◆令和6年(2024)1月20日「大寒(だいかん)」です。◆

新着情報

2024 / 01 / 20

中小企業を支援、令和6年度新税制

新着情報

2024 / 01 / 16

◆二十四節気◆令和6年(2024)1月6日「小寒(しょうかん)」です。◆

新着情報

2024 / 01 / 06

中小企業経営者が知っておくべき2024年の注目キーワード10

新着情報

2023 / 12 / 25

◆二十四節気◆令和5年(2023)12月22日「冬至(とうじ)」です。◆

新着情報

2023 / 12 / 24

SDGs実施指針を4年ぶり改訂、企業への影響

新着情報

2023 / 12 / 10

◆二十四節気◆令和5年(2023)12月7日「大雪(たいせつ)」です。◆

新着情報

2023 / 12 / 07

最低賃金、全国1000円台時代の中小企業

新着情報

2023 / 12 / 02

◆二十四節気◆令和5年(2023)11月22日「小雪(しょうせつ)」です。◆

新着情報

2023 / 11 / 26

物流の2024年問題 新労働法施行が中小企業に投げかける大きな波紋[後編]

新着情報

2023 / 11 / 15

◆二十四節気◆令和5年(2023)11月8日「立冬(りっとう)」です。◆

新着情報

2023 / 11 / 12

【物流2024年問題】新労働法施行が中小企業に投げかける大きな波紋[前編]

新着情報

2023 / 11 / 01

◆二十四節気◆令和5年(2023)10月24日「霜降(そうこう)」です。◆

新着情報

2023 / 10 / 25

[10月2日 日銀短観]円安、人手不足が顕在化し、全業種に影響

新着情報

2023 / 10 / 21

◆二十四節気◆令和5年(2023)10月8日「寒露(かんろ)」です。◆

新着情報

2023 / 10 / 08

インボイス制度スタート!発注企業と個人事業主、危機と対策

新着情報

2023 / 10 / 08

西武池袋本店の衝撃! 61年ぶりのストライキとその影響

新着情報

2023 / 09 / 29

【続報】なぜM出版の民事再生は頓挫し、破産することになったのか

新着情報

2023 / 05 / 30