物流の2024年問題 新労働法施行が中小企業に投げかける大きな波紋[後編]

デジタルで乗り切る、中小企業の物流改革 

2024年の新労働法施行は、中小企業にとって物流管理の再考を迫る大きな契機となります。特に、トラック運転手の時間外労働の制限は、運転手不足をさらに悪化させる恐れがあります。これに対応するため、多くの中小企業はデジタル技術の導入や新しい運営戦術を考える必要があるでしょう。
もちろん、労働条件の見直しも重要です。労働時間の制限に対応するため、ドライバーの働き方を見直し、休憩時間やシフトの最適化を図ることで、人手不足の影響を緩和する必要があります。
デジタル技術の利用では、効率的なルート計画や配送スケジュールの最適化により、ドライバーの労働時間を有効に利用し、コストを削減することが可能です。こうした先進的な技術の導入は、物流プロセスを劇的に変革する可能性を秘めています。将来は、人工知能(AI)や機械学習により、ルートの最適化や配送スケジュールの予測が可能となり、より効率的な運行管理が可能となるでしょう。また、自動運転技術が進展すれば、ドライバー不足の問題が緩和され、運営コストが削減できるかもしれません。
さらに、「モーダルシフト」や「中継輸送」のような戦術も重要です。モーダルシフトとは、トラックから貨物鉄道や船舶への輸送切り替えを意味し、中継輸送は複数のドライバーが配送を分担することで、労働時間の効率化を図るというものです。
中小企業が物流の2024年問題に対処し、競争力を保持する上でも、このような取り組みや長期的な視点は不可欠だと思います。テクノロジーの利用と新しい戦術の探求は、中小企業経営者にとって避けて通れない課題であり、これからの対応が企業の存続と成長に直結する重要なポイントとなります。
 
2 RORO船.png

 

貨物を積んだトラックやシャーシごと輸送するRORO船

 

 
実例で見る、中小企業の物流DX

3 ODIN.pngのサムネール画像

 
すでに、一部の中小企業は2024年の物流問題に対処するために多くの対策を取り始めています。デジタルツールの活用はその一例で、配送ルートの自動最適化やリアルタイムでの配送トラッキングにより、労働時間の効率化と運行コストの削減を実現しています。デジタルツールには、配送ルート最適化アプリの「ODIN 配送計画」や配送計画最適化サービスの「LocoMoses」など、すでにさまざまなアプリ、サービスが利用できます。
 
配送ルート最適化アプリ
 
また、外部の物流パートナーとの連携や共同輸送のも注目されており、運営コストの削減と効率化が図られています。例えば、物流サービス会社の日本パレットレンタルでは、登録企業の物流ルートのデータをもとに、荷主企業同士の共同輸送をAIでマッチングするサービス「TranOpt」を開発しています。このサービスは、経路や想定運賃、荷量の需給、季節変動を考慮した詳細なマッチングを行い、異業種間の共同輸送を促進しています。

4 TranOp.png

日本パレットレンタルの共同輸送マッチングサービスTranOpt
 
 
物流危機は政府の支援と業界全体での連携が必須!
これらの取り組みは、中小企業が競争力を保持し、物流の2024年問題に対処する上で不可欠です。特に、ルートの最適化、配送スケジュールの効率的な管理、そしてテクノロジーの利用は、労働時間の制限に対処し、サービスの品質を保つための重要な要素となります。
物流2024年問題は物流業界全体の問題です。一社だけなんとかしようとするのではなく、業界全体での連携や大手企業との協力を通じて、効率的な物流ネットワークを構築することが必要でしょう。
ただその一方で、旗振り役の政府の対応は場当たり的で、中小企業の現実の困難を軽視していると感じます。政府は、業界全体での連携を強化し、中小企業を具体的に支援する策を講じるべきです。例えば、政府は物流の効率化とイノベーションを支援するための研究開発の助成金や税制優遇を提供することができます。また、物流管理やデジタルツールの使用に関する教育とトレーニングプログラムを提供したり、助成したりすることもできるでしょう。それがあって初めて、中小企業の競争力保持と成長のための道筋が明確になるのではないでしょうか?
 
 

記事一覧


◆二十四節気◆令和6年(2024)7月6日「小暑(しょうしょ)」です。◆

新着情報

2024 / 07 / 06

都知事選 掲示板騒動とは

メッセージ 新着情報

2024 / 07 / 06

中小企業融資「事業性融資推進法」の解説

新着情報

2024 / 07 / 04

中小企業融資 新法「事業性融資推進法」成立

メッセージ 新着情報

2024 / 06 / 25

◆二十四節気◆令和6年(2024)6月21日「夏至(げし)」です。◆

新着情報

2024 / 06 / 19

5月倒産件数 1000件超

今日、想うこと 新着情報

2024 / 06 / 17

社会保険料滞納事業者への新たな支援措置

新着情報

2024 / 06 / 09

◆二十四節気◆令和6年(2024)6月5日「芒種(ぼうしゅ)」です◆

新着情報

2024 / 06 / 05

急増する年金機構による差し押さえ

新着情報

2024 / 05 / 31

補助金を活用した賃上げ事例

新着情報

2024 / 05 / 23

◆二十四節気◆令和6年(2024)5月20日「小満(しょうまん)」です。◆

新着情報

2024 / 05 / 19

「人手不足」関連倒産が急増。 「2024年問題」の直撃を受けた業種は

新着情報

2024 / 05 / 14

◆二十四節気◆令和6年(2024)5月5日「立夏(りっか)」です。◆

新着情報

2024 / 05 / 04

2024年度 新入社員の特徴とは

新着情報

2024 / 04 / 28

財務省/賃上げ動向調査 中堅・中小にも広がる賃上げ

新着情報

2024 / 04 / 23

◆二十四節気◆令和6年(2024)4月19日「穀雨(こくう)」です。◆

新着情報

2024 / 04 / 19

人手不足が鮮明に 日銀短観(2024年3月調査)結果

新着情報

2024 / 04 / 17

◆二十四節気◆令和6年(2024)4月4日「清明(せいめい)」です。◆

新着情報

2024 / 04 / 02

日銀3月の金融政策決定会合で利上げ決定

新着情報

2024 / 04 / 02

2024年春闘、ベアほぼ満額回答の怪

新着情報

2024 / 03 / 25

◆二十四節気◆令和6年(2024)3月20日「春分(しゅんぶん)」です。◆

新着情報

2024 / 03 / 19

今年もまだまだ続く人手不足

新着情報

2024 / 03 / 10

◆二十四節気◆令和6年(2024)3月5日「啓蟄(けいちつ)」です。◆

新着情報

2024 / 03 / 02

競争を勝ち残り、世界をけん引している企業は?

新着情報

2024 / 02 / 29

トヨタとマイクロソフトを比べてみると

新着情報

2024 / 02 / 20

◆二十四節気◆令和6年(2024)2月19日「雨水(うすい)」です。◆

新着情報

2024 / 02 / 18

増加するゾンビ企業 ~2022年は25万1000社に~

新着情報

2024 / 02 / 09

◆二十四節気◆令和6年(2024)2月4日「立春(りっしゅん)」です。◆

新着情報

2024 / 02 / 03

令和6年(2024)2月3日「節分(せつぶん)」「豆まき」今年の恵方は甲方(きのえのかた)です。

新着情報

2024 / 02 / 03

「公租公課倒産」の動向

新着情報

2024 / 01 / 25

◆二十四節気◆令和6年(2024)1月20日「大寒(だいかん)」です。◆

新着情報

2024 / 01 / 20

中小企業を支援、令和6年度新税制

新着情報

2024 / 01 / 16

◆二十四節気◆令和6年(2024)1月6日「小寒(しょうかん)」です。◆

新着情報

2024 / 01 / 06

中小企業経営者が知っておくべき2024年の注目キーワード10

新着情報

2023 / 12 / 25

◆二十四節気◆令和5年(2023)12月22日「冬至(とうじ)」です。◆

新着情報

2023 / 12 / 24

SDGs実施指針を4年ぶり改訂、企業への影響

新着情報

2023 / 12 / 10

◆二十四節気◆令和5年(2023)12月7日「大雪(たいせつ)」です。◆

新着情報

2023 / 12 / 07

最低賃金、全国1000円台時代の中小企業

新着情報

2023 / 12 / 02

◆二十四節気◆令和5年(2023)11月22日「小雪(しょうせつ)」です。◆

新着情報

2023 / 11 / 26

物流の2024年問題 新労働法施行が中小企業に投げかける大きな波紋[後編]

新着情報

2023 / 11 / 15

◆二十四節気◆令和5年(2023)11月8日「立冬(りっとう)」です。◆

新着情報

2023 / 11 / 12

【物流2024年問題】新労働法施行が中小企業に投げかける大きな波紋[前編]

新着情報

2023 / 11 / 01

◆二十四節気◆令和5年(2023)10月24日「霜降(そうこう)」です。◆

新着情報

2023 / 10 / 25

[10月2日 日銀短観]円安、人手不足が顕在化し、全業種に影響

新着情報

2023 / 10 / 21

◆二十四節気◆令和5年(2023)10月8日「寒露(かんろ)」です。◆

新着情報

2023 / 10 / 08

インボイス制度スタート!発注企業と個人事業主、危機と対策

新着情報

2023 / 10 / 08

西武池袋本店の衝撃! 61年ぶりのストライキとその影響

新着情報

2023 / 09 / 29

【続報】なぜM出版の民事再生は頓挫し、破産することになったのか

新着情報

2023 / 05 / 30