事業再生・会社再建・M&A・事業譲渡・会社分割・経営改善・債務・連帯保証問題に立ち向かうセントラル総合研究所・八木宏之のブログ

◇一週間の経済時事ダイジェスト◇2016/3/16〜2016/3/19

このエントリーをはてなブックマークに追加  
weekly.jpg
今年10月から社会保険制度の変更が、外食など企業コスト増の要因となりそうです。パートタイマーの厚生年金などの適用が拡大し適用範囲が拡大し企業の人件費の負担につながります。

東芝は17日、冷蔵庫や洗濯機などの白物家電事業を、中国で「Midea(ミデア)」ブランドを展開する家電大手・美的集団売却することで基本合意したと発表しました。同事業は赤字が続いており不正会計問題をきっかけに売却することとなりました。

ガソリンスタンドなどに設置されている門型洗車機を累計11万3986台(昭和38~平成26年)販売した台数が世界最多だとして、大手洗車機メーカー「タケウチテクノ」がギネス世界記録の認定を受けました。

日銀の黒田東彦総裁は15日の会見で、導入から1カ月たったマイナス金利政策について「金利面で効果がすでに表れている」と分析。貸出金利や住宅ローン金利が下がり今後は設備投資など実体経済にもプラスの効果が期待できるとしています。

今週の時事経済記事です。
weekly2.jpg
1月の経常黒字5208億円。旅行収支の黒字が過去最高を受け、今後も円安、国際化などに意識を。
[2016.3.19]
財務省が、今年1月の「国際収支統計(速報)」を発表しました。「経常収支」は前年同月に比べ5.1倍増、5028億円の黒字です。液化天然ガス(LNG)など天然資源の輸入が減って「貿易赤字」が縮小した半面、「旅行収支」の黒字が過去最高の1347億円・・続きはこちらから

スタートアップ大国インド:新興国の不十分がインフラ整備をビジネスチャンスに
[2016.3.18]
いまや大国となったインドで、若き経営者群が、世界レベルの起業旋風を巻き起こしています。新規事業領域の開拓企業を「スタートアップ」と呼びますが、インドは、今まさに「スタートアップ大国」。2015年の創業企業は4800社を超えて過去最高で・・続きはこちらから

中小企業の技術が医療現場のニーズと融合! 製品第1号は看護師の声を生かした「貼れ晴れシート」。
[2016.3.17]
大阪版「下町ロケット」とでも言いましょうか。東大阪の中小企業約40社と大阪市大医学部などがつくる一般財団法人「ものづくり医療コンソーシアム」の動きが活発です。すでに検査や介助用の試作品約10種を開発しました。医療現場のニーズと中小企業・・続きはこちらから

新国立競技場建設に国産材使用の方針が決定。森林認証制度に注目が集まる!
[2016.3.16]
「森林認証制度」が注目されています。大きなきっかけが、2020年開催の東京五輪・パラリンピック。主会場となる新国立競技場で、同制度の認証を得た「国産材」を使う方針が打ち出され、各自治体に活気が生まれました。環境保全と産業が共存する国に・・続きはこちらから

[2016.3.20]

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: ◇一週間の経済時事ダイジェスト◇2016/3/16〜2016/3/19

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.h-yagi.jp/mt5/mt-tb.cgi/2471

コメントする

事業再生

セントラル総合研究所
セントラル総研オフィシャル
返済猶予・リスケジュール
www.re-schedule.jp
八木宏之プロフィール
セントラル総研・八木宏之
株式会社セントラル総合研究所 代表取締役社長。連帯保証人制度見直し協議会発起人。NPO法人自殺対策支援センターLIFE LINK賛同者。
昭和34年、東京都生まれ。大学卒業後、銀行系リース会社で全国屈指の債権回収担当者として活躍。平成8年、経営者への財務アドバイスなどの経験を活かし、事業再生専門コンサルティング会社、株式会社セントラル総合研究所を設立。以来14年間、中小企業の「事業再生と敗者復活」を掲げ、9000件近い相談に応えてきた。
事業再生に関わる著書も多く出版。平成22年5月新刊『たかが赤字でくよくよするな!』(大和書房)をはじめ、『7000社を救ったプロの事業再生術』(日本実業出版)、『債務者が主導権を握る事業再生 経営者なら諦めるな』(かんき出版)、平成14年、『借りたカネは返すな!』(アスコム)はシリーズ55万部を記録。その他実用書など数冊を出版している。
著書の紹介はこちらから。

2016年3月

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31