事業再生・会社再建・M&A・事業譲渡・会社分割・経営改善・債務・連帯保証問題に立ち向かうセントラル総合研究所・八木宏之のブログ

◇一週間の経済時事ダイジェスト◇2015/7/13~2015/7/18

このエントリーをはてなブックマークに追加  
weekly.jpg
北陸初アウトレット施設「三井アウトレットパーク北陸小矢部」が16日にオープン。開店前にはオープンを心待ちにしていた約5,000人が列をつくり、オープン後は173の専門店を賑わせました。

経営者の高齢化に伴い後継者不足が深刻化。とくに中小企業、零細企業では跡継ぎが見つからず少なくとも年間3,000社廃業に追い込まれています。中小企業庁では「企業の過半は今後10年間で社長の代替わり期を迎える」と危機感を示しています。

個人投資家が1月〜6月までに購入した株式投資信託の合計額は1兆48億円に上りました。NISA(少額投資非課税制度)を使った投資も定着しており投資額は前年同期から4割増えています。

経済産業省は、地銀や自治体と連携し、有望な技術を持つ地方の中小企業の国際規格取得を後押しします。国内にとどまりがちな独自の技術にお墨付きを与えることで海外での販路拡大を狙います。

今週の時事経済記事です。

weekly2.jpg訪日外国人客1340万人! 北海道では国際線利用者が倍増!2020年に向けて地方空港の大規模機能強化計画始動。
[2015.7.18]
ご存じの通り、日本を訪れる外国人観光客は年々、増加しています。その動きにあわせて、地方空港の設備強化が相次ぐようになりました。広域交通インフラの整備は、地域の内需を生み、大きな経済効果が期待できます。グローバリゼーションに対応・・続きはこちらから

航空機生産の現場に改革の予感! 熟練工頼みだった工場で続々ロボットを活用。競争力のあるシステムへの脱皮が求められる。
[2015.7.17]
富士重工業、三菱重工業、川崎重工業。言わずと知れた日本の航空機機体メーカーがこぞって、生産システムも「ロボット」の導入や「自動化」を進めています。新興国の需要が増え、主要取引先の米ボーイング社からは、増産とコスト削減を求められて・・続きはこちらから

不動産業界に新時代! 中古市場の活性化なるか。中古マンションはこれから個人間での売買が主流に?
[2015.7.16]
インターネットでの中古マンション売買の仲介サービスに乗り出すため、ヤフーとソニー子会社のソニー不動産が今月、資本・業務提携しました。業界では、5月、リクルート住まいカンパニー(SUUMO)と日本マイクロソフトが提携し、ウェブ上で地図を・・続きはこちらから

伸び率は低いが、6月の銀行貸出残高も伸び基調。業態別では、都銀は中堅の中小企業に貸出先が広がる。
[2015.7.15]
日本銀行が、景気判断の1つの材料となる6月の「貸出・預金動向速報」を発表しました。都市銀行、地方銀行、第二地銀など「全国の銀行」の貸出平均残高は、前年同月比2.6%増の424兆2125億円。伸び率は2月以来の低さですが、所管の日銀金融機・・続きはこちらから

世界遺産神社も門戸開放! 人生の節目を京都の寺社で迎える「和婚」が外国人カップルにも浸透中。行政もバックアップ。
[2015.7.14]
京都の伝統的な神社仏閣で行う結婚式が、国際結婚するカップルや、旅行に来て文化や風土に魅せられた外国人カップルの間に広がり始めました。人生の節目を「和婚」で、という動きです。少子高齢化で先細りが懸念されるブライダル業界が、行政も巻き・・続きはこちらから

タイの都市鉄道を日本の3社連合が受注決定。確かな技術力をアジア各国にアピールする絶好のチャンス
[2015.7.13]
日経新聞によると、タイのバンコク近郊の都市鉄道を、住友商事、日立製作所、三菱重工業の3社連合が受注することが決まったようです。受注総額は320億バーツ(約1150億円)強で、信号システムや車両を納めるといいます。日本は、車両や線路ばかり・・続きはこちらから

[2015.7.19]

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: ◇一週間の経済時事ダイジェスト◇2015/7/13~2015/7/18

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.h-yagi.jp/mt5/mt-tb.cgi/2200

コメントする

事業再生

セントラル総合研究所
セントラル総研オフィシャル
返済猶予・リスケジュール
www.re-schedule.jp
八木宏之プロフィール
セントラル総研・八木宏之
株式会社セントラル総合研究所 代表取締役社長。連帯保証人制度見直し協議会発起人。NPO法人自殺対策支援センターLIFE LINK賛同者。
昭和34年、東京都生まれ。大学卒業後、銀行系リース会社で全国屈指の債権回収担当者として活躍。平成8年、経営者への財務アドバイスなどの経験を活かし、事業再生専門コンサルティング会社、株式会社セントラル総合研究所を設立。以来14年間、中小企業の「事業再生と敗者復活」を掲げ、9000件近い相談に応えてきた。
事業再生に関わる著書も多く出版。平成22年5月新刊『たかが赤字でくよくよするな!』(大和書房)をはじめ、『7000社を救ったプロの事業再生術』(日本実業出版)、『債務者が主導権を握る事業再生 経営者なら諦めるな』(かんき出版)、平成14年、『借りたカネは返すな!』(アスコム)はシリーズ55万部を記録。その他実用書など数冊を出版している。
著書の紹介はこちらから。

2015年7月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31