事業再生・会社再建・M&A・事業譲渡・会社分割・経営改善・債務・連帯保証問題に立ち向かうセントラル総合研究所・八木宏之のブログ

◇一週間の経済時事ダイジェスト◇2013/6/3〜2013/6/8

このエントリーをはてなブックマークに追加  

weekly.jpg

都心からのアクセスが魅力の羽田空港は、来年3月末の国際発着枠の拡大を見据え国内外の航空会社の進出が旺盛になっています。4日には中東のエミレーツ航空が羽田・ドバイ線を就航。訪日外客や海外企業の誘致拡大を目指す政府は、来年度の国際線利用者を約1,270万人と見込んでいます。

日銀によるREIT(不動産投資信託)の買入れが4日時点で1,381億円となり、今年末までの累計買入額の上限1,400億円に迫っています。4日には過去最少額となる1億円を購入したことを発表。買入れ余地が減っている分、1回の買入額は減少傾向に、10日からの金融政策決定会合での追加措置が検討されます。

住宅金融支援機構が4日発表した長期固定型住宅ローンのフラット35の6月の金利は2ケ月連続で上昇。4月には過去最低水準だった金利の影響で5月には1万件を超える申請件数を記録しましたが、約1年ぶりの高水準になりました。住宅着工も回復の兆しが見え始めるなか、今後の金利水準が注目されます。

JR東日本は、豪華寝台列車・クルーズトレインを新造し平成28年春に営業運転することを発表。客車は1両当たり2~3室とし、ダイニングやラウンジ専用車両も設けられ料金は約20万円を想定しています。JR九州のクルーズトレインが人気となるなかシニア層などを狙う豪華な旅が東日本でも提供されます。

今週の時事経済記事です。

weekly2.jpg住宅ローン金利2ケ月連続上昇はアベノミクスの副作用?三井住友は日銀貸出支援を利用し過去最低金利!0.6%の固定型を投入
[2013.6.8配信]
太田国土交通相は6月4日、大手金融機関の住宅ローンの金利が5月に続き6月も引上がったことについて「全体的な流れを見ると急速な上がり方ではない」との認識を示しました。メディアの一部では、「アベノミクスの副作用」や「日銀の・・・・・・・・続きはこちらから

姿消すジャンボジェット747、JALに続きANAも退役決定!「大型機の少頻度」から「中型機の多頻度」へ運行ニーズの移り変わり
[2013.6.7配信]
「ジャンボ」の愛称で親しまれるボーイング747型旅客機を国内で唯一運行するANAは、保有する5機全機を退役させる方針を示しました。今月以降順次退役させ、今年度中には全機が姿を消す予定です。747型機は、両翼に2つづつ計・・・・・・・・続きはこちらから

少子化対策有識者会議:結婚・妊娠・出産「3本の矢」を提言/横浜では「待機児童ゼロ」を達成!
[2013.6.6配信]
少子化対策を検討する政府の有識者会議「少子化危機突破タスクフォース」(座長:佐藤博樹氏(東大大学院教授))は5月28日の会合で提言をまとめ、森雅子少子化相に提出しました。この提言には、新婚世帯に住宅支援をする自治体や・・・・・・・・続きはこちらから

整理回収機構:不良債権回収累計額は9兆8,530億円!回収率100%超は発足以来初!
[2013.6.5配信]
整理回収機構は5月31日、「平成24年度決算の概要等について」を発表。これまで累計の債権回収額は9兆8,530億円となり、累計買取り額の9兆7,687億円を上回ったことがわかりました。回収率が100%を超えるのは、前身である住宅・・・・・・・・続きはこちらから

上場企業の不動産売却、8年ぶりに前年度超え!不動産保有は有利か?企業意識の変化明らか!
[2013.6.4配信]
東京商工リサーチの調査によると、平成24年度に固定資産の帳簿価額が純資産の30%を超える国内の不動産を売却した東証1部、2部の上場企業は60社と8年ぶりに前年度を上回りました。事業の再構築や工場など遊休地の見直しのほか・・・・・・・・続きはこちらから

世界の「幸福度」を比較!OECD「より良い暮らし指標」発表/「最も幸せな国」3年連続で豪、日本は昨年同順21位
[2013.6.3配信]
経済協力開発機構(OECD)は5月28日、各国の生活の豊かさを示す「より良い暮らし指標」(ベター・ライフ・インデックス=BLI)の最新版を公表しました。OECD加盟34カ国にロシアとブラジルを加えた計36カ国中、全体評価・・・・・・・・続きはこちらから

[2013.6.9]

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: ◇一週間の経済時事ダイジェスト◇2013/6/3〜2013/6/8

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.h-yagi.jp/mt5/mt-tb.cgi/1322

コメントする

事業再生

セントラル総合研究所
セントラル総研オフィシャル
返済猶予・リスケジュール
www.re-schedule.jp
八木宏之プロフィール
セントラル総研・八木宏之
株式会社セントラル総合研究所 代表取締役社長。連帯保証人制度見直し協議会発起人。NPO法人自殺対策支援センターLIFE LINK賛同者。
昭和34年、東京都生まれ。大学卒業後、銀行系リース会社で全国屈指の債権回収担当者として活躍。平成8年、経営者への財務アドバイスなどの経験を活かし、事業再生専門コンサルティング会社、株式会社セントラル総合研究所を設立。以来14年間、中小企業の「事業再生と敗者復活」を掲げ、9000件近い相談に応えてきた。
事業再生に関わる著書も多く出版。平成22年5月新刊『たかが赤字でくよくよするな!』(大和書房)をはじめ、『7000社を救ったプロの事業再生術』(日本実業出版)、『債務者が主導権を握る事業再生 経営者なら諦めるな』(かんき出版)、平成14年、『借りたカネは返すな!』(アスコム)はシリーズ55万部を記録。その他実用書など数冊を出版している。
著書の紹介はこちらから。

2014年3月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31