事業再生・会社再建・M&A・事業譲渡・会社分割・経営改善・債務・連帯保証問題に立ち向かうセントラル総合研究所・八木宏之のブログ

◇一週間の経済時事ダイジェスト◇2013/4/8~2013/4/13

このエントリーをはてなブックマークに追加  
weekly.jpg
大阪信用金庫は9日、取引先の中小企業1,321社を対象に景気に関する調査結果を発表。今年1月~3月の売上高が前年同期から「増加した」と答えた企業は19%にとどまりました。アベノミクス効果で円安・株高、消費マインドに改善も見られるものの、8割の中小企業に景気回復が実感できるのには、少々時間がかかりそうです。

東京商工リサーチが8日発表した平成24年度の企業倒産件数は、前年度比7.7%減1万1,719件21年ぶりの低水準となりました。金融円滑化法など資金繰り支援対策が倒産抑制に働いたことが要因となりましたが、同法利用後の倒産件数も増加傾向にあるだけに経営改善に向けた準備が急がれます。

厚生労働省によると国内の医療機器の生産額は、昨年1兆8,000億円となり10年前から約2割増加しました。高齢化や生活習慣病の増加などが背景にあります。医療機器は医療技術の進化によって特技を持つ中小メーカーの商機にもなるだけに、規制見直しや緩和により輸入医療機器の多い医療機器分野にも新しいベンチャーが生まれそうです。

財務省は8日、訪日外国人の消費額と日本人が海外消費する金額の差を示す旅行収支が2月、796億円の赤字と前年同月から赤字幅317億円縮小したことを発表。円高が是正され追い風となり、中国を除く韓国や台湾などアジアからの訪日外国人増加が要因となっています。

今週の時事経済記事です。

weekly2.jpg内閣府「景気ウォッチャー調査」景気判断、7年ぶりに過去最高水準に回復!株価・為替は当時の水準に戻らず急がれる成長戦略
[2013.4.13配信]
内閣府は4月8日、今年3月の「景気ウォチャー調査」を発表。3月の現状判断DI(Diffusion Index:指数)は、前月から4.1ポイント上昇。57.3ポイントとなり、5ケ月連続して上昇し、平成18年3月の過去最高水準に7年ぶり・・・・・・・・続きはこちらから

金融円滑化法利用後の企業倒産7割増!前年同月比は28ケ月連続増加に、英サッチャー政策にヒント
[2013.4.12配信]
帝国データバンクは4月4日、「金融円滑化法利用後倒産」の8回目となる動向調査を発表。同社では、同法に基づくリスケジュール(条件変更)などを受けた後、倒産に至った企業を平成21年12月から集計。今年3月末までの同法利用・・・・・・・・続きはこちらから

津波被害の鉄路復活!旅行大手も続々東北ツアー投入/仙台・宮城DC開幕、「観光復興」アピール
[2013.4.11配信]
東日本大震災の被災地では、津波の影響により沿岸部の鉄路が長らく運行を休止していました。震災発生から2年経ち、再開の報せも届いています。
岩手県の三陸鉄道南リアス線(36.6km)は震災後、全線不通となっていましたが、4月・・・・・・・・続きはこちらから

日本の世界レベルの原発技術、トルコで受注の影に将来を悲観!人材流出で韓国、中国へ技術流出の懸念
[2013.4.10配信]
韓国の有力紙「中央日報」は4月4日、トルコが建設を予定している原子力発電所の受注競争で、韓国企業が破れ三菱重工と仏アレバ社の企業連合が受注したことを発表。事業費は全体で220億ドルとなる大型案件。この記事が本当であれば・・・・・・・・続きはこちらから

JTBゴールデンウィーク旅行動向、国内は過去最高、海外は減少!訪日外国人は円安、LCC拡充、オープンスカイで3割増
[2013.4.9配信]
旅行大手のJTBは4月4日、ゴールデンウィークの旅行動向を発表。今年4月25日〜5月5日に1泊以上の国内外合わせた総旅行人数は、前年同期比0.8%増の2,279万6,000人と過去最高になる見通しです。このうち国内旅行人数は・・・・・・・・続きはこちらから

新規開業!「歌舞伎座タワー」オフィスビル併設、防災機能充実/地域経済に「カブキノミクス」期待
[2013.4.8配信]
4月2日、東京・銀座の歌舞伎座が、約3年間の建て替え工事を終えて新開場しました。柿葺落(こけらおとし)四月大歌舞伎」初日の1~3階席のチケットは発売開始と同時に早々に売り切れており、客席は満員御礼。当日はあいにく・・・・・・・・続きはこちらから

[2013.4.14]

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: ◇一週間の経済時事ダイジェスト◇2013/4/8~2013/4/13

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.h-yagi.jp/mt5/mt-tb.cgi/1258

コメントする

事業再生

セントラル総合研究所
セントラル総研オフィシャル
返済猶予・リスケジュール
www.re-schedule.jp
八木宏之プロフィール
セントラル総研・八木宏之
株式会社セントラル総合研究所 代表取締役社長。連帯保証人制度見直し協議会発起人。NPO法人自殺対策支援センターLIFE LINK賛同者。
昭和34年、東京都生まれ。大学卒業後、銀行系リース会社で全国屈指の債権回収担当者として活躍。平成8年、経営者への財務アドバイスなどの経験を活かし、事業再生専門コンサルティング会社、株式会社セントラル総合研究所を設立。以来14年間、中小企業の「事業再生と敗者復活」を掲げ、9000件近い相談に応えてきた。
事業再生に関わる著書も多く出版。平成22年5月新刊『たかが赤字でくよくよするな!』(大和書房)をはじめ、『7000社を救ったプロの事業再生術』(日本実業出版)、『債務者が主導権を握る事業再生 経営者なら諦めるな』(かんき出版)、平成14年、『借りたカネは返すな!』(アスコム)はシリーズ55万部を記録。その他実用書など数冊を出版している。
著書の紹介はこちらから。

2014年3月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31