事業再生・会社再建・M&A・事業譲渡・会社分割・経営改善・債務・連帯保証問題に立ち向かうセントラル総合研究所・八木宏之のブログ

◇一週間の経済時事ダイジェスト◇2012/3/26~3/31

このエントリーをはてなブックマークに追加  
weekly.jpg
東武鉄道は先月26日、東京スカイツリーに開設する商業施設「東京ソラマチ」へ入居するテナントを発表。店舗数は、サンリオやアサヒビールの他、中小併せ312店舗。飲食店や土産品など「新・下町流」をコンセプトに世界へ発信します。各地で展望台入場券付きツアーの予約もほぼ満席状態でスカイツリー効果は全国に広がってきました。

経済産業省、今年の自動車生産の増加を見込んで、部品や関連産業も併せ約4.6兆円相当の生産量で、16.4万人の雇用が創出される経済波及効果との試算を発表。日本自動車工業会では、今年は震災からの復興やエコカー減税などでトラックやバスも含め前年から生産が80.5万台増加を見込んでいます。これからの新規雇用を生み出すことでしょう。

5月に全国銀行協会が電子記録債権サービスの取扱いを始めるため、全国の金融機関では相次ぎ企業向け説明会を開催しています。このサービスには、大手銀行や地銀、信金などほぼ全ての金融機関が参加。手形よりもコストが安く、手続きも簡単なため中小企業でも普及が拡大すると見込まれています。

2日に発表される日銀の企業短期経済観測調査(短観)の12機関の民間予測がまとまり、大企業・製造業の業況判断指数では「やや改善」が大半を占めました。3ケ月後の先行き業況についても11機関で上向くと予測。震災に伴う復興需要や円高緩和、輸出持ち直しへの動きが追い風となりました。

今週の時事経済記事です。
 
weekly2.jpg
「クール・ジャパン」新たな作戦が始動!「HARAJUKU」「GINZA」など街ごと輸出
[2012.3.31配信]
年度替わりのこの時期、企業の多くは決算や人事異動で大わらわのことでしょうが、学生は宿題もない春休み。若者をターゲットにした旅行や様々なイベントも開催されており、大人とは違った忙しさがあるようです。3月24日に・・・・・・・・続きはこちらから

米国ではゴールドマン叩き、日本はAIJバッシング、ブログに「嫌儲」思想、それでも不動産ファンド盛況!
[2012.3.30配信]
米国は、ようやく雇用が上向き始め失業率も下がり、GDP(国内総生産)の約7割を占める個人消費の増加に期待がかかってきました。しかし依然、潜在的な失業率は高い水準にあると予測され、特に大学の学費高騰による学生の・・・・・・・・続きはこちらから

私募不動産ファンド創設ラッシュ、過去最高17兆円超え!企業の不良資産売却、低金利の今が投資チャンス?
[2012.3.29配信]
昨年末時点の私募不動産ファンドの運用残高は、17兆8,000億円と同年6月末から2%増え、平成21年6月末に並ぶ過去最高水準となりました。低金利で資金の借入れが容易になったことにより、新規物件を取得した私募不動産・・・・・・・・続きはこちらから

国交省「2012年の公示地価」発表/東京・名古屋・大阪は回復基調/「値崩れ加速」「高台バブル」被災地の地価は二極化、復興への影響懸念
[2012.3.28配信]
国土交通省は3月22日、「2012年の公示地価」(1月1日時点)を発表しました。公示地価の全国平均(全用途)は前年比2.6%で、4年連続で前年を下回っていますが、下落率は2年連続で縮小しています。「住宅地」が前年比・・・・・・・・続きはこちらから

2月、対米自動車輸出が貢献!貿易収支5ヶ月ぶりに黒字!赤字基調脱出なるか?
[2012.3.27配信]
財務省が3月22日発表した今年2月の貿易統計速報によると、米国などへの自動車輸出などが牽引となり貿易収支は329億2,100万円と5ケ月ぶりに黒字に転じました。黒字転化の要因となったのは、自動車輸出が7.4%増と増加幅・・・・・・・・続きはこちらから

ロプロ・「武富士」ブランドで貸付けを再開!零細企業つなぎ融資に「ヤミ金」闊歩、東京都実態調査開始
[2012.3.26配信]
中堅ノンバンク・Jトラストは、経営破綻した武富士の消費者金融事業をグループ企業のロプロへ承継。当初は新規の貸付けを行わない計画でしたが方針を転換。武富士ブランドの高い知名度を利用して新規の貸付け業務を電話と・・・・・・・・続きはこちらから

[2012.4.1]

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: ◇一週間の経済時事ダイジェスト◇2012/3/26~3/31

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.h-yagi.jp/mt5/mt-tb.cgi/829

コメントする

事業再生

セントラル総合研究所
セントラル総研オフィシャル
返済猶予・リスケジュール
www.re-schedule.jp
八木宏之プロフィール
セントラル総研・八木宏之
株式会社セントラル総合研究所 代表取締役社長。連帯保証人制度見直し協議会発起人。NPO法人自殺対策支援センターLIFE LINK賛同者。
昭和34年、東京都生まれ。大学卒業後、銀行系リース会社で全国屈指の債権回収担当者として活躍。平成8年、経営者への財務アドバイスなどの経験を活かし、事業再生専門コンサルティング会社、株式会社セントラル総合研究所を設立。以来14年間、中小企業の「事業再生と敗者復活」を掲げ、9000件近い相談に応えてきた。
事業再生に関わる著書も多く出版。平成22年5月新刊『たかが赤字でくよくよするな!』(大和書房)をはじめ、『7000社を救ったプロの事業再生術』(日本実業出版)、『債務者が主導権を握る事業再生 経営者なら諦めるな』(かんき出版)、平成14年、『借りたカネは返すな!』(アスコム)はシリーズ55万部を記録。その他実用書など数冊を出版している。
著書の紹介はこちらから。

2017年11月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30