事業再生・会社再建・M&A・事業譲渡・会社分割・経営改善・債務・連帯保証問題に立ち向かうセントラル総合研究所・八木宏之のブログ

◇一週間の経済時事ダイジェスト◇2011/11/28~12/3

このエントリーをはてなブックマークに追加  
weekly.jpg
経済産業省は29日、国内産業の空洞化対策に医療介護子育て、農業、食品などを重点産業と位置づけ、規制緩和や税制優遇措置など行い産業発展を目指す「日本再生戦略」の中間整理を示しました。平成32年までに国内での消費15兆円、390万人の雇用創出を目指し、来年半ばまでにまとめます。

国土交通省でも同日、中古住宅の省エネ化や耐震化対策に助成金や優遇税制を実施する市場活性計画の骨子案を示しました。平成32年までリフォーム市場を現在の2倍の、20兆円の市場を生み出すとしています。震災に続く災害対策意識の高さから、リフォーム市場の拡大が見込めます

平成27年度に開通する新青森・新函館間の北海道新幹線札幌までの延伸計画が現実味を帯びてきました。札幌まで開通すれば経済効果は年間1,400億円。札幌駅の新幹線増設や、駅前再開発も見直されます。札幌や函館を中心に北海道観光に賑わいが見られそうです。

東日本大震災復興対策本部は29日、復興施策が迅速さに欠けるとの批判から八戸など被災地の主要8漁港の復興工程表の改訂版を決定しました。平成27年度末までに完全復旧を目指すことを柱としています。

今週の時事経済記事です。

名古屋で家電商戦過熱!ヤマダ・ヨドバシ相次ぎ進出/家電各社:女性客の取り込みにアイデア合戦 
[2011.12.3配信]
今回も大きな興奮と感動を与えてくれたプロ野球日本シリーズ。筆者自身、特に中日微意というわけではないものの、「名将」落合博光監督退任の報道もあり、余計に注目しておりました。結局、ソフトバンクには一歩及ばなかった・・・・・・・・続きはこちらから

森トラスト:京都嵐山・「ホテル嵐亭」跡地、明治期の建造物残す。地域にふさわしい観光地を企画
[2011.12.2配信]
不動産大手の森トラストは11月25日、京都・嵐山の「ホテル嵐亭」跡地を買収することで京阪電気鉄道子会社の「京都センチュリーホテル」と合意したことを発表しました。同社は、全国の主要リゾート地や都心部で29の・・・・・・・・続きはこちらから

生活保護費3.5兆円、受給者数は過去最多205万人/「大阪維新」の橋下市長、就労機会拡大
[2011.12.1配信]
厚生労働省の集計によると、今年7月時点で受給者数は205万495人で、過去最高となりました。今年度の生活保護費は10年前の1.6倍に膨らみ、当初予算は国と地方で3兆4235億円に達しています。
受給者数について・・・・・・・・続きはこちらから

東京モーターショー2011に住宅産業初参加!次世代自動車「環境・エネルギー」の解決手段
[2011.11.30配信]
震災によるサプライチェーン(供給網)の混乱により国内外で自動車は減産に追い込まれ落ち込みを見せました。しかし、自動車産業の幅広いすそ野企業の総力を尽くした協力により早期に復旧、正常化するに至りました。予定・・・・・・・・続きはこちらから

国交省北海道新幹線早期着工:平成27年新函館開業、札幌延伸で「日本は1つ
[2011.11.29配信]
震災を機に都市機能の分散がより重要視されるなど、整備新幹線の未着 工区間の早期着工を促す動きが浮上してきました。整備新幹線はすでに長野新幹線が長野まで、東北新幹線が新青森まで、そして今年3月には九州新幹線が・・・・・・・・続きはこちらから

東京都「独自送電網」敷設/資源エネ庁:自家発電設備補助金5億限度、「使う」から「つくる」電力へ変革!
[2011.11.28配信]
経済産業省は、今冬の原発停止による電力供給不足に対応するため、関西電力管内に10%以上、九州電力管内に5%以上の自主的な節電を呼びかけています。このような影響から11月16日には、電力需給対策として企業の・・・・・・・・続きはこちらから

[2011.12.4]

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: ◇一週間の経済時事ダイジェスト◇2011/11/28~12/3

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.h-yagi.jp/mt5/mt-tb.cgi/685

コメントする

事業再生

セントラル総合研究所
セントラル総研オフィシャル
返済猶予・リスケジュール
www.re-schedule.jp
八木宏之プロフィール
セントラル総研・八木宏之
株式会社セントラル総合研究所 代表取締役社長。連帯保証人制度見直し協議会発起人。NPO法人自殺対策支援センターLIFE LINK賛同者。
昭和34年、東京都生まれ。大学卒業後、銀行系リース会社で全国屈指の債権回収担当者として活躍。平成8年、経営者への財務アドバイスなどの経験を活かし、事業再生専門コンサルティング会社、株式会社セントラル総合研究所を設立。以来14年間、中小企業の「事業再生と敗者復活」を掲げ、9000件近い相談に応えてきた。
事業再生に関わる著書も多く出版。平成22年5月新刊『たかが赤字でくよくよするな!』(大和書房)をはじめ、『7000社を救ったプロの事業再生術』(日本実業出版)、『債務者が主導権を握る事業再生 経営者なら諦めるな』(かんき出版)、平成14年、『借りたカネは返すな!』(アスコム)はシリーズ55万部を記録。その他実用書など数冊を出版している。
著書の紹介はこちらから。

2017年5月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31