事業再生・会社再建・M&A・事業譲渡・会社分割・経営改善・債務・連帯保証問題に立ち向かうセントラル総合研究所・八木宏之のブログ

8月7日二十四節気「立秋(りっしゅう)」です

このエントリーをはてなブックマークに追加  

 

立秋(りっしゅう)
8月7日23時49分「立秋」です。
100729_1.jpg旧暦7月、申(さる)の月の正節で、天文学的には太陽が黄経135度の点を通過するときをいいます。この日から暦の上では「秋」になりますが、実際には残暑の厳しい頃。平均気温は高温のピークに達し、一年で最も暑い時期となります。

毎日の天気図では、夏の高気圧が勢力を保っていて、暑い日が続いていますが、空を見上げると、秋の「巻雲」が心なしか高いところに見え始めます。じっと見上げれば、以前より空が少しづつ高くなったと感じるようになり、雲の色や形、風のそよぎに「秋の気配」が感じられるようになります。公園や林でひぐらしが鳴き始め、山間部など内陸では霧が発生することがあります。

ヒグラシは、早朝や夕方に鳴きますが、薄暗い日中に鳴くこともあります。「カナカナ...」と鳴くことから、カナカナゼミとも呼ばれます。

秋は移動性高気圧に覆われる日が多く、日中晴れて風の強い夜には「放射冷却現象」よる霧が発生します。気温が下がれば空気中の水蒸気が結露し始め、霧が発生します。霧の発生条件はたくさんありますが、霧は秋の季節の風物詩といえます。

真夏日 ****
日中の最高気温が30度を超えた日が真夏日です。蒸し暑く、多くの人が不快感を感じる気温です。近年では内陸や盆地で最高気温の更新が続いています

真帯夜 ****
最低気温が25度以上ある夜が熱帯夜で、とても蒸し暑く、就寝しても不快感を感じて深い睡眠がとれないことがあります。

100729_3.jpg「立秋」は「秋立つ」「秋来る」などとともに、秋の代表的な季語になっています。この日より夏の便りは「暑中見舞い」から「残暑見舞い」になります。

・暦便覧では「初めて秋の気立つがゆゑなれば也」と詠んでいます。
・「夏雲は岩の如く、秋雲は砂の如く」正岡子規。
・「木の間よりもりくる月の影見れば心づくしの秋は來にけり」古今和歌集。


 

「七十二候」

◆初候「涼風至」(りょうふういたる)◇涼しい風が立ち始める時節。

◆次候「寒蝉鳴」(かんせんなく)◇ひぐらしが鳴き始める時節。寒蝉=ひぐらし。また、秋に鳴く虫をいいます。「かんぜん」とも読みます。

◆末候「蒙霧升降」(もうむしょうごう)◇深い霧がまとわりつくように立ち込める時節。蒙霧=もうもうと立ち込める霧。

「8月の花」
「向日葵」ひまわり・「太陽の花」の意。原産地は北アメリカ。紀元前からインディアンの食用作物として使われていました。日本には、17世紀に伝来。開花時期7月10~9月10日頃。

100729_2.jpg 花の形は太陽を思わせ、太陽の動きにつれて回ることから「日まわり」と呼ばれますが、花首の柔らかい頃にだけ日中太陽の方向を追います。夕方には西を向いていますが、夜には向きを戻し、夜明け前には再び東を向きます。花が完全に咲いてからは東の方向を向いたままほとんど動かなくなります。

大きな一つの花のように見えますが、「頭状花序」と呼ばれ、多数の花が集まって一つの花の形を作っています。これは「キク科の植物」に見られる特徴。外輪に黄色い花びらをつけた花を「舌状花」、内側の花びらがない花を「筒状花」と区別して呼ぶ場合もあります。

別名は、「日輪草:にちりんそう」、「日車:ひぐるま」など。種は長楕円形。
種皮色は油料用品種が黒色で、食用や観賞用品種には長軸方向に黒と白の縞模様があります。種は絞って「ヒマワリ油」として利用されます。ヒマワリ油には「不飽和脂肪酸」が多く含まれます。 

種は食用とすることもあり、ペットの餌に利用されます。近年、ディーゼルエンジン用燃料(バイオディーゼル)として利用する研究も進められています。乾燥した種子を用いる生薬名は「向日葵子」(ひゅうがあおいし)。

花言葉「私はあなただけを見つめる」「あなたは素晴らしい」など。

 

今年は熱帯夜・真夏日が続き海外でも平均気温が上回っています。また水害も多く西日本では、ゲリラ豪雨や集中豪雨で道路の寸断などの災害も多く発生しています。登山客を救助に行ったヘリコプターが墜落した秩父地方のいたましい事故も発生してしまいました。今年は雨の災害が多かったように感じます。ともあれ災害には備えましょう。

今日から「残暑」です。暑いといっても秋の気配が駆け足でやってきます。 読者の皆様お体ご自愛専一の程
筆者敬白

[2010.7.30] 

◇◇【二十四節気メルマガのご案内】◇◇

メルマガ配信サイト「まぐまぐ」からバックナンバーがご覧になれます。
二十四節・雑節のほか一ヶ月の「展望・祐気方位」を配信しています。
【登録はこちら】http://archive.mag2.com/0001141172/index.html

 

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 8月7日二十四節気「立秋(りっしゅう)」です

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.h-yagi.jp/mt5/mt-tb.cgi/95

コメントする

事業再生

セントラル総合研究所
セントラル総研オフィシャル
返済猶予・リスケジュール
www.re-schedule.jp
八木宏之プロフィール
セントラル総研・八木宏之
株式会社セントラル総合研究所 代表取締役社長。連帯保証人制度見直し協議会発起人。NPO法人自殺対策支援センターLIFE LINK賛同者。
昭和34年、東京都生まれ。大学卒業後、銀行系リース会社で全国屈指の債権回収担当者として活躍。平成8年、経営者への財務アドバイスなどの経験を活かし、事業再生専門コンサルティング会社、株式会社セントラル総合研究所を設立。以来14年間、中小企業の「事業再生と敗者復活」を掲げ、9000件近い相談に応えてきた。
事業再生に関わる著書も多く出版。平成22年5月新刊『たかが赤字でくよくよするな!』(大和書房)をはじめ、『7000社を救ったプロの事業再生術』(日本実業出版)、『債務者が主導権を握る事業再生 経営者なら諦めるな』(かんき出版)、平成14年、『借りたカネは返すな!』(アスコム)はシリーズ55万部を記録。その他実用書など数冊を出版している。
著書の紹介はこちらから。

2014年3月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31