事業再生・会社再建・M&A・事業譲渡・会社分割・経営改善・債務・連帯保証問題に立ち向かうセントラル総合研究所・八木宏之のブログ

平成22年6月26日(土)「月食」です

このエントリーをはてなブックマークに追加  

 

 今年は3回の月食があります。その2回目の6月26日の夕方「部分月食」が起こり、全国で観察することが出来ます。
 
前回の月食は1月1日未明でしたが、今年2回目の月食は宵の見やすい時間帯に起こります。
これは2年10か月ぶりですから見逃せませんね!
 
月食は「太陽・地球・月」が一直線に並ぶとき、月が地球の影に入る現象です。
必ず「満月の時」に起こります。ですから、月食の時に「夜」になっている所なら、どこからでも見ることができます。
 
「月の出」※時刻に「東の空」から昇ってくる月を探してみて下さい。少しずつ欠けていく様子がわかります。部分食の開始から終了までは「2時間45分」です。
 
食の最大となるとき、満月の半分以上まで欠けた月が見られますが、「月の高度」が低いので、建物の多い地域では観測が難しいです。
「南東の空」が開けていて、出来れば地平線近くまで見える場所から観察するといいでしょう。
 
月食の経過は、日本全国どこでもほとんど同じ時刻ですが、「月の出の時刻」は「観察する場所」によって違います。南西諸島・九州・中国地方では、月食開始の部分食は「月出前」ですから観測出来ません。ですから、この地域では「月が欠けた状態」で地平線から昇ってくることになります。
 
☆6月26日の「月の出」時刻
 
那覇 19時21.2分 福岡 19時28.7分
京都 19時10.7分 東京 18時56.1分
仙台 18時59.5分 札幌 19時14.3分
 
月齢 14.0 輝面比 1.00 食分 0.59
赤経 18h23.0m  赤緯 -24°42′(J2000)
黄経 275°23′  黄緯 -1°22′
方位 316.72°  高度 15.19°
 
 
☆半影食の始まり 17時55.6分
★部分食の始まり 19時16.5分
★食の最大     20時38.5分
★部分食の終わり 22時00.3分
☆半影食の終わり 23時21.4分
 
 最大食分  0.542(約54%)
 
★の部分が肉眼で確認できます。
☆の部分は肉眼では確認しずらいです。
  
 
月が通る道を「白道」(はくどう)といい、太陽が通る道を「黄道」(こうどう)といいます。「黄道12星座」は、太陽が通る位置にある星座のことをさします。
 
白道は、黄道に対して「平均5度9分」傾いています。いずれも「中心は地球」ですから、交点が2カ所出来ることになります。
 
白道と黄道の「交点」は、黄道が18.6年周期で向きを変えるので「一定の場所」ではなくなります。この「交点上」に「太陽と月の位置が一致」したとき「日食」となります。また、「1方の交点に太陽」、「反対の交点に月」が位置するとき「月食」となります。
 
月が交点上に位置することを「昇交点」「降交点」と呼び、約半月に1度訪れますが、満月や新月のときに昇交点や降交点の位置になければ、日食や月食には成りません。ですから、毎新月、毎満月には、日食や月食は起こらないのです。
 
「地球の影」には太陽の光は届きませんから、月食中の月には日光が当たらず「真っ黒になって全く見えない」はず?ところが、実際の月食中の月は「黒ずんだ赤褐色」に光っています。
 
それは「地球の大気」による屈折により、影の中に光が入り込んで行くためです。また、地球の大気に入り込んだ光は「空気中の酸素や窒素の分子や塵」に当たり、「紫~青い光の成分」は乱反射して行きます。
 
大気中を長く通った光は、より波長の長い「赤い光の成分」だけが大気を乗り越えて通り抜けて行きます。例えば「月面上に夕焼けが映っている」と考えればわかりやすいです。
 
同じ影の部分でも、より中心部の方が暗く、縁に近い部分ほど赤色や黄色に加え緑色の成分が混ざって見えます。

せちがない世の中ですが月をめでる余裕を持ちたいものです。

 

◇「季節のお便り」はメルマガ配信サイト「まぐまぐ」からバックナンバーがご覧になれます。
http://archive.mag2.com/0001138270/ 

また、より「季節の便り」に専門的な運気を加えた 「二十四節気・雑節」「今月の展望・祐気方位」はこちらです。
http://archive.mag2.com/0001141172/

どちらも登録なさることをお勧めします。

[2010.6.25]

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 平成22年6月26日(土)「月食」です

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.h-yagi.jp/mt5/mt-tb.cgi/69

コメントする

事業再生

セントラル総合研究所
セントラル総研オフィシャル
返済猶予・リスケジュール
www.re-schedule.jp
八木宏之プロフィール
セントラル総研・八木宏之
株式会社セントラル総合研究所 代表取締役社長。連帯保証人制度見直し協議会発起人。NPO法人自殺対策支援センターLIFE LINK賛同者。
昭和34年、東京都生まれ。大学卒業後、銀行系リース会社で全国屈指の債権回収担当者として活躍。平成8年、経営者への財務アドバイスなどの経験を活かし、事業再生専門コンサルティング会社、株式会社セントラル総合研究所を設立。以来14年間、中小企業の「事業再生と敗者復活」を掲げ、9000件近い相談に応えてきた。
事業再生に関わる著書も多く出版。平成22年5月新刊『たかが赤字でくよくよするな!』(大和書房)をはじめ、『7000社を救ったプロの事業再生術』(日本実業出版)、『債務者が主導権を握る事業再生 経営者なら諦めるな』(かんき出版)、平成14年、『借りたカネは返すな!』(アスコム)はシリーズ55万部を記録。その他実用書など数冊を出版している。
著書の紹介はこちらから。

2017年5月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31