事業再生・会社再建・M&A・事業譲渡・会社分割・経営改善・債務・連帯保証問題に立ち向かうセントラル総合研究所・八木宏之のブログ

◆二十四節気◆平成26年3月6日「啓蟄(けいちつ)」です。◆

このエントリーをはてなブックマークに追加  

◆二十四節気◆平成26年3月6日「啓蟄(けいちつ )」です。◆
130218_21.jpg3月6日01時02分「啓蟄」です。旧暦2月、卯(う)の月の正節で、新暦では3月5日か6日頃。天文学的には、太陽が黄経345度の点を通過するときをいいます。

この頃になると、冬の間、土中で冬籠もりをしていた虫たちが穴を「啓いて:ひらいて」地上へ這い出してくることから「啓蟄:けいちつ」と呼ばれます。

暦便覧には「陽気地中にうごき、ちぢまる虫、穴をひらき出ればなり」と記されています。柳の若芽が芽吹き、ふきのとうの花が咲く頃です。

◇虫出しの雷◇
またこの頃の雷を春雷といいます。春雷がひときわ大きくなりやすい時期です。そこで人は「冬籠もりの虫が雷の音に驚いて這い出してくるのだろう」と考え、春雷を「虫出しの雷」と名付けたりもしました。 日足も目に見えるように長くなり、日の光の中に春を強く感じるようになります。

「蟄:ちつ」は「ちゅう」の慣用読みで、土の中に虫などがかくれているの意。中国では「驚蟄」と書き、日本でも使われることがあります。

◇雷は前進の意◇
130218_22.jpg「八卦:はっか」「震:しん」は、六十四卦「震為雷:しんいらい」「震下震上:しんかしんしょう」で構成され、一陽が生じて前進する様をあらわします。「始動の時」を卦象とし、象意は雷・龍・足・長男・若い男性などをあらわします。

◇雷の発生とは◇
地表で大気が暖められて発生した上昇気流は、湿度が多いと水蒸気が発生して雲になります。この水蒸気は、高い空に達すると氷結して摩擦が起こり、静電気が生じます。

この時、雲の上層には「正(+)の電荷」、下層には「負(-)の電荷」が蓄積され、上層と下層の電位差が大きくなり、ある一定を超えた時、空気の絶縁を越えて両者間で放電が起こります。

◇稲 妻◇
下層の「負の電荷」が増大すると、地上では「正の電荷」が誘起され、この場合も電位差がある一定を超えると放電が起こります。 これが「稲妻」ですが、稲の頃に起こるので稲妻という名付けられました。電子は上から下に流れ、電流は下から上に流れます。

◇雷と神◇
古来より、雷は神と結びつけて考えられていました。ギリシャ神話のゼウス、ローマ神話のユピテル、バラモン教のインドラなどは、天空の雷神です。日本神話では、雷を「神鳴り」といい神々の為せる業と見なしていました。 「雷電神社」「いかづち神社」などがあり、「火雷大神:ほのいかづちのおおかみ」「大雷大神:おおいかづちのおおかみ」を祀っています。

◇くわばらくわばら◇
方言では「かんだち」とも言い、「神立ち」即ち神が示し現れるの意。ちなみに雷除けに人々が唱える「くわばらくわばら」とは、菅原道真の屋敷(京都の桑原)が、落雷の被害を一度も受けなかったことに由来するといわれています。桑の木には神聖な力を持つという言伝えもあります。

雷神を表現した美術絵の代表に、京都建仁寺の障壁画、彫刻では京都三十三間堂や日光東照宮などが有名です。

130218_23.jpg◆◆「七十二侯」◆◆
初候「蟄虫啓戸」(ちっちゅう こをひらく・すごもりむし とをひらく):冬籠もりの虫が出て来る。
土の中に穴を掘って隠れていた虫たちが、土の扉を開け広げて出てくる時節。
次候「桃始笑」(もも はじめて わらう・もも はじめて さく):桃の花が咲き始める。
ようやく春らしくなって桃の花が咲き始める時節。
末候「菜虫化蝶」(なむし ちょうと けす・なむし ちょうとなる):青虫が羽化して紋白蝶になる。
成長した菜虫(青虫)が羽化して紋白蝶になる時節。菜虫=大根・かぶらなどのアブラナ科の野菜類を食べる昆虫の総称。特に紋白蝶の幼虫をいいます。
 
◆◆「3月の花」◆◆
「沈丁花:じんちょうげ」(Winter daphne) 学名:ダネフ ジンチョウゲ属 沈丁花科
 
110301_19.jpgギリシャ神話の女神の名で、「月桂樹:げっけいじゅ」のギリシャ名でもあります。葉の形が似ていることからジンチョウゲ属の属名にも使われています。

開花時期は3/1~3/末頃で、3月の開花ラッシュの始まりを告げる花として知られます。花びらに見える部分はガクで、外側はピンク色、内側は白色です。両側とも白色の種もあります。原産は中国。日本には室町時代に渡来しました。漢名は「瑞香:ずいこう」。

常緑低木で剪定はあまり必要ありません。移植を嫌うので、挿し木で増やしたり移動させたりすることがあります。日陰気味の場所を好みます。

香りは「沈香:じんこう」という香りに似ていて、葉の形が「丁子:ちょうじ」という植物に似ていることから「沈丁花」と呼ばれます。その香りは、夏の梔子(くちなし)、秋の金木犀(きんもくせい)に並び、遠くまでいい香りを届けます。

花の煎じ汁は、歯痛・口内炎などの民間薬として使われ、枝の繊維は紙の原料にもなります。
花言葉は「栄光」「不死」「不滅」「優しさ」など。

◇◇◇◇編集後記◇◇◇◇
啓蟄の頃には突然雷が鳴ることがあります。この頃、大気が不安定になりやすく「春の訪れ」を告げるような気候になります。川べりの土手にタンポポの蕾が大きくなってきます。近々黄色い花を咲かせるでしょう。

社会では受験、就職、入学、進学の報道が目立ってきます。年度始まりの4月が近づき何かと準備や、整理、処理で気忙しい日が続きます。

例年より寒波が強く雪の予報も続いています。この頃各地で梅祭りが開催され、春を予感させます。さあやっと春だと気持ちが高ぶると、これからは「花粉」が飛散し始めます。今年は多いそうですから、早めに花粉症対策をしましょう。飲み薬も開発され、効果的だそうです。花粉対策を怠ると、くしゃみとかゆみで集中力を欠き、勉強も仕事もはかどりませんよ。
ともあれ、皆様、時節柄お体ご自愛専一の程
筆者敬白

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: ◆二十四節気◆平成26年3月6日「啓蟄(けいちつ)」です。◆

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.h-yagi.jp/mt5/mt-tb.cgi/1630

コメントする

事業再生

セントラル総合研究所
セントラル総研オフィシャル
返済猶予・リスケジュール
www.re-schedule.jp
八木宏之プロフィール
セントラル総研・八木宏之
株式会社セントラル総合研究所 代表取締役社長。連帯保証人制度見直し協議会発起人。NPO法人自殺対策支援センターLIFE LINK賛同者。
昭和34年、東京都生まれ。大学卒業後、銀行系リース会社で全国屈指の債権回収担当者として活躍。平成8年、経営者への財務アドバイスなどの経験を活かし、事業再生専門コンサルティング会社、株式会社セントラル総合研究所を設立。以来14年間、中小企業の「事業再生と敗者復活」を掲げ、9000件近い相談に応えてきた。
事業再生に関わる著書も多く出版。平成22年5月新刊『たかが赤字でくよくよするな!』(大和書房)をはじめ、『7000社を救ったプロの事業再生術』(日本実業出版)、『債務者が主導権を握る事業再生 経営者なら諦めるな』(かんき出版)、平成14年、『借りたカネは返すな!』(アスコム)はシリーズ55万部を記録。その他実用書など数冊を出版している。
著書の紹介はこちらから。

2017年5月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31