事業再生・会社再建・M&A・事業譲渡・会社分割・経営改善・債務・連帯保証問題に立ち向かうセントラル総合研究所・八木宏之のブログ

◆二十四節気◆平成24年12月7日「大雪」(たいせつ)です。◆

このエントリーをはてなブックマークに追加  

◆二十四節気◆平成24年12月7日「大雪」(たいせつ)です。◆
12月7日2時19分「大雪」です。旧暦11月、「子(ね)の月の正節」で、天文学的には太陽が黄経255度の点を通過するときをいいます。101201_4.jpg

山の峰は積雪に覆われ、雪が激しく降り始める頃「大雪」です。平地に木枯らしが吹き、雪が降り始める頃の意です
。暦便覧には「雪いよいよ降り重ねる折からなれば也」と説いています。
 
これからの時期、日本海側と太平洋側では対照的な気候です。日本海側で大雪になれば、太平洋側では晴天になり、関東・中部・関西の平野部では乾いた風が吹きます。これは冬型の気圧配置のしわざです。日本海側で大雪を降らせる雲は入道雲で、大雪になる前には雷が鳴り響き、これから雪の兆しです。

冬になってから初めての雷を「雪起こし」と呼びます。富山地方では「鰤(ブリ)起こし」と呼び鰤の豊漁の知らせとされてきました。

雪国では雪の便り、南では冬の花「椿」が開花し、いよいよ冬将軍の到来が報じられます。冬の魚、ブリやハタハタの漁が盛んになり、山では熊や動物が冬眠します。南国では南天のが赤く色づく頃です。

◆◆「七十二侯」◆◆
◆初候「閉塞成冬」(へいそくして ふゆとなる)
天地の気が塞がって真冬となる時節。閉塞す=ふさがる
 
◆次候「熊蟄穴」(くま あなに ちっす)
熊が冬眠のため自分の穴に隠れる時節。蟄れる(かくれる)=「こもる」は古訓で、動物が土中に隠れるの意。
 
◆末候「ケツ(魚へんに厥)魚群」(けつぎょ むらがる)
鮭が群がり、河川をさかのぼって行く時節。ケツ=さけ、または淡水魚の「追河・おいかわ」(やまべなど)とも。

121204_50.jpg

◆◆「12月の花」◆◆
「ポインセチア」 灯台草科 ユーフォルビア属 学名・ Euphorbia pulcherrima
 
アメリカ駐在のメキシコ大使「ポインセット氏」が、メキシコからアメリカに持ち込んで広まったことからこの名前が付きました。ポインセチアは観賞用ではなく、茎を切ったときに出る白い乳液を解熱剤として使うなど、医療用に栽培していました。
 
アメリカから渡った欧州では、クリスマスにキリストの血の色(赤)を飾る習慣があります。この時期に苞葉の赤色が最高に美しく、下葉の緑と調和し、花の中にある蜜腺の黄色が鈴の金色の役割りを果たしていることから、クリスマスに用いられるようになりました。欧米では「クリスマスフラワー」と呼ばれます。
 
日本には明治時代に渡りました。真っ赤な花は、大酒飲みの赤い顔に似ていることから、猩猩木※(しょうじょうぼく)とも呼ばれました。
猩猩は中国の想像上の動物で、猿のような顔で毛は紅色。
 
花言葉「聖なる願い」「私の心は燃えている」など。深みのある赤い苞葉は「愛情」をあらわします。


◆◆◆◆編集後記◆◆◆◆
今年の11月下旬には北海道地方の室蘭・登別地方に爆弾低気圧が発生、送電線をなぎ倒して4~5日間の停電に見舞われました。これも地球規模の気候変動の影響なのかも知れません。
12月7日から師走節に入り、街はクリスマスの様相です。昨年はこの時期、各地でイルミネーションが燈りました。震災前は90万個の発光ダイオードで、明るくにぎやかな外路地に変身しましたが、節電と叫ばれながらも、今年は震災前のようなぎやかなイルミネーションです。
厳しい冬の予感の中「大雪」を迎えます。例年だと、これからインフルエンザが流行します。どうやら今年は「ノロウイルス」の流行も予想されています。皆様、早めに予防摂取をお勧めします。予防には手洗い、うがいが一番です。外出の際にはマスクをお忘れなく。
読者の皆様、時節柄お体ご自愛専一の程
筆者敬白

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: ◆二十四節気◆平成24年12月7日「大雪」(たいせつ)です。◆

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.h-yagi.jp/mt5/mt-tb.cgi/1107

コメントする

事業再生

セントラル総合研究所
セントラル総研オフィシャル
返済猶予・リスケジュール
www.re-schedule.jp
八木宏之プロフィール
セントラル総研・八木宏之
株式会社セントラル総合研究所 代表取締役社長。連帯保証人制度見直し協議会発起人。NPO法人自殺対策支援センターLIFE LINK賛同者。
昭和34年、東京都生まれ。大学卒業後、銀行系リース会社で全国屈指の債権回収担当者として活躍。平成8年、経営者への財務アドバイスなどの経験を活かし、事業再生専門コンサルティング会社、株式会社セントラル総合研究所を設立。以来14年間、中小企業の「事業再生と敗者復活」を掲げ、9000件近い相談に応えてきた。
事業再生に関わる著書も多く出版。平成22年5月新刊『たかが赤字でくよくよするな!』(大和書房)をはじめ、『7000社を救ったプロの事業再生術』(日本実業出版)、『債務者が主導権を握る事業再生 経営者なら諦めるな』(かんき出版)、平成14年、『借りたカネは返すな!』(アスコム)はシリーズ55万部を記録。その他実用書など数冊を出版している。
著書の紹介はこちらから。

2014年3月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31