事業再生・会社再建・M&A・事業譲渡・会社分割・経営改善・債務・連帯保証問題に立ち向かうセントラル総合研究所・八木宏之のブログ

【平成23年11月】「今月の展望」と「今月の祐気採り方位」抜粋

このエントリーをはてなブックマークに追加  

【平成23年11月】「今月の展望」と「今月の祐気採り方位」抜粋

平成23年11月からの
今月の展望 今月の祐気採り方位 を掲載しました。抜粋を掲載しておきます。ご興味のあるかたは季節のお便り からご覧ください。
特に11月は変化の年です。大きな判断、商談、縁談、旅行、休暇など企画している方は必見です。

祐気採り(お水取り)吉方位採りをなさっている方は、11月の採水日採水方位を掲載してあります。

11月8日~12月6日(節月 立冬~大雪の前日)
 二十四節気 「立冬」りっとう「小雪」しょうせつ
 今月の干支 「己亥」つちのと・い
 今月の九気 「八白土気」はっぱく・どき


◆◆「今月の展望」◆◆ (←クリック)
◇変化の月◇中宮「八白土気」の代表する象意は、変化、改革、停止、打開、相続、後継、内輪ですが、これら革新の月として、何らかの変化が起こる月となります。

◇組織の手直し結束◇治や経済面の改革、組織の見直し、根本的な方針の切り替えなどの要求が強まります。企業や家庭においても、組織や身内の結束の手直しが必要になり、それによって身内意識が高まり、活性化されることでしょう。


団体や組織、家族ぐるみの行動が盛んになり、相続や後継者の問題に目が向きます。庶民の買い物は「まとめ買い」が流行します。


◆◆「11月の祐気方位」◆◆
(←クリック)
◇採水日◇--------------------------------------
 11月12日(土)、21日(月)、30日(水)

◇採水時間◇------------------------------------
 午後1~3時(未の刻)
開運効果が特に高い日時ですので、採水をおすすめしております。採水とは、神社等の湧き水を取ることをいいます。また、この時間は明石標準時です。


◇祐気方位◇-----------------------------------
 ◎一泊以上可 ○一日程度 △半日程度
 一白水星=◎北 ○南
 二黒土星=◎北西
 三碧木星=○北西
 四緑木星=○北西
 五黄土星=◎北西
 六白金星=ありません
 七赤金星=ありません
 八白土星=○北西
 九紫火星=◎南 ◎北
 
その他すべて凶方位です。


◆◆二十四節気◆平成23年11月8日「立冬(りっとう)」です。 ←クリック
11月節の始まりが「立冬」です。
11月8日3時35分「立冬」です。旧暦10月、亥(い)の月の正節で、天文学的には太陽が黄経225度の点を通過するときをいいます

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 【平成23年11月】「今月の展望」と「今月の祐気採り方位」抜粋

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.h-yagi.jp/mt5/mt-tb.cgi/654

コメントする

事業再生

セントラル総合研究所
セントラル総研オフィシャル
返済猶予・リスケジュール
www.re-schedule.jp
八木宏之プロフィール
セントラル総研・八木宏之
株式会社セントラル総合研究所 代表取締役社長。連帯保証人制度見直し協議会発起人。NPO法人自殺対策支援センターLIFE LINK賛同者。
昭和34年、東京都生まれ。大学卒業後、銀行系リース会社で全国屈指の債権回収担当者として活躍。平成8年、経営者への財務アドバイスなどの経験を活かし、事業再生専門コンサルティング会社、株式会社セントラル総合研究所を設立。以来14年間、中小企業の「事業再生と敗者復活」を掲げ、9000件近い相談に応えてきた。
事業再生に関わる著書も多く出版。平成22年5月新刊『たかが赤字でくよくよするな!』(大和書房)をはじめ、『7000社を救ったプロの事業再生術』(日本実業出版)、『債務者が主導権を握る事業再生 経営者なら諦めるな』(かんき出版)、平成14年、『借りたカネは返すな!』(アスコム)はシリーズ55万部を記録。その他実用書など数冊を出版している。
著書の紹介はこちらから。

2014年3月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31