事業再生・会社再建・M&A・事業譲渡・会社分割・経営改善・債務・連帯保証問題に立ち向かうセントラル総合研究所・八木宏之のブログ

【平成23年3月】今月の展望・祐気取り方位/抜粋

このエントリーをはてなブックマークに追加  

◆◆「今月の展望」◆◆
★3月6日~4月4日(節月啓蟄~清明の前日)
 
二十四節気★「啓蟄」「春分」
今月の干支★「辛卯」かのと・とり
今月の九気★「七赤金気」しちせき・きんき

≪省略:詳細は:http://www.kisetsunootayori.com/06/post_2303-2.html

110101_21.jpg◆◆まとめ◆◆
本年、善きにつけ悪しきにつけ、大いに流行する太歳の気は「卯」で、そこには「五黄土気」が回座しますが、今月は「辛卯七赤金気中宮月」と、干支・九気ともに同じ気が重なります。
 
◇五黄の破壊力、天変地異◇
◇目先の欲、借金は一家離散の憂き目に◇
◇欲の絡んだ事柄には関与しない◇

≪省略:詳細は:http://www.kisetsunootayori.com/06/post_2303-2.html

「暗剣殺」は・・・・・・・・・・・・・・ 
「歳破」の影響は・・・・・・・・・・
定位対冲は「巽」の「六白金気」です。
今月の干支「辛卯」は、陰の金と陰の木で「金剋木」となります。
因みに、1991年「辛未」旧ソ連邦消滅、2001年「辛巳」は、NY9・11テロでビル消滅が起きています。
 

≪省略:詳細は:http://www.kisetsunootayori.com/06/post_2303-2.html 
◆◆「今月の祐気方位」◆◆
◇採水日◇--------------------------------------
 3/10(木)、19(土)、28(月)
 
◇採水時間◇------------------------------------
 午前11~午後1時(午の刻)
 
※開運効果が特に高い日時ですので、採水をおすすめしております。採水とは、神社等の湧き水を取ることをいいます。また、この時間は明石標準時です。

101031_7.jpg 
◆◆願望成就! 運気を上げる「九星気学」◆◆≪ お水採り お砂採り 祐気取り 2011 ≫◆◆
本年は「七赤金気中宮年」、3月節(3/6~4/4)は「七赤金気中宮月」となり、年月重ねて七赤金気となりますので、大祐気を選用することが出来ます。
 
年月日を揃えて祐気が取れるチャンスは、年に1~3回程度の貴重なチャンス。時の祐気は60時間、日の祐気は60日、月の祐気は60ヶ月、年の祐気は60年といわれますが、今月はそれぞれ重ねて、すべて揃えた祐気取りが出来るというわけです。
 
これまで祐気取りをしたことがない人、祐気取りの意味がよくわからない人、祐気取りを始めたばかりの人、祐気の蓄積が大分進んでいる人、さらに、祐気取りの達人も、今月はしっかり祐気方位に出掛けて「60年分のラッキー」を身に付けておきましょう。
 
◇祐気方位◇-----------------------------------
 ◎一泊以上可 ○一日程度 △半日程度

 一白水星=◎北
 二黒土星=◎北西
 三碧木星=◎南西 ◎北東
 四緑木星=◎北
 五黄土星=◎南 ◎北西
 六白金星=◎南 ◎北東
 七赤金星=◎南 ◎北西 ◎北東
 八白土星=◎南
 九紫火星=◎南 ◎南西 ◎北西 ◎北

※その他すべて凶方位です。
※但し「10日の南方」「28日の北方」は選用出来ません。また「午前11~午後1時の北方」は採水出来ませんのでご注意下さい。
※「南西方と北東方」また「南方と北方」は、対冲関係にありますので、目的に合わせてどちらか一方の選用にするか、距離や時間で調節されて下さい。
※長期または遠方への移動、旅行、引越しや増改築についてもお問い合わせ下さい。
  
◆◆「今月の祐気方位と象意」◆◆
注★祐気として選用できる人がこの方位に動いた場合の象意です。各人の祐気方位を確認の上、お間違いのないようお願い致します。選用方位に心配のある方、選用方位が無い方はお問い合わせ下さい。また、地図の線引きも致しております。お気軽にご相談下さい。
 
◇「南」二黒土気◇━━━━━━━━━━━━━━◇
★選用できる人★五黄・六白・七赤・八白・九紫の人

◇「南西」四緑木気◇━━━━━━━━━━━━━◇
★選用できる人★三碧・九紫の人

◇「北西」八白土気◇━━━━━━━━━━━━━◇
★選用できる人★二黒・五黄・七赤・九紫の人
 
◇「北」三碧木気◇━━━━━━━━━━━━━━◇
★選用できる人★一白・四緑・九紫の人
 

≪省略:詳細は:http://www.kisetsunootayori.com/06/post_2303-2.html

 
◆◆「今月の尅気方位と象意」◆◆
どなたも犯してはならない凶殺方位です。目的は達成せず、悪い評判を受けたり、見込み違いを起こすという凶意が起こります。多くは病気に罹ります。
 
◆「東」五黄土気◆五黄殺━━━━━━━━━━━◆
≪どなたが選用されても方災となります≫さらに五黄の人は本命殺、九紫の人は的殺の重大凶殺方位です。
 
◆「南東」六白金気◆定位対冲━━━━━━━━━◆
≪どなたが選用されても方災となります≫さらに六白の人は本命殺、八白の人は的殺の重大凶殺方位です。
 
◆「西」九紫火気◆暗剣殺・月破━━━━━━━━◆
≪どなたが選用されても方災となります≫さらに九紫の人は本命殺、五黄の人は的殺の重大凶殺方位です。

≪省略:詳細は:http://www.kisetsunootayori.com/06/post_2303-2.html

100223_10.jpg◆◆「方位と祐気取り」祐気取りで 運のいい人に?◆◆
■「吉方・祐気」「凶方・尅気」とは、その方位にそのような作用が働くという事です。以前からこの方位への引越しや往復があれば軽減されます。また、一泊以上の旅行などは年盤の作用も含めて発現します。

法人の場合も、この方位に新規に取引きなどが行われる場合の結果は、その作用を受けます。祐気方位なら事はスムーズに運びます。尅気方位の場合は、希望通りの結果はおろかトラブルが生じ易いものです。

日ごろから善行を施す(社会や人のために働く)人には自ずと祐気の方向にお祝いやご縁が出来るものです。自己中心、個人主義だと、いつかは鬼門・裏鬼門方向にトラブルになる関係が出来てしまうものです。
 
★祐気を採れば、即、金持ちになる、結婚できる、家が建つ、病気が治るといった「欲得や利益」のみを考えた願いが叶うものではありません。天と地の間に生かされている人間が、万象を支配している大自然の理法に触れ、己を知り、天分を活かして「自分らしく生きる」為の祐気採りでなくてはなりません。

まずは、過去に知らずのうちに採っている尅気の発現を抑え解消する気、生まれ持った弱点を補う気、そして目的達成の為に必要な気というように、長期に渡っての祐気採り計画を立て、積極的に運勢の改善と強化をはかりましょう。

★「祐気を効果的に使う」には、出来るだけ年盤と月盤の両方が祐気になる方位を選用します。近距離の場合は月盤の作用が強く、遠距離では年盤の作用が早く出現します。年盤も月盤も祐気方位の場合は、長期遠方旅行をおすすめします。年盤が尅気方位で月盤が祐気方位の場合の選用は、近距離を使います。近距離選用の場合は、何度も祐気取りをします。
 
祐気の選用を行なう場合は、普段寝食している自宅や、会社からの正しい方位を知る必要があります。地図の線引きも致しておりますので、お気軽にお問い合わせ下さい。
 
事の吉凶を問わず、結果には必ず原因があります。祐気取りをして「良い気」を身に付け、正しい方向に努力し、良い原因を作っておくことは、将来の良い結果の発現に繋がる最良の方法です。自然の中で生かされていることを知り、将来の過ごし方を計画されてみてはいかがでしょう。
 
「運が悪い」と思う人はまず祐気取りをお勧めします。祐気取りをするとトラブルが自然と消えたり、今までの努力の成果が報われたり、大自然が自分の味方をしてくれるようになります。
 
「運が良い」と思う人は祐気取りを楽しく実行しています。太極の強化により健康が保持され、精神が安定し、運気が向上すること間違いありません。
 
物事の顕現と露見は、過去の動きの祐剋に正比例します。多くの祐気を取り、蓄保されている方にとっては、素晴らしい顕現の結果を得ているものと確信します。
 
ぜひ祐気を取りにお出掛け下さい。自分では気がつかなくても、祐気取りによって確実に運気が上がっていきます。

≪詳細は:http://www.kisetsunootayori.com/06/post_2303-2.html

 

トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 【平成23年3月】今月の展望・祐気取り方位/抜粋

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.h-yagi.jp/mt5/mt-tb.cgi/339

コメントする

事業再生

セントラル総合研究所
セントラル総研オフィシャル
返済猶予・リスケジュール
www.re-schedule.jp
八木宏之プロフィール
セントラル総研・八木宏之
株式会社セントラル総合研究所 代表取締役社長。連帯保証人制度見直し協議会発起人。NPO法人自殺対策支援センターLIFE LINK賛同者。
昭和34年、東京都生まれ。大学卒業後、銀行系リース会社で全国屈指の債権回収担当者として活躍。平成8年、経営者への財務アドバイスなどの経験を活かし、事業再生専門コンサルティング会社、株式会社セントラル総合研究所を設立。以来14年間、中小企業の「事業再生と敗者復活」を掲げ、9000件近い相談に応えてきた。
事業再生に関わる著書も多く出版。平成22年5月新刊『たかが赤字でくよくよするな!』(大和書房)をはじめ、『7000社を救ったプロの事業再生術』(日本実業出版)、『債務者が主導権を握る事業再生 経営者なら諦めるな』(かんき出版)、平成14年、『借りたカネは返すな!』(アスコム)はシリーズ55万部を記録。その他実用書など数冊を出版している。
著書の紹介はこちらから。

2017年5月

  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31