事業再生・会社再建・M&A・事業譲渡・会社分割・経営改善・債務・連帯保証問題に立ち向かうセントラル総合研究所・八木宏之のブログ

平成23年2月19日二十四節気「雨水(うすい)」です。

このエントリーをはてなブックマークに追加  

◆2月19日 二十四節気「雨水:うすい」◆
2月19日9時25分「雨水」です。旧暦正月、寅(とら)の月の中気で、新暦2月18日か19日頃。立春後15日目にあたります。天文学的には、太陽が黄経330度の点を通過するときをいいます。

雨水とは「雪散じて水と為る也」と暦林問答集にあるように、今まで降った雪や氷が解けて水となり、雪が雨に変わって降るの意。昔より「雨水」を目安として農耕の準備が始められます。

110215_10.jpg春一番が吹き、鶯(うぐいす)の声が聞かれるようになります。耕作など畑仕事は、雨水を目安に始められます。

※春一番=気象庁では立春から春分までで日本海で低気圧が発達して南寄りの風(東南東から西南西で風速8メートル以上)が吹いて暖かい風の影響で気温があがる現象のことと定義されています。

※鶯=スズメ目ウグイス科ウグイス属の鳥。日本三鳴鳥のひとつ。「ホーホケキョ」とさえずります。

早春、梅の咲く頃にさえずり始めることから「春告鳥(はるつげどり)」とも呼ばれます。日本全国に分布し、冬季は暖地へ移動します。

野辺見れば若葉つみけりむべしこそ
     垣根の草も春めきにけれ(紀貫之:拾遺集)

◆七十二候◆
◆初候「土脉潤起」(どみゃくうるおいおこる・つちのしょううるおいおこる)
◇雨が降って土中に湿り気を含み出す時節。脉(みゃく)=脈の俗字。潤い=降雨があること。

◆次候「霞始靆」(かすみはじめてたなびく)
◇霞がたなびき始める時節。来る春への期待がふくらむ頃。
靆(雲へんに逮)・たい=たなびく。古訓で、霞や雲が薄く層をなして横に長く引く意。

◆末候「草木萠動」(そうもくきざしうごく・そうもくめばえいずる)
◇草木が芽吹き始める。

◆◆◆◆ 編集後記 ◆◆◆◆
雨水の頃、2月17日は旧暦の正月。中国では春節と呼び、新しい年を祝います。
横浜中華街では、春節といえば「餃子」「獅子舞」です。中国の古銭を真似て餃子の形が出来上がったことから、餃子は「財」と縁が深いとされています。中国では目出度い日に家族や親戚が集まって、手作り餃子をみんなで作り、富に恵まれるよう願いを込めて食べるという風習があります。
その餃子の一つに硬貨を仕込んでおき、それに当たった人は大金持ちになれると言われています。
だれでも、運が良いに越したことはないものです。2月17~22日の春節に縁起を担いで「春節餃子」を試してみましょう。なくて元々、あれば嬉しい「金運」祈願を餃子で試しましょう。

今年は寒波の影響で日本海側は記録的な豪雪です。暦の上では春ですが、まだまだ寒い日が続きますが春はすぐそこまで来ています。
読者の皆様、季節の変わり目です。体調を崩さないようお体ご自愛専一の程
筆者敬白



トラックバック(0)

このブログ記事を参照しているブログ一覧: 平成23年2月19日二十四節気「雨水(うすい)」です。

このブログ記事に対するトラックバックURL: http://www.h-yagi.jp/mt5/mt-tb.cgi/329

コメントする

事業再生

セントラル総合研究所
セントラル総研オフィシャル
返済猶予・リスケジュール
www.re-schedule.jp
八木宏之プロフィール
セントラル総研・八木宏之
株式会社セントラル総合研究所 代表取締役社長。連帯保証人制度見直し協議会発起人。NPO法人自殺対策支援センターLIFE LINK賛同者。
昭和34年、東京都生まれ。大学卒業後、銀行系リース会社で全国屈指の債権回収担当者として活躍。平成8年、経営者への財務アドバイスなどの経験を活かし、事業再生専門コンサルティング会社、株式会社セントラル総合研究所を設立。以来14年間、中小企業の「事業再生と敗者復活」を掲げ、9000件近い相談に応えてきた。
事業再生に関わる著書も多く出版。平成22年5月新刊『たかが赤字でくよくよするな!』(大和書房)をはじめ、『7000社を救ったプロの事業再生術』(日本実業出版)、『債務者が主導権を握る事業再生 経営者なら諦めるな』(かんき出版)、平成14年、『借りたカネは返すな!』(アスコム)はシリーズ55万部を記録。その他実用書など数冊を出版している。
著書の紹介はこちらから。

2014年3月

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31